豆腐のオリーブオイル漬けレシピ。醤油でコク旨!作り置きに便利な保存食

投稿日:2019年6月7日 更新日:

豆腐のオリーブオイル漬け

豆腐のオリーブオイル漬けのおすすめレシピをご紹介します。

洋食にも和食にも合うオイル漬けのレシピ。
醤油を少量使って漬け込むのがポイントで、オリーブオイルと醤油が合わさって、風味豊かに仕上がります。
また、使用するオイルの量を最小限におさえているので、食材がムダにならないのも嬉しいところです。

口当たりは、トロッとしていてまろやか。
そのまま食べても美味しいのでワインや日本酒のおつまみにぴったりですし、サラダの具材にしたり、ねぎなどの薬味を添えて食べてもよく合います。
あるいは、お肉や野菜と一緒に焼くのもありです。

冷蔵庫で1週間ほど日持ちがするので、豆腐の保存食としてストックしておくと、とても便利ですよ。

豆腐のオリーブオイル漬けのレシピ

「風味豊か!オリーブオイル漬け豆腐」のレシピです。

材料【調理時間3分/一晩置く】
木綿豆腐 1丁(350g)
砂糖 小さじ1
小さじ1
醤油 大さじ1
オリーブオイル 大さじ6


切った豆腐の水気を拭き取る
【工程1・2】
まず、木綿豆腐(1丁:350g)を10等分に切り、キッチンペーパーで軽く水気を拭き取って、皿やタッパーに入れます。


豆腐に砂糖・塩・醤油をかける
次に、砂糖(小さじ1)と塩(小さじ1)を振りかけて、醤油(大さじ1)を回しかけます。


豆腐をひっくり返す
そして、手で豆腐をひっくり返します。

【調理のコツ】
オイル漬けにする前に、豆腐を一度ひっくり返して、全体に味を馴染ませます。


豆腐にオリーブオイルをかける
続いて、オリーブオイル(大さじ6)を回しかけます。

そして、もう1度、豆腐を手でひっくり返します。
ラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせたら完成です。

なお、オリーブオイルの量は最小限にしています。
豆腐をオリーブオイルに漬けると口当たりがとてもマイルドになりますが、これくらいの量でもその効果は十分に得られます。


豆腐をオリーブオイルと醤油に漬ける
こちらは、一晩寝かせた豆腐のオリーブオイル漬けです。

オリーブオイルに漬け込むことで、とてもまろやかな食感に仕上がります。

また、オリーブオイルと醤油が合わさることで、豆腐に華やかな風味とコクが加わって、とても美味しくいただけます。

豆腐オリーブオイル漬けの賞味期限

豆腐のオイル漬けは、ラップで覆ったりタッパーなどで密閉するなどして冷蔵庫に入れれば、1週間ほどは日持ちします。

冷蔵庫に入れると、オリーブオイルが少し固まるものの、冷蔵庫から取り出してお皿に盛り付けている間にすぐに溶けます。
固まるのはこのお料理に限ったことではなく、オリーブオイル自体の特徴なので、まったく問題なく食べられます。


豆腐のオリーブオイル漬けのおすすめの食べ方

豆腐のオリーブオイル漬けの食べ方
このオイル漬けは、お豆腐の美味しさが存分に堪能できるので、薬味を添えてシンプルにそのままいただくのが一番です。
お酒のおつまみにするのなら、白ワインか辛口の日本酒がよく合います。

また、少し崩してサラダや和え物の具材にするのもおすすめです。

ちょっと変わった食べ方としては、ご飯にのせて豆腐丼にするのも美味しいものです。
アボカドや半熟卵をのせたり、また焼き海苔や薬味などを散らすと、豪華な食事になりますよ。

関連レシピ