やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

常夜鍋のレシピ。ほうれん草を使った人気の鍋!たれやしめも紹介。

投稿日:2020年3月6日 更新日:

ほうれん草鍋(常夜鍋)の簡単レシピ

ほうれん草を使った人気の鍋、「常夜鍋」のレシピをご紹介します。

常夜鍋とは、豚肉やほうれん草などに軽く火を通し、ポン酢やレモン醤油などでいただくしゃぶしゃぶ鍋のことです。

作家の向田邦子さんや北大路魯山人が好んだ鍋としても有名で、毎晩食べても飽きないことが名前の由来とも言われています。

常夜鍋にはいくつかのバリエーションがありますが、ここでは、向田さんの著書で紹介されているレシピ(下の文中参照)をもとに、超シンプルな常夜鍋の作り方をお伝えします。
にんにくや日本酒で風味付け

まず、鍋に湯を沸かし、少し多めに日本酒を加えます。
そして、にんにくとしょうがを1かけずつ放り込み、風味をじわっと引き出します。

具材は、ほうれん草と豚肉の2つだけ。
タレは、醤油にレモンを絞ったものを使います。

向田流の食べ方はなかなか独特で、先に豚肉をしゃぶしゃぶして食べ終えてから、その後に、豚肉のだしが出た湯で、生のほうれん草をさっと湯がいていただきます。

この食べ方もなかなかいいものですが、でもまあ、食べる順番はお好みで。
豚肉とほうれん草を一緒に食べても十分美味しいです。

うどんを使ったシメのレシピ

ほうれん草と豚肉だけでは寂しいという方のために、この記事では、うどんを使ったしめのレシピもご紹介します。

うどんに卵を落とし、アツアツに煮上がったところをすくいます。
そして、刻みねぎと天かすをのせ、醤油をかけていただきます。

今回ご紹介する常夜鍋は、日本酒の香りがふわっと広がる大人の鍋料理。
ものすごくシンプルなレシピですが、それがこの料理の魅力で、素材の味を存分に楽しめます。

毎晩食べるとさすがに飽きますが、1シーズンに1回は必ず食べたくなる、鍋料理のおすすめレシピです。

ほうれん草鍋(常夜鍋)のレシピ

「常夜鍋(ほうれん草鍋)」のレシピです。

材料【2人分:調理時間7分】
ほうれん草 1束
豚ロースしゃぶしゃぶ肉 400g
800ml
240ml
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
たれ
レモン※ 適量
醤油※ 適量
しめ
ゆでうどん 1〜2玉
2個
刻みねぎ 適量
天かす 適量
醤油 適量
七味唐辛子 好みで適量

※レモンと醤油はポン酢で代用OK。

作り方
  1. ほうれん草の根元の硬い部分を取り、きれいに洗い、手で食べやすい大きさに割く。
  2. 【たれ】醤油にレモン汁を絞る。
  3. 鍋に水を入れ、沸騰させる。日本酒・にんにくとしょうが(丸ごと)を加え、2〜3分加熱して香りを立たせる。
    豚肉とほうれん草をしゃぶしゃぶして、たれを付けていただく。
  4. 【しめ】鍋にうどんを入れ、卵を割り入れ、2分ほどフタをして卵を半熟に固める。
    うどんと卵を器に入れ、刻みねぎ・天かすをのせ、醤油・七味唐辛子をかけていただく。

写真をもとにレシピを説明します。



【工程1】
まず、ほうれん草(1束)の根元の硬い部分を取り、きれいに洗い、手で食べやすい大きさに割きます。
包丁は使いません。

ほうれん草は、茎1本ずつにばらしてしまった方が食べやすいです。

ほうれん草の洗い方



【工程2】
次に、たれを作ります。

醤油(適量)にレモン汁(適量)を絞ったら完成です。

レモンが無い場合は、市販のポン酢で代用してもOKです。



【工程3】
続いて、鍋に水(800ml)を入れ、沸騰させます。

そして、日本酒(240ml)・にんにく(1かけ)としょうが(1かけ)を加え、2〜3分加熱して香りを立たせます。

水と日本酒の配合比率は、10:3。
日本酒は少し多めに使うので、大人向けの味に仕上がります。
また、にんにくとしょうがは皮をむき、切らずに丸ごと使い、ほんのりと香り付けします。



2〜3分経ったら、あとは、豚肉とほうれん草をしゃぶしゃぶして、レモン醤油を付けて食べるだけです。

ちなみに、向田さんのレシピでは、豚肉をあらかた食べ終えてから、ほうれん草をいただくようになっています。
食べ方は、お好みでいろいろ試してみてください。
豚肉の食べやすさがアップ

このお鍋は、豚肉をしゃぶしゃぶすることで脂っぽさが抑えられて、食べやすさがぐっとアップします。
1人前200gの豚肉を使うのでそこそこの量がありますが、しつこくないので、わりとペロッと食べられます。

ほうれん草の濃厚な味

また、ほうれん草は、切らずに茎ごとワイルドに食べる感じですが、軽く湯がくだけですぐに柔らかくなります。

ほうれん草の味はかなり濃厚。
ほうれん草の本来の味を存分に楽しめます。

また、豚肉とほうれん草は、どちらもレモン醤油と良く合いますよ。


ほうれん草のシュウ酸(アク)について

なお、ほうれん草にはシュウ酸というあくがあるので、あらかじめ下茹でして使うのが一般的です。

一方で、ほうれん草を下茹ですることで、免疫力アップに効果的なβカロテンなどの栄養が流れ出てしまうというデメリットもあります。

今回のお料理は生のほうれん草をしゃぶしゃぶして食べるレシピになっていますが、ごくたまに食べる程度であれば、シュウ酸の過剰摂取にはつながらないですし、ほうれん草の栄養もしっかり摂れるので、あまり神経質になる必要はありません。

むしろ、生のほうれん草をたまにしゃぶしゃぶして食べることは、栄養学のプロもすすめています。
詳しくは、ほうれん草の風邪に効く食べ方をご覧ください。


しめの作り方


【工程4】
しめは、うどんにしました。

まず、残った汁の中にゆでうどん(1〜2玉)を入れ、卵(2個)を割り入れます。

そして、フタをして2分ほど温め、卵を半熟に固めます。


お好みで、残った豚肉とほうれん草を加えてもいいです。



そして、うどんと卵の水気を切って器に入れ、刻みねぎ・天かす(各適量)をのせ、醤油(適量)をかけ・七味唐辛子(好みで適量)を振ったら完成です。

今回のお料理は、鍋の具材がシンプルなので、卵・天かす・ねぎなどの具材をプラスして、満足度の高いシメにしてみました。

醤油だけの味付けですが、こちらも美味しくいただけます。



最後に、向田流の常夜鍋の作り方を、向田さんの「夜中の薔薇」という作品の中から引用してご紹介します。

材料は豚ロースをしゃぶしゃぶ用に切ってもらう。これは、薄ければ薄いほうがおいしい。

透かして新聞が読めるくらい薄く切ったのを一人二百グラムは用意する。食べ盛りの若い男の子だったら、三百グラムはいる。

それにほうれん草を二人で一把。

まず大きい鍋に湯を沸かす。

沸いてきたら、湯の量の三割ほどの酒を入れる。これは日本酒の辛口がいい。できたら特級酒のほうがおいしい。

そこへ、皮をむいたにんにくを一かけ。その倍量の皮をむいたしょうがを、丸のままほうりこむ。

二、三分たつと、いい匂いがしてくる。

そこへ豚肉を各自が一枚ずつ入れ、箸で泳がすようにして(ただし牛肉のしゃぶしゃぶより多少火のとおりを丁寧に)、レモン醬油で食べる。それだけである。

レモン醬油なんぞと書くと、これまた大げさだが、ただの醬油にレモンをしぼりこんだだけのこと。はじめのうちは少し辛めなので、レンゲで鍋の中の汁をとり、すこし薄めてつけるとおいしい。

ひとわたり肉を食べ、アクをすくってから、ほうれん草を入れる。

このほうれん草も、包丁で細かに切ったりせず、ひげ根だけをとったら、あとは手で二つに千切り、そのままほうりこむ。これも、さっと煮上がったところでやはりレモン醬油でいただく。

豆腐を入れてもおいしいことはおいしいが、私は、豚肉とほうれん草。これだけのほうが好きだ。

あとにのこった肉のだしの出たつゆに小鉢に残ったレモン醬油をたらし、スープにして飲むと、体があたたまっておいしい。

とても簡単に作れますので、ぜひお試しください。

関連記事

ほうれん草の味噌汁レシピ。卵ふわふわ!人気の定番味噌汁の作り方。

ほうれん草の味噌汁のおすすめレシピをご紹介します。ほうれん草と卵を組み合わせた人気の定番味噌汁のレシピです。ふんわりとした食感の溶き卵がほう…

風邪に効くほうれん草の食べ方!栄養をムダなく摂るにはしゃぶしゃぶ鍋がおすすめ。

風邪対策に効く食べ物といえば、野菜では、ほうれん草がとても優れています。この記事では、ほうれん草の栄養をムダにしない調理法と、風邪対策におす…

ほうれん草の切り方。茎も根元も残さず食べる!ざく切りのコツ。

ほうれん草の上手な切り方をご紹介します。「生のほうれん草」も「茹でたほうれん草」も、上手に切るポイントは、どちらも、あらかじめ根元をきれいに…

春菊鍋のレシピ。たっぷり1束使った鍋料理、春菊の切り方も紹介。

春菊鍋のレシピをご紹介します。春菊を2人分で1束丸ごと使った鍋料理。春菊を最後まで美味しくいただくために、白味噌だれを添えました。春菊のクセ…

ほうれん草のナムル。にんにくの風味がウマい!韓国風の簡単おかずレシピ。

ほうれん草を使った人気の定番料理、「ほうれん草のナムル」のレシピをご紹介します。にんにくの風味がほんのりときいた、食欲をそそる一品です。作り…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ88選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ88品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

里芋の味噌汁レシピ。具沢山で大満足!油揚げとねぎの組み合わせ。

里芋の味噌汁の作り方をご紹介します。里芋と組み合わせるのは、油揚げとネ…

いかくんとセロリのマリネレシピ。いかの燻製とセロリがかなりの好相性!

セロリといかくん(いかの燻製)を使った、簡単で美味しいマリネのレシピを…

小イワシの唐揚げレシピ。カタクチイワシ(シコイワシ)の丸ごと簡単料理

小いわし(カタクチイワシ:別名シコイワシ)の唐揚げレシピをご紹介します…

いわしフライのレシピ。少ない油で簡単!フライパンを使った作り方。

鰯(イワシ)フライのレシピをご紹介します。フライパンで揚げ焼きにするお…

里芋の煮物レシピ。煮っころがしが簡単で旨い!人気里芋料理の作り方。

里芋の煮物(煮っころがし)のレシピをご紹介します。里芋を食べやすい大き…