酢トマトの作り方と食べ方。柳澤英子さんのダイエットレシピ。

投稿日:2016年7月27日 更新日:

酢トマトの作り方

ダイエットに効くと言われている「酢トマト」のレシピをご紹介します。

料理研究家の柳澤英子さんが考案した「酢トマト」と、酢トマトを使った料理3品です。

「酢トマト」とは、酢とトマトだけでできる万能調味料。
ドレッシングの代わりサラダに使ったり、うどんやそうめんのつけだれにしたり、肉や魚の味付けに使ったりと、料理に幅広く使えます。

酢トマトの効果

トマト酢の作り方

酢トマトには、次のような健康効果が期待できるそうです。

  • ダイエット
  • 血糖値の抑制
  • 内臓脂肪の減少
  • 疲労回復
  • 美肌

酢トマトには、血糖値の上昇を抑制する働きや、内臓脂肪を減少させる作用があるので、ダイエット効果が期待できるそうです。

また疲労回復美肌にも良いようです。
トマトに含まれるクエン酸と酢の酢酸には、疲れを取る効果があり、トマトに含まれるリコピンには、肌の老化を防止する働きがあるので、夏には特におすすめだそうです。

ちなみに柳澤さんは、「酢トマトでやせる!」というレシピ本を執筆しています。

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」2016年7月27日放映)

酢トマトの作り方

酢トマトの作り方

まずは、基本の酢トマトのレシピをご紹介します。

「刻み酢トマト」です。

材料【500ml分:調理時間3分】
トマト 中2個(300g)
1/2カップ
1/2カップ
作り方
  1. トマトを粗めに刻む。
  2. 酢と水を耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。
  3. 1を保存容器に入れ、2を加え、粗熱を取ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

酢トマトの作り方

トマト酢の作り方
【工程1】
まずトマト(中2個:300g)を粗めに刻みます。


酢トマトの作り方
【工程2】
次に酢(1/2カップ)と水(1/2カップ)を耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分30秒加熱します。


酢トマトの作り方
【工程3】
最後にトマトを保存容器に入れ、酢と水を混ぜたものを加えます。


酢トマトの作り方
そしてしばらく置いて、粗熱を取ったら完成です。

酢トマトの賞味期限

酢トマトは、トマトを酢に沈めて冷蔵庫に入れると、1週間ほど日持ちします。

次に、柳澤さんが考案した、酢トマトを使った料理のレシピを3品ご紹介します。

酢トマトの使い方

柳澤さんが考案した酢トマトを使った料理3品と、簡単な食べ方をご紹介します。

酢トマトのブルスケッタ

トマト酢の食べ方

料理の一品目は、「刻み酢トマト ブルスケッタ」です。

材料【2人分:調理時間5分】
刻み酢トマト※ 大さじ3
ガーリックパウダー 少々
少々
コショウ 少々
粉チーズ 大さじ1
オリーブオイル 小さじ2
フランスパン 6切れ
パセリ 適量

※冒頭のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. 刻み酢トマトにガーリックパウダー・塩・コショウを加え、よく混ぜる。
  2. フランスパンの上に1をのせ、粉チーズをふり、オリーブオイルを回しかける。
  3. 2をオーブントースターで焼き、刻んだパセリを散らしたらできあがり。

酢トマトの食べ方
【工程1】
まず、刻み酢トマト(大さじ3)に、ガーリックパウダー(少々)・塩こしょう(各少々)を混ぜます。

刻み酢トマトの量は、フランスパンの大きさや好みによって調整するといいですよ。


酢トマトの食べ方
【工程2・3】
次にフランスパンの上にトマトをのせ、粉チーズ(大さじ1)をふり、オリーブオイル(小さじ2)を回しかけます。

そしてこれをオーブントースターでこんがりと焼きます。


酢トマトの食べ方
最後に刻んだパセリを散らしたら完成です。

シンプルなお料理ですが、さっぱりとした酢トマトに、食欲をそそるニンニクの風味とチーズのコクが加わり、美味しくいただけます。

粉チーズの代わりに、サバ缶ととろけるチーズをのせて焼いても美味しいですよ。

刻み酢トマト そうめんつけダレ

トマト酢の食べ方

次にご紹介するのは「刻み酢トマト そうめんつけダレ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間1分】
刻み酢トマト※ 大さじ2
めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ4
豆乳 1カップ

※ 冒頭のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. 材料すべてを混ぜたらできあがり。

酢トマトの酸味が効いた、さっぱりとしたそうめんつけダレが出来ます。

このつけダレは、そうめんだけでなく、野菜や肉と合わせるのもおすすめだそうです。

ミニトマト酢

続いてご紹介するのは、「スイーツ酢トマト」のレシピです。

材料【調理時間3分/1日置く】
ミニトマト 30個(300g)
きび砂糖(砂糖) 大さじ2
大さじ3
レモン汁 大さじ1
作り方
  1. ミニトマトを縦半分に切り、保存容器に入れる。
  2. きび砂糖・酢・レモン汁を1に加え、1日漬けたらできあがり。

ほんのりと甘いデザート感覚で食べられる酢トマトができます。

そのまま食べるだけでなく、バニラアイスにトッピングしたりするのもおすすめだそうです。

酢トマトの使い方
この酢トマトは、さっと茹でた野菜と合わせて和え物にするのもいいですよ。

醤油やごま油といったお好みの調味料をプラスすると、味変が楽しめます。


酢トマトを使った肉魚料理

また酢トマトの酢には、魚や肉を柔らかくする効果があるので、肉や魚の煮物や炒め物などの風味付けに使うのもおすすめです。


酢トマトドレッシング

トマト酢ドレッシング

最後に残った漬け汁は、ドレッシングにすると美味しいです。

お好みのオイルと塩を混ぜたら完成です。
参考程度にレシピをご紹介します。

材料【60ml分:調理時間2分】
刻み酢トマトの残り汁※ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
サラダ油 大さじ1
小さじ1/2
コショウ 少々

※ 冒頭のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. 材料すべてをフタ付きの保存容器に入れ、白濁するまでよく振ったらできあがり。

さっぱりとしたクセのないドレッシングなので、どんな野菜にも合いますよ。


酢トマト
ところで酢トマトに限らず、野菜や果物の酢漬けは、ダイエットや健康に良いものが多いのでとても人気があります。

上の写真は、わが家の酢漬けのストック。
私は、酢トマト以外にも「レモン酢」や「酢玉ねぎ」や「酢生姜」などもよく作り、その時の気分で、そのまま肉や魚にかけて食べたり料理に使ったりしています。

いろいろな種類をストックしておくと、飽きずに食べられていいですよ。
ご紹介した酢漬けには、すべて酢の健康効果が期待できます。
血糖値上昇を防いだり、内臓脂肪を減らしたり、脂肪燃焼を促進したり、血流を良くする効果です。ダイエットにおすすめです。

関連レシピ