濃厚ならこのレシピ!牛乳プリン。美味しいミルクプリンの作り方。

投稿日:2022年4月1日 更新日:

牛乳プリン(ミルクプリン)

牛乳プリン(ミルクプリン)の美味しいレシピをご紹介します。

濃厚な味わいととろとろの柔らかい食感が特徴の、極上のデザートレシピ。
牛乳・ゼラチン・砂糖といった定番の食材を使ったうえで、さらに卵黄を加えるのがポイントで、コク甘な味となめらかな舌触りを楽しめます。

作り方はとても簡単なので、食事の支度の隙間時間にちゃちゃっと作れます。

幅広い世代に人気の、甘くて濃厚な牛乳プリン。
子供のおやつにもぴったりですし、自分用のご褒美スイーツとしてもおすすめです。

牛乳をたっぷり使うので、賞味期限が近づいた牛乳の大量消費方法としても便利ですよ。

レシピ動画

「濃厚な味わい!牛乳プリン」のレシピです。

牛乳500ml分のレシピになっていますが、もし牛乳1リットルで作る場合は、下の割合をもとに、それぞれの分量を単純に2倍にしてください。

材料

4人分:調理時間5分
牛乳 500ml
砂糖 大さじ5
卵黄 2個
ゼラチン 1袋(5g)

作り方

牛乳プリンの材料を鍋に入れる
まず、牛乳(500ml)・砂糖(大さじ5)・卵黄(2個)・ゼラチン(1袋:5g)を小鍋に入れます。


牛乳プリンの材料を火にかける
次に、泡立て器を使ってよく混ぜて、火にかけます。


プリン液を入れた鍋の火を止める
そして、沸騰寸前になったら、火を止めます。

牛乳は、沸騰すると盛り上がってきて吹きこぼれるので、上の写真を参考に、その直前あたりで火を止めてください。
牛乳を温める理由はゼラチンを溶かすためですが、ゼラチンは80度くらいの温度できれいに溶けます。


プリン液を泡立て器でよく混ぜる
火を止めたら、泡立て器を使って、もう1度よく混ぜます。


プリン液をカップにそそぐ
そして、カップ(4個程度)に茶こしをのせ、プリン液を均等に注ぎ入れます。


牛乳プリンの表面の泡を取り除く
見た目をきれいに仕上げたい場合は、表面に残った泡などをスプーンで軽く取り除きます。

牛乳プリンを冷やす あとは、粗熱を取ってラップをかぶせ、冷蔵庫で4〜5時間ほど冷やし固めたら完成です。
牛乳プリンの日持ち

なお、このプリンの賞味期限は、冷蔵保存で5日ほどです。


牛乳プリン
牛乳プリンを作る際には、今回のように、卵を加えるのが断然おすすめです。

卵なしで作ると、味がさっぱりとしすぎて物足りない味になりがちです。
でも、卵黄を加えることで、プリンのコクが大幅にアップします。

美味しさを追求するのなら、卵をぜひ加えてみてください。


牛乳プリン(ミルクプリン)
この牛乳プリンは、味が濃厚で、舌触りがとろとろしているのが特徴です。

市販のプリンにも負けない味なので、カップ1杯で十分な満足感を得られます。
一口食べれば、ふわっと幸せな気分に包まれますよ。

関連レシピ