かぼちゃの皮のレシピ。皮の栄養をしっかり摂る!簡単バター醤油炒め。

投稿日:2020年11月9日 更新日:

かぼちゃの皮のレシピ

かぼちゃの皮だけを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。
かぼちゃの皮のバター醤油炒めのレシピです。

かぼちゃの皮 かぼちゃの皮は、剥かずにそのまま料理に使っても美味しく食べられますが、作るメニューによっては、あらかじめ取り除いてから使う場合も多々あります。

例えば、プリンなどのおやつを作る場合には、黄色い身の色を活かすために皮を剥いてから使いますし、煮物をつくる場合にも、味しみをよくするために皮を取り除くことがあります。

そうした料理をつくった際に、残ったかぼちゃの皮を捨ててしまうこともあるかもしれません。
でも、それはかなり勿体ない。
実は、かぼちゃの皮には、身以上に栄養が豊富に含まれています。

かぼちゃの皮はカロテンが豊富

かぼちゃに含まれる栄養といえば、カロテン。
かぼちゃには、野菜の中でもトップクラスといえるほど、カロテンが豊富に含まれています。

カロテンは、免疫力を高めたり、肌や粘膜目などを丈夫にしたりする大事な栄養素。
油脂と一緒に摂ると、吸収率がアップすると言われています。

ちなみに、かぼちゃは野菜の中ではカロリーも糖質も高めの食材ですが、皮の部分は身の部分にくらべて食物繊維が多く含まれているので、糖質はやや低めです。


かぼちゃの皮の栄養がとれるレシピ

「栄養満点!かぼちゃの皮のバター醤油炒め」のレシピです。

材料

2人分:調理時間6分
かぼちゃの皮 100g
バター 8g
塩こしょう 少々
A
砂糖 小さじ1/4
醤油 小さじ1/2
150ml

作り方

かぼちゃの皮を細切りにする
まず、かぼちゃの皮(100g)を8ミリ幅の細切りにします。


かぼちゃの皮を調味料と一緒に煮る
次に、かぼちゃの皮をフライパンに重ならないように広げ、材料Aを加えて、中火で煮ます。
材料Aは、砂糖(小さじ1/4)・醤油(小さじ1/2)・水(150ml)です。

かぼちゃの皮をフライパンに重ならないように広げると、一切混ぜずに加熱できるので、煮崩れを防ぐことができます。

かぼちゃのビタミンCは加熱に強い

ちなみに、かぼちゃには、カロテンとともにビタミンCも豊富に含まれていますが、かぼちゃのビタミンCは、加熱しても比較的失われにくいと言われています。


かぼちゃの皮をバターで炒める
汁気がなくなったら、バター(8g)・塩こしょう(少々)を加え、軽く炒め合わせたら完成です。

かぼちゃの皮は、細切りにしたうえで加熱することで、柔らかな食感に仕上がります。

また、皮と言えどもかぼちゃ特有の甘みもあり、少量の砂糖を補うことでさらに食べやすさがアップ。
バター醤油の風味とともに、パクパクと美味しくいただけますよ。

関連レシピ