くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

投稿日:2020年7月3日 更新日:

くるみのスコーン

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。

くるみの切り方 くるみをふんだんに使ったスコーンで、風味がとても豊かなのが特徴です。

生地のそこかしこにクルミのかけらが点在していて、食べると、香ばしい味わいが口の中に広がります。

王道のスコーン生地

このスコーンの生地自体はかなりスタンダードなもので、バターのコクと砂糖の控えめな甘みが印象的な、いわば王道の味になっています。

そのまま食べても十分美味しいのですが、そこに、カリッと焼けたくるみの存在感が加わることで、満足度がさらにアップして、後引く旨さのスコーンに仕上がります。

甘みを抑えたレシピになっているので、おやつとしてだけでなく、食事として食べるのもオススメですよ。

クルミスコーン

くるみスコーン

「くるみスコーン」のレシピです。

材料【8個分:調理時間25分】
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ2
砂糖 大さじ1と1/2
無塩バター 40g
牛乳 大さじ4程度
くるみ※ 80g

※ローストくるみを使用。

カロリー
1個分188kcal
作り方
  1. くるみを少し粗めに刻む。
  2. 薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖を合わせ、ボールに振るい入れる。
    冷蔵庫から出したてのバターを1センチ角に刻み、ボールに加える。
    粉の中でバターを細かく砕きながら、均等に混ぜてサラサラの状態にする。
  3. 牛乳を加え、ヘラで切るように混ぜる。
    生地がある程度まとまったら、くるみを加え、ひとまとまりにする。
  4. 生地を8等分し、手で丸め、クッキングシートを敷いた天板の上に並べる。
    200度に温めたオーブンで、15分焼いたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。


くるみの切り方
【工程1】
まず、くるみ(80g)を少し粗めに刻みます。


薄力粉等をボールに振るい入れる
【工程2】
次に、薄力粉(150g)・ベーキングパウダー(小さじ2)・砂糖(大さじ1と1/2)をボールにふるい入れます。


薄力粉にバターを加える
そして、1センチ角に刻んだ無塩バター(40g)を加えます。

バターは、冷蔵庫から出したてのものを、小さく切って使います。

ちなみに、同じ無塩バターでも発酵バターを使うと、より風味良く仕上がります。


薄力粉にバターを混ぜ合わせる"
バターを加えたら、粉の中でバターを細かく砕きながら、均一に混ぜてサラサラの状態にします。

バターの大きな塊がなくなるように、手早く、粉になじませてください。


牛乳を加える
【工程3】
続いて、牛乳(大さじ4程度)を加えます。

牛乳の量は、大さじ4を目安に微調整してください。
生地がまとまらないようなら、追加で少し足すといいです。


くるみスコーンの生地を混ぜる
そして、ヘラで切るように混ぜます。

ここで生地を練るように混ぜると、小麦粉のタンパク質である「グルテン」が出て、膨らみが悪くなるので、練らないように切るように混ぜてください。


くるみスコーンの生地の形を整える
生地がある程度まとまったら、くるみ(80g)を加え、生地を折るようにしてひとまとまりにします。


くるみスコーンの生地を天板に並べる
生地ができたら8等分し、手で丸め、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。

そして、200度に温めたオーブンで、15分焼いたら完成です。


くるみスコーン
火を入れたくるみは、やはり、安定の美味しさです。
香ばしさが格段にアップして、スコーンが、より味わい深く仕上がります。

また、生地自体の味もいい感じです。
派手さはありませんが、バターのコクがきいているので、しっかりとした満足感を得られます。

くるみのスコーンのおすすめレシピです。
ぜひ、焼きたての熱々を食べてみてください。

関連レシピ