やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

シュガースクラブを手作りする方法。シンプルなものから変わったレシピまで、7種類をご紹介。

投稿日:2015年6月7日 更新日:

「ボディースクラブ」や「フェイススクラブ」は、触感や香りが異なるさまざまなものが販売されていますが、キッチンにあるものだけで、簡単に手作りすることもできます。

今日は、砂糖を使った「シュガースクラブ」のレシピを、7種類ご紹介します。

一般的なスクラブとくらべて「シュガースクラブ」は、研磨剤が砂糖の粒々なので、角質を優しく除去してくれます。
また砂糖は、肌をしっとりさせる効果も合わせ持っています。
さらに食品ですから安心して使えますし、市販品を買うよりもダンゼン安く上がります。

手作りの「シュガースクラブ」を愛用している方の中には、お店で売られているものよりも美肌効果が高いとおっしゃる方も多いです。

さてそんな「シュガースクラブ」は、どのような材料を選ぶかで、さまざまな作り方があります。
今日はその中から、シンプルなレシピを4種類、変わりレシピを3種類取り上げます。

自分の肌質に合ったレシピを、見つけてみてください。

(一部情報元:NHK「あさイチ」砂糖で乾燥肌が改善 2018年1月22日放映、TBSテレビ「あさチャン!」2015年6月4日放映)

ベーシックなシュガースクラブの作り方

「シュガースクラブ」のシンプルなレシピ4種類と、一風変わったレシピ3種類をご紹介します。

まずはベーシックな「シュガースクラブ」の作り方をお伝えします。

シンプルなシュガースクラブ

はじめにご紹介するのは、シュガーコスメの研究をしている、アピサル・ジャパン代表・幟立真里さんのレシピ。

幟立さんによると、シュガースクラブの効果は、角質を除去したり、肌を保湿したりするだけではありません。
日焼けした時にも良いそうです。
ヒリヒリとした肌にしみることなく、炎症をおさえる効果が期待できるようです。

ちなみにアピサル・ジャパンでは、「シュクレ 」という北海道産の甜菜糖を使ったシュガースクラブを販売しています。

さて幟立さんが作るシュガースクラブの材料は、砂糖とオイルだけ。

これらを混ぜあわせるだけで完成です。

材料費はとても安く、100gを作るのに75円程度で済みます。

材料
上白糖 50g
オリーブオイルやサラダ油などの油 50g

(レシピ情報元:TBSテレビ「あさチャン!」2015年6月4日放映、NHK「あさイチ」砂糖で乾燥肌が改善 2018年1月22日放映、)

なお、ザラザラとした感触をもっと出したい場合は、粒子がはっきりしたグラニュー糖と、さらっとしたグレープシードオイルの組み合わせにします。そうすると、より研磨効果が高いスクラブになるそうですよ。

使い方は、かかとの角質取りだったら、軽く一握りくらいを手に取ります。そして水をかけて砂糖を溶かしながらマッサージします。砂糖の粒が消えたら、軽く洗い流して終了です。

ただし顔に使う場合は、砂糖の粒子が細かい同社の「フェイス用シュガースクラブ」がおすすめだそうです。

シンプルなシュガースクラブ

もう1つ、シンプルなシュガースクラブのレシピをご紹介します。

先ほどのレシピとくらべると、オイルの分量が少なめになっています。また好みでエッセンシャルオイルの香りをプラスします。
自分の肌質に合った配合を、見つけてみてください。

なおこのレシピの考案者は、シュガースクラブには驚くほどの角質の除去&保湿効果があると実感しているそうです。

材料
砂糖(白でもブラウンでもOK) 1/2カップ
オリーブオイルもしくはココナッツオイル 1/4カップ
好みでエッセンシャルオイル 数滴

情報元:Luxurious Sugar Scrub Recipe

使い方は、お風呂で大さじ1くらいを手に取り、必要な箇所をマッサージしてすすぎます。

粒子が細かい砂糖を選べば、体だけでなく、顔にも使えるそうですよ。

エッセンシャルオイルを使ったシュガースクラブ

エッセンシャルオイルを使ったシュガースクラブのレシピを、もう1つご紹介します。

材料は、砂糖・オイル・エッセンシャルオイルだけ。
すべて好みのものを選んで使います。

ちなみにこのレシピの考案者は、砂糖は白砂糖を使っています。
普段は白砂糖は食べないそうですが、スクラブだったら口に入れるわけでもなく、しかも安い。これが、彼女が白砂糖を選ぶ理由です。

ただオイルに関しては、肌に残るので、上質なものを選ぶことをすすめています。

材料【1と1/2カップ分】
砂糖もしくは他の粒状の甘味料 1カップ
好みのオイル 1カップ
好みのエッセンシャルオイル 2~4滴

情報元:Homemade Sugar Scrub

使い方は、少量をスプーンで取り分け、使用する部位にのばして1分ほどマッサージします。そして3分ほどそのまま放置。すすいだら終了です。

バニラの香りのシュガースクラブ

次にご紹介するのは、バニラの香りのシュガースクラブ。

レシピの考案者によると、茶色い砂糖とバニラという組み合わせは、香りが最高だとか。独特の甘い香りに包まれて、とてもリラックスできるそうです。

下の材料を混ぜたらできあがりです。

材料
粒子が細かいブラウンシュガー 1カップ
スイートアーモンドオイル
もしくは他のキャリアオイル
1/3カップ
バニラエッセンシャルオイル
もしくはバニラエッセンス
20滴
(バニラエッセンスの場合は小さじ1)

情報元:Easy Sugar Scrub Recipe

オイルには肌をしっとりとさせる効果がありますが、このレシピの考案者は、肌が非常に乾燥している人以外は、最小限のオイルを使うことをすすめています。
肌に残ったオイルは、最後に洗い流してしまいますし、あまり多いとかえって肌がベトベトするということです。

甘い香りがする「スイートアーモンドオイル」は、このレシピにとても合うようです。

変わりシュガースクラブ

ここからは、ちょっと変わった「シュガースクラブ」を3種類ご紹介します。

バナナを使うレシピや、挽いたコーヒー豆を加えるもの。さらに酵素ジュースをプラスした作り方もあります。

バナナを使ったシュガースクラブ

これまでご紹介した「シュガースクラブ」のレシピは、どれもオイルを使っていました。
でもオイルの代わりにバナナを使って、「シュガースクラブ」を作る方法もあるようです。

レシピの考案者によると、オイルをバナナで代用すると、肌に砂糖を優しく擦り込むことができるそうです。
バナナ自体にも、肌をなめらかにする効果があるようですよ。

材料
熟したバナナ 1本
グラニュー糖 大さじ3
バニラエクストラクト(バニラエッセンス)
もしくは、好みのエッセンシャルオイル
小さじ1/4

(一部情報元:8 Homemade Salt and Sugar Body Scrubs

なおこのシュガースクラブは、あくまでもボディ用です。

顔に使う場合は、バナナを潰したものを、何も加えずそのまま使います。目に入らないように注意しながら、優しくマッサージします。

コーヒーを使ったシュガースクラブ

また、コーヒーを加えるシュガースクラブのレシピもあります。
引き立てのコーヒーの香りが、とても素晴らしいそうです。

レシピの考案者によると、コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があります。ただこれが肌に良い効果を及ぼすかどうかは、まだ研究段階のようです。

コーヒーに、シナモンやオレンジの香りを加えて作ります。

材料
挽いて粉状にしたコーヒー 1カップ
大さじ1
スイートアーモンドオイル
もしくは他のキャリアオイル
1/3カップ
シナモンパウダー 小さじ1
グレープフルーツエッセンシャルオイル 8滴
オレンジエッセンシャルオイル 8滴
ペパーミントエッセンシャルオイル 4滴

情報元:Coffee Body Scrub Recipe

作り方は、これらの材料を混ぜるだけです。

ところで、コーヒーを使ったシュガースクラブのレシピを、もう1つご紹介します。

大阪にあるカルチャースクール「こぐまの台所」で料理教室を主催しているマーチンさんも、シュガースクラブにコーヒーを加えるそうです。

材料はとてもシンプル。
挽いたコーヒー豆の他に、砂糖とココナッツオイルだけです。
(一部情報元:TV「あさチャン!」チャン知り2015年6月4日放映)

ゴシゴシしているそばから肌がツルツルになる、シュガースクラブができるそうですよ。

酵素を使ったシュガースクラブ

また、美容や健康に良いと言われている酵素ジュースを、シュガースクラブに加えるレシピもあります。

日本酸素マイスター協会の川又愛さんが考案した、「酵素シュガースクラブ」のレシピです。

材料
白砂糖 適量
ココナッツオイル 砂糖と同量
酵素ジュース 少々

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」チャン知り2015年6月4日放映)

肌に良さそうなものをプラスすると、オリジナルのシュガースクラブが作れそうですね。

ソルトスクラブ

最後に、砂糖ではなく、塩を使った「ソルトスクラブ」の作り方もご紹介します。

砂糖と同じく塩でも、スクラブを作ることができます。

塩には、筋肉をリラックスさせる効果があるそうです。
特に自然海塩は、食卓塩にくらべて精製度が低く、ミネラルを多く含んでいるので、肌に優しいそうですよ。

ただ海塩は粒が粗いことが多いので、そうしたものを使うと、逆に肌を傷つけてしまいます。
海塩は、食卓塩と同じくらい粒子の細いものを選びましょう。

材料
粒子の細かい塩 1カップ
スイートアーモンドオイル
もしくは他のキャリアオイル
1/3カップ
グレープフルーツエッセンシャルオイル 8滴
ベルガモットエッセンシャルオイル 8滴
ペパーミントエッセンシャルオイル 4滴

情報元:Easy Salt Scrub Recipe

なお「ソルトスクラブ」は、ムダ毛処理をした後には、使わない方が良いようです。皮膚がヒリヒリするらしいです。

どのレシピも混ぜるだけなので、簡単ですね。

私もいろいろ試しているところですが、シンプルなシュガースクラブでも、十分効果が実感できます。
ほんのすこしマッサージするだけで、驚くほど肌がスベスベになりますよ。

画像引用元:Aug:17 by Kim LoveAug:17 by Kim Love4/365 – Coffee beans by Olga FilonenkoIMG_0097 by Nina NelsonPure vanilla by Bill Holsinger-Robinsonmashed banana by Joel KramerSpacey Fruit Nectar by Mattie Bred-neck-salt-scrub by Elisa Self

関連記事

ひじきの戻し方。乾燥ひじきを柔らかく戻す方法。

乾燥ひじきの戻し方をご紹介します。基本の戻し方と合わせて、ひじきを早く太く柔らかく戻せるという裏ワザもお伝えします。

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています…

密閉&低温!お米の保存方法と保存期間。日持ちアップのコツを解説。

お米の上手な保存方法を解説します。お米は、空気に触れると酸化しやすいうえに、乾燥にも弱く、また、暖かい場所に置くと傷みやすい食材で…

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

自家製梅酒のおすすめの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から梅酒を手作りしていますが、いろいろ試した中で「やっぱりこれが一番!…

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。保存食も紹介。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。それぞれ…

トルコ紅茶「チャイ」の作り方や飲み方を解説!グラスやポットも紹介。

トルコの紅茶は、トルコ語で「チャイ(çay)」と言います。チャイと言えば、インドのミルクティーを思い出す方も多いかもしれません。で…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマトとは、半乾燥させたトマトのことで、水…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

柚子の蜂蜜漬けのおすすめの作り方をご紹介します。柚子を生のまま漬けるレシピになっていて、苦味や酸味が少なく、とても食べやすいのが特…

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

柚子ピールのおすすめの作り方をご紹介します。柚子の皮には特有の苦味があり、その苦味には個体差も結構あります。でも、このレシピだった…