トマトの輪切り。基本の切り方!

トマト輪切り

レシピ動画

トマト輪切り!基本の切り方

トマトの輪切りの切り方を解説します。

切り方は2パターンあります。
トマトを丸ごとのまま切る「基本の輪切り」と、半分にしてから切る「ヘタが取りやすい輪切り」の2つです。

「基本の輪切り」の場合は、トマトを簡単に見た目よく輪切りにすることができます。
一方、「ヘタが取りやすい輪切り」の場合は、トマトの果肉を無駄にすることなく、ヘタを取りのぞけます。

基本の輪切り

トマトのヘタを切る
ヘタを切る
丸ごとのトマトを輪切りにする
輪切りにする
  1. ① トマトのヘタを横に向け、包丁でヘタを切り落とします。
    (ヘタは、ペティナイフなどでくり抜いても良いです。)
  2. ② トマトを端から好みの厚さにスライスしたら、輪切りの完成です。

ヘタが取りやすい輪切り

トマトを半分に切る
半分に切る
トマトのヘタを取る
ヘタを取る
  1. ① トマトのヘタを下にして、半分に切ります。
  2. ② トマトを手でつかみ、ヘタの両サイドからV字に包丁を入れて、ヘタを切り取ります。

半分に切ったトマトを輪切りにする
輪切りにする
輪切りにしたトマト
完成
  1. ③ トマトの断面に並行に包丁を入れ、好みの厚さにスライスしたら、輪切りの完成です。

2種類の輪切りの違い

基本の輪切り

「基本の輪切り」は、料理初心者の方でも、とても簡単にトマトを輪切りにすることができます。
また、仕上がりの断面が放射状に均一になるため、見た目もきれいです。

ただ、ヘタの周囲の果肉がムダになりやすいという欠点もあります。
ひと手間かけて、ペティナイフなど少し小ぶりの包丁でヘタをくりぬいてから輪切りにすると、そうしたムダを抑えることができます。

ヘタが取りやすい輪切り

一方、「ヘタが取りやすい輪切り」は、ヘタの部分だけをムダなく切り取ることができます。
仕上がりの断面が放射状ではなくなるため見た目の面ではやや劣りますが、日常的に使用する切り方としてはとても便利です。

YouTubeのレシピ動画を、最新から順番に時系列でご覧いただけます。

コメント

このお料理についてのご感想などをお寄せください。
サイト運営の参考にさせていただきます。
頂いたコメントには、2〜3日以内にメールアドレス宛に回答いたします。(詳細
メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
なお、頂いたコメント及びその後のメール等でのやり取りは、この欄でご紹介させていただく場合がございます。

関連レシピ