さっぱりとした旨味!トマトめんつゆのレシピ。風味抜群なめんつゆ漬け。

投稿日:2022年8月18日 更新日:

トマトめんつゆ

トマトとめんつゆを使った、美味しいおかずレシピをご紹介します。

トマトを食べやすいサイズに切って、めんつゆとおろし生姜をプラス。
軽く1〜2分漬けた後に、小ねぎを散らしたら完成です。

めんつゆと生姜だけでシンプルに味付けすると、トマトの自然な甘みや風味が引き立ち、サラダ感覚で美味しく食べられます。

わが家で大人気のトマトの簡単冷製おかずです。

レシピ動画

「甘みがさっぱりと引き立つ!トマトめんつゆ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間5分
トマト 1個(150g)
おろし生姜 小さじ1/2
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
小ねぎ 少々

※他の濃度のめんつゆを使う場合は下の文中参照。

作り方

マトのヘタを取ってくし切りにする

まず、トマト(1個:中150g程度)をきれいに洗い、縦半分に切ります。
そして、ヘタを取り除き、8等分くらいのくし切りにします。


トマトとめんつゆとしょうがを混ぜる

次に、トマトをボールに入れ、おろし生姜(小さじ1/2)とめんつゆ(3倍濃縮:大さじ1)を加え、軽く和えます。

少量の生姜とめんつゆだけでシンプルに味付けすると、トマトの風味が良い感じに引き立ちます。

他の濃度のめんつゆを使う場合

めんつゆを他の濃度のもので代用する場合は、めんつゆの量を変更します。
濃度に応じた分量は、下の表をご覧ください。

なお、ストレートのめんつゆを使うと水っぽい仕上がりになるので、濃縮タイプを使うのがおすすめです。

濃度 めんつゆ
2倍濃縮 大さじ1と1/2
3倍濃縮 大さじ1
4倍濃縮 大さじ3/4

めんつゆを他の濃度で代用する方法


トマトをめんつゆに漬ける

続いて、トマトの断面を下にして、重ならないようにしてめんつゆに漬けます。

漬ける時間は、1〜2分でOK。
次の工程で小ねぎを刻みますが、その作業が終わるまで置いておくだけで、味がしっかりと馴染みます。

少し長く漬けて冷やしても美味しい

この「トマトめんつゆ」は、めんつゆに1〜2分漬けるだけでも美味しくいただけますが、しっかり冷やして食べたい場合は、ボールごと冷凍庫に10分ほど入れるのがおすすめです。

時間がある場合は、ボールにラップをかぶせて、冷蔵庫に30分ほど入れるのもアリです。


小ねぎを小口切りにする

続いて、小ねぎ(少々)をきれいに洗い、小口切りにします。


トマトめんつゆ

トマトを皿に盛り、ボールに残っためんつゆの汁をかけ、小ねぎを散らしたら完成です。

トマトにめんつゆをかけるだけだと、少し締まりのない味になりがちです。
でも、そこに生姜と小ねぎを加えることで、風味が大幅にアップ。
トマトの味が引き立って、とても美味しくいただけます。

さっぱりとした味で、和食にも洋食にも合わせやすので、副菜として重宝しますよ。

トマトめんつゆの作り置き

なお、このトマトめんつゆは、冷蔵庫に入れれば多少は日持ちします。

ただ、作り置きはあえてせずに、置いたとしても30分ほどで食べる方が、フレッシュなトマトの魅力が感じられるのでおすすめです。

関連レシピ