やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

シンプルだとこんなに旨い!湯豆腐のレシピ。豆腐の美味しさを再発見。

投稿日:2021年12月14日 更新日:

湯豆腐は、豆腐の味を最高に楽しめる、奥深いお料理です。

豆腐をほどよく加熱することで、優しい甘みが引き立ちます。
さらに、昆布だしをきかせることで、豆腐自体の旨味もしっかりと感じられるようになり、豆腐の美味しさを再発見することができます。

湯豆腐の作り方のコツ

そんな湯豆腐ですが、食べ方はシンプルなのが一番です。

具材は豆腐だけ、鍋つゆは昆布だしだけがおすすめ。
たれは、だし醤油とねぎがとてもよく合います。

そして、美味しい湯豆腐を作るうえでの最大のポイントは、豆腐を加熱しすぎないことです。

つゆは決して沸騰させずに、静かに火を入れて、豆腐が鍋肌から少し浮いたら、すぐにすくっていただきます。

豆腐は、中心部分がほんのり温まったくらいが食べ頃。
アツアツまで温めると、豆腐の繊細な味や食感が舌で感じられなくなってしまうので、タイミングを逃さずに引き上げることが大切です。

発祥の地の湯豆腐も紹介

なお、このレシピは、湯豆腐発祥の地、京都・南禅寺の湯豆腐を参考にして作りました。
記事の後半では、南禅寺周辺で供されている湯豆腐についてもお伝えします。

湯豆腐のレシピ

「シンプルが一番旨い!湯豆腐」のレシピです。

材料【2人分:調理時間35分】
豆腐※ 1丁
昆布 10g(10センチ角)
600ml
たれ
かつお節 1パック
みりん 大さじ1
大さじ1
醤油 50ml
大さじ1
薬味など
小ねぎ 4〜5本
一味唐辛子 好みで少々
柚子やすだち 好みで少々
しめ
ご飯 200g
1個

※木綿豆腐でも絹豆腐でもOK。

湯豆腐のつゆを作る


【工程1】
まず、土鍋に昆布(10g:10センチ角程度)と水(600ml)を入れ、30分ほど置きます。

水の量は、豆腐が少しかぶるくらい必要です。
少し足りなそうな場合は、600ml程度を目安に、若干増やしてください。

大きい鍋しかない場合

手元に大きい鍋しかない場合は、水の量がやや多めに必要になります。

そんな場合は、昆布だしが薄くならないように、水と一緒に昆布の量も増やしてみてください。
分量は、水600mlにつき昆布10gが目安です。

一晩浸けるのもいい

ちなみに、時間に余裕がある場合は、昆布を水に浸してからラップをして、冷蔵庫に一晩ほど置くと、より濃いだしが出るのでおすすめです。


湯豆腐のたれを作る


【工程2】
次に、たれを作ります。

手順は、まず、みりん(大さじ1)・酒(大さじ1)・醤油(50ml)・水(大さじ1)を小鍋に入れ、軽く沸騰させてアルコール分を飛ばします。
かつお節(1パック:2.5g程度)を加えて火を止めて、使うまでそのまま置きます。



使う直前になったら、茶こしなどで濾してかつお節を取り除いたら完成です。

このたれは、少し甘さが控えめになっていて、かつお節の旨味がしっかりと感じられるのが特徴です。
湯豆腐に付けると、豆腐のやさしい甘みが引き立ちます。


湯豆腐を作る


【工程3】
続いて、豆腐(1丁)を6等分くらいの大きさに切ります。

豆腐の種類

豆腐は、木綿豆腐でも絹豆腐でもお好みで選んでみてください。

ちなみに、湯豆腐に使われるお豆腐は、関東では木綿豆腐、関西では絹ごし豆腐を使うことが多いようです。
わが家では、木綿豆腐が人気です。



【工程4】
土鍋を弱火にかけ、じわじわと加熱して昆布の旨味を引き出します。



そして、沸騰する少し手前で豆腐をそっと入れます。

つゆは決して沸騰させない

ここでグラグラと沸騰させると、昆布のぬめりが出てしまいますし、豆腐を入れた時に豆腐の表面ばかりが熱くなってかたくなり、中心部分が十分に温まりにくくなってしまいます。
そのため、少しぬるめの湯に豆腐を加える方が美味しく仕上がります。



豆腐が温まると、鍋肌から離れて少し浮き上がってきますので、そうしたら食べ頃です。

食べ頃を逃さない

湯豆腐は、調理がとても簡単なお料理ですけど、お豆腐をいただくタイミングは、少しデリケートです。

お豆腐をつゆに入れて、ゆらっと動いて少し浮き上がったあたりが食べるタイミング。
そこからさらに5分10分温めると、豆腐全体が熱々になって、口に入れた時に味が分かりにくくなってしまいます。
そのうえ、過度に加熱すると、豆腐の内部に気泡が生じて細かい空洞ができ、味が落ちてしまうことも。

湯豆腐は、中心部分までほんのりと温まったくらいの状態で食べるのがベストです。



豆腐が浮き上がったら、すぐに、たれと薬味を添えていただきます。

まずは、豆腐に少量のたれをつけて、小口切りにした小葱をすこし添えて食べてみてください。
たれは甘さ控えめで、豆腐のやさしい甘みが引き立つ味付けにしています。
たれとねぎだけでも、十分美味しくいただけると思います。

お好みで、一味唐辛子を少しかけたり、ゆずやすだちを絞ったりして味変を楽しむのもいいです。

湯豆腐は、豆腐の味を味わうのにぴったりなお料理です。
昆布だしの深みのある旨味とともに、とても美味しくいただけます。

豆腐を追加する場合

ちなみに、湯豆腐の魅力にはまって、豆腐をもっと食べたいという場合は、後から追加することもできます。
その場合は、時間が経つと昆布のぬめりが出やすいので、昆布を引き上げてから豆腐を加え、温めてください。


湯豆腐のしめを作る


【工程5】
湯豆腐のしめは、シンプルな雑炊にするのがおすすめです。

残ったつゆ(半量)を煮立て、ご飯(200g)を加えてさっと煮て、溶き卵(1個分)を回しかけます。
卵がふんわりと固まったら小ねぎを散らし、器に取って、湯豆腐の残ったたれを少しかけていただきます。

昆布のだしがおつゆにしっかりと染み出しているので、これだけで満足度の高い味に仕上がります。

湯豆腐としめの雑炊。
この2つで十分にお腹が膨れるので、後は、簡単なおひたしでもあれば、立派な献立になりますよ。

南禅寺の湯豆腐の作り方


最後に、湯豆腐発祥の地、京都・南禅寺周辺の湯豆腐について、お伝えします。

南禅寺は、700年以上の歴史を誇る、とても格式の高い禅宗のお寺です。
このお寺では以前から精進料理として豆腐が食べられていたそうで、それが、湯豆腐の原型となったと言われています。

現在の南禅寺周辺には、昔ながらの湯豆腐を提供するお店が軒を連ねており、そうしたお店では、南禅寺御用達の「服部食品」の豆腐が使われていることが多いです。

その「南禅寺豆腐」は、見た目はごく一般的な四角い形をしていますが、絹豆腐と木綿豆腐のちょうど中間ぐらいの食感が特徴。
通販でも購入できるので、一度本場の味を試してみるのもいいと思います。


順正の湯豆腐


さて、そんな南禅寺の湯豆腐ですが、今回私が訪れたのは、「順正」というお店です。
南禅寺のほど近くにある有名店で、上の写真は、同店の一番人気メニューの湯豆腐です。

おつゆには利尻昆布で取った出汁を使っていて、具材は服部食品の南禅寺豆腐のみ。
今回ご紹介したレシピと同様にかなりシンプルな構成になっており、余計な具材がない分、豆腐の味をしっかりと味わえます。

つけダレは、かつおだしの風味と唐辛子のピリッとした辛さを生かした醤油ベースの味付けになっていて、そこにねぎが添えてあります。

そして、なにより特徴的なのは、鍋の中央に炭が配置されていること。
炭火でじんわりと温めることで、過度な加熱を防ぎ、豆腐の美味しさをキープしています。

もちろん、お店の味をそのまま真似る必要はありませんが、有名店で実際に食べてみると色々と勉強になります。

特に、次の3点は、家庭での湯豆腐作りに活かせると思います。

  • 具材を豆腐だけにする方が、豆腐自体の味を楽しめる。
  • おつゆは昆布だしだけでOK。
  • 豆腐を加熱しすぎないように気を配る。

ぜひ参考にしてください。

関連記事

豆腐の保存!水は必要?容器はどうする?保存方法と保存期間を解説。

豆腐のおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。料理に使い切れなかった豆腐の美味しさをキープする方法です。豆腐の保存は、水に浸し…

豆腐の水切り方法の決定版!簡単時短からしっかりまで全て解説。

豆腐の水切りのおすすめの方法をご紹介します。豆腐の水切りには複数のやり方があるので、どの方法がベストなのか分かりづらいですよね。そ…

まったりコク旨!豆腐の味噌漬けの作り方。簡単おつまみレシピ。

豆腐を使った人気のおつまみ、豆腐の味噌漬けの簡単レシピをご紹介します。豆腐を電子レンジで水切りして、味噌だれにつけ込んだお料理。味…

長ネギと豆腐の味噌汁レシピ。シンプルが一番!具は豆腐と長ネギだけ。

長ネギと豆腐を使った味噌汁のレシピをご紹介します。さいの目に切った豆腐をだし汁でさっと温め、味噌を溶かし、長ネギを入れたらできあが…

冷凍豆腐のステーキのレシピ。にんにく&バターで風味をアップ!

冷凍豆腐のステーキのレシピをご紹介します。めんつゆをベースにした、にんにくバター醤油味。さっぱりとした味の冷凍豆腐に、コクと旨みが…

豆腐の味噌汁の作り方!玉ねぎのシャキシャキ食感が旨いシンプルレシピ。

豆腐を使った味噌汁のレシピをご紹介します。豆腐に玉ねぎを組み合わせたシンプルなお味噌汁。玉ねぎのシャキシャキとした食感をいかしたレ…

かぼちゃの味噌汁レシピ。具は豆腐&ネギ!甘みを引き出す作り方。

かぼちゃの甘みを生かした味噌汁のレシピをご紹介します。組み合わせる具は、豆腐と小ねぎ。かぼちゃの甘みがおつゆにまで染み出していて、…

味良し、見た目良し!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋レシピ。鰹だしが好相性

白菜と豚肉を具材にした、ミルフィーユ鍋のレシピをご紹介します。白菜と豚バラ肉を交互に鍋に詰めて、何層にも折り重なるパイ生地のような…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

柚子の蜂蜜漬けのおすすめの作り方をご紹介します。柚子を生のまま漬けるレシピになっていて、苦味や酸味が少なく、とても食べやすいのが特…

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

柚子ピールのおすすめの作り方をご紹介します。柚子の皮には特有の苦味があり、その苦味には個体差も結構あります。でも、このレシピだった…