パンの簡単レシピ。朝食に焼きたての手作りパンを出す方法。

投稿日:2016年3月30日 更新日:

パン レシピ 作り方 簡単

手作りパンの簡単レシピをご紹介します。

わが家で作る、一番簡単な朝食パンのレシピです。

忙しい朝でもストレスをまったく感じずに、パンを焼くことができます。

調理のポイントは、パン生地を前日にこね、ボールごと冷蔵庫に入れて置くこと。

朝起きたら、お弁当や朝食を作っている1時間半くらいの間に、片手間でパンを発酵させ、焼き上げます。

一番簡単な朝食パンの作り方

パン レシピ 作り方 簡単

朝食パンの簡単レシピです。

分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料
強力粉 300g
砂糖 大さじ2/3
小さじ1
ドライイースト 小さじ1
160~170ml程度
作り方
  1. 【前日の夜】材料すべてをボールに入れ、手で2分ほどこねる。
    ボールにラップをし、冷蔵庫に入れる。
  2. 【朝】1をラップをしたまま、オーブンの発酵機能(40度程度)で30~40分温める。
  3. 2を包丁で8~9等分し、それぞれを丸め、フライパンの上に並べる。
  4. 3をラップをせずにそのまま、オーブンの発酵機能(40度程度)で15~20分温める。
  5. 4を火にかけ、フライパンが温まったら弱めの中火にし、フタをして10分焼く。
    ひっくり返し、再びフタをして10分焼いたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

手作りパンのレシピ

パン レシピ 作り方 簡単

【前日の夜:工程1】
前日の夜に、パン生地をこねます。

まず、材料すべてをボールに入れ、手でまとめます。

パン レシピ 作り方 簡単

そしてまとまった生地を、2分ほどこねます。

パン レシピ 作り方 簡単

続いてボールにラップをし、冷蔵庫に入れます。

ちなみに、この前日の作業をする時間は、夕方5時くらいでも、夜中の0時になっても構いません。

パン レシピ 作り方 簡単

【翌日の朝:工程2】

朝起きたらすぐに、前日に仕込んだパン生地をボールごとオーブンに入れ、ラップをしたまま発酵機能(40度程度)を使って40分温めます。

ちなみにあまり時間が無い場合は、30分くらいでもOKです。
生地が十分に温まらず、少し膨らみが弱くなりますが、ちゃんとパンは出来ます。

発酵させると、上の写真のように、2~3倍くらいに生地が膨らみます。

パン レシピ 作り方 簡単

【工程3・4】
次に、生地を包丁で8~9等分し、それぞれを手で丸め、フライパンの上に並べます。

フライパンはこのままオーブンに入れるので、取っ手が無いものを使用します。
取っ手つきのフライパンしか持っていない場合は、皿の上にクッキングシートを敷き、その上に生地を並べてください。

そして、ラップをせずにそのまま、再びオーブンの発酵機能(40度程度)で20分温めます。

なおこの工程も、時間が無い場合は15分くらいに縮めても大丈夫です。膨らみは若干弱まりますが、ちゃんとパンは出来ます。

パン レシピ 作り方 簡単

【工程5】
最後に、フライパンを火にかけます。

取っ手無しのフライパンが無く、皿に敷いたクッキングシートの上でパン生地を発酵させた場合は、クッキングシートごとフライパンにのせ、火にかけます。

フライパンが温まったらフタをして、弱めの中火で10分焼きます。

フライ返しでひっくり返し、フタについた水滴を拭き取り、再びフタをして10分焼いたらできあがり。

パン レシピ 作り方 簡単

ふわふわモッチリとした、甘さ控えめのパンが焼き上がります。

パン レシピ 作り方 簡単

冷めても柔らかいパンですが、残った場合はトーストすると、より美味しく食べられますよ。

関連レシピ