冷凍豆腐のカツのレシピ。食感はまるでお肉。

投稿日:2016年4月7日 更新日:

冷凍豆腐カツ

冷凍豆腐を使ったカツのレシピをご紹介します。

料理研究家の江上佳奈美さんが考案した「冷凍豆腐とんかつ」。
フジテレビの「バイキング」で話題になりました。

チーズと大葉を挟んだ冷凍豆腐カツ

冷凍豆腐にチーズと大葉を挟み、衣を付けて揚げます。

ごく普通のトンカツとくらべて、材料費が安くて低カロリー。
あっさりとした味わいで、パクパク食べられますよ。

ちなみに冷凍豆腐とは、凍らせた豆腐のこと。
豆腐を冷凍すると、お肉のような食感に変わります。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」2015年6月10日放映)

冷凍豆腐カツのレシピ

冷凍豆腐カツ

「冷凍豆腐とんかつ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間15分/解凍時間除く】
冷凍豆腐※ 1丁
スライスチーズ 2枚
大葉 4枚
小麦粉 適量
1個
パン粉 適量

※冷凍豆腐の作り方は下の文中参照。

作り方
  1. 冷凍豆腐を解凍して、しっかり水気を切る。さらに4等分して、それぞれに包丁で切り込みを入れる。(下の写真参照)
  2. 豆腐(1切れ)の切り込みにチーズ1/2枚と大葉1枚を挟み、小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつける。
  3. 普通に揚げたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

冷凍豆腐カツの作り方

冷凍豆腐カツ
ここで使用する冷凍豆腐は、木綿豆腐を一晩凍らせて作ります。

木綿豆腐の水気を切り、保存袋に入れ、冷凍庫に一晩置きます。
解凍方法は、常温で自然解凍か、流水にさらして解凍か、レンジ解凍がおすすめです。
冷凍豆腐の詳しい作り方は、リンク先ご覧ください。


冷凍豆腐カツ
【工程1・2】
まず、冷凍豆腐(1丁)を解凍して、両手で挟んでぎゅっと押し、水気をしっかり絞ります。


冷凍豆腐カツ
次に、豆腐を2等分し、それぞれの厚さを半分にして、合計4枚に切り分けます。


冷凍豆腐カツ
続いて、それぞれの豆腐に包丁で切り込みを入れ、豆腐1切れにつき、チーズ1/2枚と大葉1枚を挟みます。

切り込みを入れた豆腐は、1辺だけが繋がっている状態になります。


冷凍豆腐カツ
そして、豆腐に衣を付けます。

小麦粉(適量)・溶き卵(1個)・パン粉(適量)の順に、衣をしっかり付けます。


冷凍豆腐カツ
【工程3】
最後に、両面を油で揚げたら完成です。


冷凍豆腐カツ
大葉の爽やかな香りとチーズのコクが、豆腐の優しい風味にとてもよく合います。

ごく普通のトンカツとくらべると、あっさりしていますが、これはこれで美味しいですよ。

冷凍豆腐カツのレシピあと1品

最後に、冷凍豆腐を使ったカツのレシピをあともう1品ご紹介します。

ライブドアニュース(2016年4月6日)で話題になった、串カツのレシピです。

この串カツの材料は、豆腐と卵とパン粉だけ。
豆腐を一晩冷凍し、電子レンジでチンして解凍。
その後に水気をしっかり絞り、小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつけて揚げるというレシピになっています。

材料【2人分:調理時間15分/解凍時間除く
豆腐 1丁
1~2個
小麦粉 適量
パン粉 適量
とんかつソース 適量

食間はまるでお肉。豆腐の串カツより引用

こちらは、先に紹介したレシピと比べてかなりシンプル。
チーズと大葉が入っていない分、さらにさっぱりとした味に仕上がると思います。

このレシピで作ったカツをもとに、カツ丼を作ったりするのも良さそうですよ。

合わせて参考にしてください。

関連レシピ