やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

トマトの保存方法!冷凍・冷蔵・常温の保存期間と長持ちのコツ。

投稿日:2016年3月28日 更新日:

トマトの保存方法

トマトの保存方法をご紹介します。

冷凍・冷蔵・常温の3パターンの保存法。
それぞれに長所がありますが、トマトの旨味をしっかりと引き出したいなら、実は冷凍保存がおすすめです。

冷凍すると旨味がアップ

トマトを冷凍すると、トマトの細胞が壊れて、中に閉じ込められている旨味成分が外に出やすくなります。



それによって、美味しさがアップ。
食感は損なわれますが、パスタやカレーなどの具材として加熱調理してしまえば問題ありません。

日持ちの目安は1ヶ月くらいです。

生のまま食べるなら冷蔵

反対に、トマトを冷蔵するメリットは、生のまま美味しくいただけること。



トマトの歯ごたえを楽しみたいなら、やっぱり冷蔵です。

日持ちの目安は2週間くらいです。

常温だとリコピンが増える

一方で、トマトを常温に置いて熟させると、血管の老化を防ぐ効果のある「リコピン」が増加します。



日持ちは2〜3日ですが、トマトの栄養をしっかり摂りたいのなら、常温保存もアリです。


ちなみに、ミニトマトを保存する場合はやり方が少し違いますので、「ミニトマトの上手な保存方法」という別記事をご覧ください。


(一部情報元:テレビ朝日「家事ヤロウ」トマトを丸ごと冷凍する方法 2018年12月1日、TBSテレビ「ジョブチューン」2015年6月13日、テレビ東京「ソレダメ!」2018年8月15日、TBSテレビ「この差って何ですか」2019年4月2日放映)

トマトの保存方法

それでは、トマトの保存方法を写真付きで解説します。

トマトの冷凍

トマトの冷凍保存

冷凍保存期間の目安:1ヶ月

まずは、トマトの冷凍保存から。

トマトを冷凍保存する方法は、2パターンあります。

丸ごと冷凍

1つは、上の写真のように、丸ごと保存袋に入れて冷凍する方法です。
ラップせずに、そのまま保存袋へ。
食品保存アドバイザーの島本美由紀さんによると、トマトの皮がラップ代わりになって酸素から旨味を守ってくれるので、ラップをしなくてもOKだそうです。

この冷凍方法は、手間いらずですし、解凍する際に皮がスルッと簡単にむけるというメリットがあります。
トマトの皮むきをラクにしたいなら、丸ごと冷凍保存がおすすめ。
冷凍トマトの皮のむき方は、リンク先で詳しく紹介しています。


カットしてから冷凍

トマトの冷凍保存
2つめは、カットしてから保存袋に入れて、冷凍する方法です。

解凍せずにそのまま料理に使えるので、このやり方も便利です。
応用編として、トマトソースに加工してから冷凍するという手もあります。


トマトの冷蔵

トマトの冷蔵保存

冷蔵保存期間の目安:2週間

続いて、トマトを冷蔵保存する方法を解説します。

トマトを冷蔵庫で保存する場合は、まずトマトを1個ずつキッチンペーパーで包みます。
キッチンペーパーはクッション代わり。
完熟したトマトは傷みやすいので、外部の衝撃から守ります。

そして、ヘタを下向きにしてポリ袋に入れ、袋の口を軽く閉じて、野菜室に入れます。
トマトはヘタのまわりが最もしっかりしているので、ヘタを下にして置くと、長持ちします。


トマトの常温保存

トマトの常温保存

常温保存期間の目安:2〜3日

こちらは、トマトを常温で保存する方法です。

まだ青いトマトを保存する場合や、あるいは夏以外の季節にトマトを保存する場合は、常温に置くのもアリです。

トマトを1個ずつ新聞紙で包み、ヘタを下にして、冷暗所で保管。
あまり長くは日持ちしないので、早めに使いきってください。

熟させたいなら15~25度に置く

ちなみに、トマトを熟させたい場合は、冷暗所ではなく、15~25度程度の室温に置きます。

トマトは暖かい地域で育つ野菜なので、20度前後の常温で保存すると、収穫後もどんどん熟していきます。
そして、熟せば熟すほど、血管の老化を防ぐ効果のある栄養素「リコピン」の量も増加。
トマトの栄養をしっかり摂りたいという方には、ぎりぎりまで常温保存しておくといいですよ。

ただし、30度を超える場所に置くと傷む可能性が高いので、そういう場合は諦めて冷蔵庫に入れてください。


続いて、トマトの保存食のレシピをご紹介します。

トマトの保存食

トマトの保存食のレシピを3品お伝えします。

トマトの塩漬け

トマトの保存食

塩トマト

まずご紹介するのは、料理に幅広く使える万能調味料、トマトの塩漬けのレシピです。

トマトを塩漬けにして、ニンニクとハチミツを加えたシンプルな一品。
トマトの旨味たっぷりなので、卵焼きの具や、肉や魚の味付け、納豆のトッピングなど色々と使えます。

しかも、このトマトの塩漬けは、数日寝かせることでさらに美味しさがアップ。
トマトが発酵して旨味成分が大幅に増えます。

保存期間:冷蔵で1週間

作り置き
料理研究家の浜田陽子さんのレシピ

10分
トマトニンニクハチミツ

作り方を見る

トマトのオイル漬け

トマトの保存食

トマトのオイル漬け

こちらは、トマトのオリーブオイル漬け。
生のトマトをオリーブオイルと塩に漬けるだけで完成の、超簡単レシピです。

トマトの旨味がぎゅっと詰まっていて、幅広い種類の料理と相性がいいので、万能調味料として使えます。

保存期間:冷蔵で1週間

作り置き
料理研究家の遠藤香代子さんのレシピ

2分
トマトオリーブオイル

作り方を見る

ドライトマト

トマトの保存食

ドライトマト

3品めは、ドライトマトの簡単レシピ。

オイル漬けと乾燥トマトの間くらいの半生タイプのセミドライトマトで、オーブンで焼き上げます。

トマトの旨味と甘みがぎゅっと凝縮した、濃厚な味わいです。
そのまま食べても美味しいですし、料理に使うと味がぐっと引き立ちますよ。

保存期間:冷蔵で4〜5日、冷凍で1ヶ月

料理研究家の村田裕子さんのレシピ

ミニトマトタイムの生葉オリーブオイル

作り方を見る

美味しいトマトの見分け方

最後に、甘くて美味しいトマトの見分け方をご紹介します。

人気トマト農家、井出トマト農園の井出寿利さんのおすすめです。

美味しいトマトの見分け方
  1. 尻の中心から、白い線が放射状に長く伸びている。
  2. 尻にシミ(尻ぐされ)がある。

井出さんによると、尻の中心から白い線が放射状にしっかり伸びているトマトほど、美味しいそうです。
この線は、トマト農家さんの間では「スターマーク」と呼ばれているのだとか。
水分と養分のバランスが一番良い時期に、スターマークが現れるとのことです。

また、水分を抑えてトマトを育てると、お尻にシミ(尻ぐされ)ができることがあるそうです。
見た目が悪いので値段は安いのですが、食べると美味しい。
お尻にシミがあるトマトは、実はかなりお買い得なトマトだそうですよ。

(一部情報元:TBSテレビ「ジョブチューン」超一流農家SP 2015年6月13日放映、テレビ東京「ソレダメ!」2018年8月15日放映)

関連記事

人参の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存の仕方。

人参の上手な保存方法をご紹介します。人参を冷凍する時は、適当な大きさに切って保存用袋に入れ、中の空気を抜きます。(上の写真)人参は生のままで…

とうもろこしの保存。冷凍はイマイチ!冷蔵で早めに食べ切るのがお勧め

とうもろこしを保存する方法をご紹介します。お伝えする保存方法は2パターン。冷凍と冷蔵、それぞれについて解説します。とうもろこしは、わりと足が…

スナップエンドウの保存。冷凍よりも冷蔵!それぞれの保存方法も紹介。

スナップエンドウの「冷凍保存方法」と「冷蔵保存方法」をご紹介します。スナップエンドウは冷凍して保存することもできますが、冷蔵保存までに留めて…

ほうれん草の冷凍保存。美味しさと栄養をキープ!上手な保存方法を紹介。

ほうれん草の上手な保存方法をご紹介します。ほうれん草は、冷凍することで長期間保存ができます。生のまま冷凍保存してもいいですし、茹でるなど加熱…

栗の保存方法と保存期間。長期なら冷凍!皮付きはチルドで甘みアップ。

栗の保存方法をご紹介します。冷蔵なら、皮付きの栗が1ヶ月くらい日持ちします。冷凍の場合は、皮のありなしにかかわらず、だいたい2〜3ヶ月です。…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー195品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ195品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理220品。

作り置きにおすすめの人気レシピを220品ご紹介します。当サイトでは、テ…

最新記事

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

ちくわ大葉チーズのレシピ。人気のしそチーズ巻き!おつまみやお弁当に。

ちくわと大葉(しそ)とチーズを使った、超簡単おかずレシピをご紹介します…

キウイヨーグルトのレシピ。はちみつと食べ合わせると栄養効果アップ!

キウイとヨーグルトを使ったデザートのレシピをご紹介します。キウイを食べ…

キウイの剥き方と切り方。包丁で簡単!皮むきのやり方を動画で解説。

キウイの皮の剥き方と、皮むきしたキウイの切り方をご紹介します。キウイの…

ズッキーニとツナのレシピ。マヨネーズ&シーチキンで作る定番サラダ。

ズッキーニとツナを使ったサラダのレシピをご紹介します。薄切りにしたズッ…