スコーンの簡単な作り方。買いに行くより手っ取り早い!本格手作りレシピ。

投稿日:2013年2月1日 更新日:

スコーン(プレーンスコーン)

スコーンの簡単で美味しい作り方をご紹介します。
シンプルでありながら深い味わいを楽しめる、人気のプレーンスコーンのレシピです。

必要な材料は5種類だけ。
バター、砂糖、牛乳、小麦粉、そしてベーキングパウダーです。

スコーンの基本の配合比

分かりやすい配合比を使うのがコツで、それさえ覚えておけば、レシピを見なくても本格的なスコーンが簡単に作れます。

バター:砂糖:牛乳:小麦粉 =1:1:2:4

バターと砂糖は同量。
牛乳はその倍で、小麦粉は4倍。
これに、ベーキングパウダー(小麦粉100gに対して小さじ1)を加えます。

プレーンスコーンの材料はこれだけです。

小腹が空いてお菓子が食べたいなという時には、買いに行くよりも、このスコーンを手作りしたほうが手っ取り早いですよ。


スコーン(プレーンスコーン)

「買いに行くより簡単!プレーンスコーン」のレシピです。

材料

6個分:調理時間25分
薄力粉 200g
無塩バター 50g
砂糖 50g
牛乳 100ml
ベーキングパウダー 小さじ2
カロリー
1個分232kcal


作り方

生地の作り方

スコーンの材料
まず、薄力粉(200g)・無塩バター(50g)・砂糖(50g)・ベーキングパウダー(小さじ2)をボールに入れます。

上の写真は、砂糖はブラウンシュガーを使っています。
普通の砂糖でも構いませんが、ブラウンシュガーを使うと、さらに風味がアップします。


バターと薄力粉を混ぜる
そして、粉の中でバターを細かく砕きながら、均等に混ぜてサラサラの状態にします。


スコーンの生地に牛乳を加える
次に、牛乳(100ml)を加えます。


スコーンの生地をまとめる
そして、生地を練らないようにして、ひとまとめにします。


スコーンの生地の形を整える
続いて、まな板の上に薄力粉(分量外)を敷き、その上に生地をのせます。
そして、厚さ3センチくらいの長方形に整えます。

生地は少し柔らかいので、手にくっついて作業しづらいかもしれませんが、そんな場合は、生地に薄く薄力粉をまぶすといいですよ。


成形

スコーンの生地を包丁で切り分ける
生地を四角くまとめたら、包丁で6つに切ります。

型抜きなどを使うと、形がより美しく仕上がりますが、少々いびつなのも味があっていいですよ。
自宅で食べる分にはこれで十分だと私は思います。


焼き方と焼き時間

スコーンの焼き方
軽く形を整え、オーブンシートを敷いた天板の上に並べます。

これを200度に温めたオーブンで15分焼いたら完成です。


スコーン
外がサクサクで中がふんわりとしたスコーンができます。

スコーンは焼きたてが一番おいしいです。
オーブンから出したら、すぐに食卓に運んでください。

食べ方は、そのまま囓ってもいいですし、バターを塗るのもおすすめ。
ぜひ、熱々のうちにお召し上がりください。

ところで、このレシピをアレンジすると、いろいろな種類のスコーンが簡単に作れます。
例えば、この生地に、ブルーベリーやオレンジピールなどのドライフルーツを加えてもいいですし、ナッツやハーブなどを加えても美味しいですよ。

関連レシピ