豆乳鍋の分離を防ぐ方法。ベーキングパウダーを加えます。

投稿日:2015年2月2日 更新日:

豆乳鍋 分離

豆乳鍋は口当たりがなめらかでとても美味しいものですが、一方で、つゆが分離してしまうことがありますよね。そうすると、せっかくの鍋が一気に不味くなってしまいます。

料理研究家の浜内千波さんによると、豆乳の分離を防ぐには、ベーキングパウダーを使うと良いそうです。
ベーキングパウダーを鍋に加えると、豆乳が固まらないため、豆乳鍋を最後まで美味しくいただけるということです。

今日は、豆乳鍋の分離を防ぐ方法をご紹介します。

(一部情報元:TV「PON!」2015年2月2日放映)

豆乳鍋に加えるベーキングパウダーの分量

浜内さんによると、豆乳鍋の分離を防ぐには、「豆乳2カップ+水2カップ」に対して、ベーキングパウダーを小さじ1程度加えると良いようです。

ちなみに情報元のテレビ番組では、上記の分量の豆乳・水・ベーキングパウダーを味噌と塩で味つけした鍋つゆを使い、豚ロース・ほうれん草・しめじといった具材を加えた豆乳鍋が話題になっていました。

浜内さんによると、豆乳鍋が分離してしまうのは、豆乳の原材料である大豆のタンパク質が固まってしまうから。
大豆のタンパク質は、加熱したり、具材に含まれるカルシウムやマグネシウムに触れることで凝固してしまうそうです。

ところがアルカリ性のものを加えると、タンパク質は固まらなくなる性質があるようです。
ベーキングパウダーはアルカリ性。だからベーキングパウダーを加えると、豆乳鍋を分離させることなく美味しくいただけるんですね。

豆乳鍋にはベーキングパウダーを加える。覚えておくと便利です。

関連レシピ