やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ピクニック弁当の簡単おしゃれレシピ。おかずは全部で7品。

投稿日:2018年4月6日 更新日:

おしゃれで簡単なピクニック弁当のレシピをご紹介します。

メニューは次の7品です。

メニュー
  1. 料理研究家の堀江ひろ子さんの「グリルチキン」
  2. 料理研究家の坂田阿希子さんの「キャロットラペ」
  3. 坂田阿希子さんの「青豆ピラフおむすび」
  4. 坂田阿希子さんの「ゆで卵のウスターソース漬け」
  5. タレントの北斗晶さんの「海苔チーズ巻き」
  6. 堀江ひろ子さんの「ミルクかぼちゃ」
  7. ブロッコリー・トマト・レタス

このピクニック弁当は、前日の夜に仕込めるメニューが多いので、簡単な下準備さえ済ませてしまえば、朝はラクです。

「キャロットラペ」と「ゆで卵のウスターソース漬け」と「ミルクかぼちゃ」は、完全に作り置きできるので、当日の朝はお弁当箱に詰めるだけです。

また「グリルチキン」は、前日に下味を漬けておけば、朝は焼くだけ。
「青豆ピラフおむすび」は朝作りますが、材料すべてを炊飯器で炊き、おにぎりにしたら完成です。

そして隙間おかずの「海苔チーズ巻」は、わずか30秒で作れますし、ブロッコリーは1分半チンするだけです。

お味の方もどれも美味しいです。
「グリルチキン」は、はちみつの甘みをいかしたほのかなカレー味。子供も喜ぶ親しみやすい味付けです。
「キャロットラペ」は、どんなお料理にも合わせやすいまろやかな味。酢の酸味は控えめです。
「青豆ピラフおむすび」は、旬のグリンピースの美味しさが、バターの風味で引き立ちます。

「ゆで卵のウスターソース漬け」は、ちょっと変わった味付けでアクセントになります。酸味を効かせたちょっぴりスパイシーな一品です。
「海苔チーズ巻」は、焼き海苔とチーズの風味が良く合います。

ちなみにこのお弁当の分量は、4人分が目安になっています。

それぞれのメニューを「前日の仕込み」と「当日の朝の調理」に分けて説明します。


グリルチキンの作り方

まず最初にご紹介するのは「グリルチキン」のレシピです。

このお料理は、前日の夜に鶏肉に下味を付けておきます。朝はグリルで焼くだけで完成します。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間15分/漬ける時間除く】
鶏手羽中 10本
A
醤油 大さじ3
はちみつ 大さじ1と1/2
カレー粉 小さじ1
作り方
  1. 手羽中をキッチンバサミで縦2つに切る。
  2. 1をAに漬け、冷蔵庫に入れて一晩置く。
  3. 2を魚焼グリルに並べ、中火で10分かけて両面を焼いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

前日の夜の仕込み


【工程1】
まず手羽中(10本)をキッチンバサミで縦2つに切ります。包丁よりもキッチンバサミの方が作業しやすいと思います。

ちなみに上の写真の左下に写っているのが、手羽中です。
手羽中には骨が縦に2本通っていますが、骨のちょうど間にキッチバサミを入れて、写真上のように2つに切り分けます。

もし手羽中が手に入らなかったら、手羽先(写真右)を買って、関節部分から切り離すと、太い方が手羽中になります。
こちらもキッチンバサミなどで簡単に切り離せますが、切り方が分からない場合は「手羽先のさばき方」をご覧ください。



【工程2】
手羽元を半分に切ったら、A(醤油:大さじ3、はちみつ:大さじ1と1/2、カレー粉:小さじ1)に漬け込みます。(上の写真)

そして冷蔵庫に入れて一晩置き、味を馴染ませます。

【調理のポイント】
鶏肉は調味料に漬けて一晩置き、味をしっかり染み込ませます。

当日の朝の調理


【工程3】
朝は焼くだけです。

手羽中を魚焼グリルに並べ、中火で10分かけて両面を焼きます。これで完成です。

このグリルチキンは、表面が少し焦げやすいので、たまに様子を見ながら焼くといいですよ。



しばらく置いて冷ましたら、お弁当箱につめます。

はちみつの優しい甘みをいかした、ほんのりスパイシーなグリルチキンが出来ます。

中まで味がしっかり染みるので、冷めても美味しいですよ。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月28日放映)

キャロットラペの作り方

次にご紹介するのは「キャロットラペ」のレシピです。

このお料理は、前日の夜に作ります。
冷蔵庫に一晩置くと、味が馴染んで美味しくなります。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4〜6人分:調理時間8分】
にんじん 2本(300g)
オリーブオイル 大さじ4
少々
A
フレンチマスタード 小さじ2
赤ワインビネガー 小さじ2
砂糖 ひとつまみ
小さじ1/2弱
こしょう 少々
作り方
  1. にんじんを千切りにし、塩(少々)を振ってしばらく置き、余分な水分を出す。
  2. Aをボールに入れ、泡立て器で混ぜる。さらにオリーブオイルを少しずつ加えながら、泡立て器でしっかり混ぜ、とろっとさせる。
  3. 1の水気を軽く絞って2に加え、よく混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

前日の夜の仕込み


【工程1・2】
まずにんじん(2本:300g)を千切りにし、塩(少々)を振ってしばらく置きます。(写真右)

次にA(フレンチマスタード:小さじ2、赤ワインビネガー:小さじ2、砂糖:ひとつまみ、塩:小さじ1/2弱、こしょう:少々)をボールに入れ、泡立て器で混ぜます。
そしてオリーブオイル(大さじ4)を少しずつ加えながら、泡立て器でよく混ぜ、とろっとさせます。(写真左)

【調理のポイント】
オリーブオイルは少しずつ加え、泡立て器でよく混ぜて、乳化させます(油分と水分をしっかり馴染ませます)。

酢は、酸味がまろやかな赤ワインビネガーを使います。



【工程3】
続いてにんじんの水気を軽く絞り、調味料が入ったボールに入れ、よく混ぜたら完成です。

冷蔵庫で3〜4日保存が効くので、お弁当を作る前々日の夜くらいに作っておいても良いと思います。



このキャロットラペは、酸味が穏やかな赤ワインビネガーで味付けするのが特徴で、マイルドで優しい味に仕上がります。
どんなお料理にも合わせやすいキャロットラペですよ。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月28日放映)

青豆ピラフおむすびの作り方

続いてご紹介するのは「青豆ピラフおむすび」のレシピです。

このお料理は、当日の朝に作ると良いと思います。(朝が忙しい場合は、前日の夜に炊いておいて、当日チンして使うのも一つの手です。)

グリンピースを米と一緒に炊き、最後にバターを混ぜたら完成です。

炊き上がりの量(2合分)は、1人分が茶碗1杯強くらいだとして、4人分です。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2合分:調理時間10分/炊飯時間を除く】
グリンピース(※) 100g
2合(360ml)
360ml
小さじ1
バター 大さじ1(12g)

※さやから出したグリンピースを使用。

作り方
  1. 米を研いでザルに上げる。
  2. 1・水・塩を炊飯器の内釜に入れ、グリンピースを加え、普通に炊く。
  3. 2にバターを加え、軽く混ぜたらできあがり。
    好みの形のおむすびにする。

写真をもとにレシピを説明します。

当日の朝の調理


【工程1・2】
まず米(2合:360ml)を研いでザルに上げます。

次に炊飯器の内釜に、米・水(360ml)・塩(小さじ1)を入れ、グリンピース(100g)を加えます。(上の写真)
そしてこの状態で普通に炊きます。



【工程3】
ご飯が炊き上がったら、バター(大さじ1:12g)を加え、軽く混ぜたら完成です。

【調理のポイント】
炊き上がったご飯にバターを加えると、米を炒める手間をかけずに、簡単にピラフ風のお料理が作れます。

ごく普通のピラフは、生の米をバターなどで炒めてから炊きますが、このグリンピースご飯は、炊き上がったご飯にバターを混ぜてピラフ風に仕上げます。



最後にご飯を好みの形に握ったら「青豆ピラフおむすび」が出来ます。

このご飯は、少しかためのパラパラっとしたピラフっぽい仕上がりになるので、もしかしたら少し握りにくいかもしれません。そんな場合はおにぎりにせずに、1人分ずつ小分けにして詰めても良いと思います。

旬のグリンピースの甘みと旨味が、バターの風味と絶妙にマッチしますよ。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月28日放映)

ゆで卵のウスターソース漬けの作り方

次にご紹介するのは「ゆで卵のウスターソース漬け」のレシピです。

このお料理は、前日の夜に仕込み、一晩置いて味を染み込ませます。
当日の朝は、お弁当箱に詰めるだけです。

材料【4人分:調理時間14分/漬ける時間除く】
4個
A
ウスターソース 1/2カップ
1/4カップ
紹興酒(または日本酒) 小さじ1
作り方
  1. 鍋に湯を沸かし、沸騰させる。
    お玉を使って卵を入れ、10分茹でる。
  2. 茹で上がった卵を冷水に取り、殻をむいて保存容器に入れる。
    Aを加え、フタをして冷蔵庫に1〜2日置いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

前日の夜の仕込み


【工程1】
まず鍋に湯を沸かし、沸騰させます。
そしてお玉を使って卵(4個)を割らないようにそっと入れ、10分茹でます。

ちなみに湯の量は卵がかぶるくらい。10分茹でると、かたゆでの茹で卵ができます。



【工程2】
卵が茹で上がったら、冷水に取ります。


そして殻をむいて保存容器に入れ、A(ウスターソース:1/2カップ、酢:1/4カップ、紹興酒または日本酒:小さじ1)を加えます。(上の写真)

そしてフタをして、冷蔵庫に1〜2日置いたら完成です。

卵は調味料に完全に浸らないので、途中で1回ひっくり返すといいですよ。


この味付け卵は、酸味が効いたしっかりめの味付けになっています。
濃い味付けですが意外とさっぱりしているので、私はお弁当の良いアクセントになると思います。ただちょっと変わった味付けでもあるので、好みは別れるかもしれません。

そこでより万人ウケする、めんつゆを使った味付け卵レシピも合わせてご紹介します。
めんつゆを使った味付け卵と言えば、当サイトで1番人気の「世界一美味しい煮卵」がおすすめです。
このお料理は煮卵とは言え、煮ないで作るので、味付け卵と調理は同じです。
リンク先のレシピは、卵を6分茹でて半熟にしますが、茹で時間を10分にすると、お弁当にもぴったりの卵が出来ます。
また卵3個分のレシピになっていますが、味付けがしっかりめなので、同じ漬け汁の量で一度に4個漬けても、けっこう美味しいですよ。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月28日放映)

海苔チーズ巻きの作り方

続いてご紹介するのは「海苔チーズ巻き」のレシピです。

このお料理はたったの30秒で完成するので、当日の朝でもラクに作れます。

材料【2〜3串分:30秒】
海苔 1枚
スライスチーズ 1枚
作り方
  1. 海苔をスライスチーズと同じくらいの大きさの四角形に切り、海苔の上にスライスチーズをのせる。
  2. 1を端からくるくる巻き、6等分する。ピックで2〜3個ずつ刺したらできあがり。

当日の朝の調理


作り方は、この写真を参考にしてください。

ちなみにスライスチーズは、ごく普通のものを使ってください。

最近はゴーダーチーズやチェダーチーズ風のちょっぴりプレミアムなスライスチーズがありますが、ボソッとしていてあまり弾力がないスライスチーズだと、このお料理はきれいに作れません。
選ぶのなら、安いスライスチーズがいいですよ。


まったくの手間なしで作れる隙間おかずですが、海苔とチーズが良く合いけっこう美味しいです。

クルクルした形がとても可愛いので、見た目のアクセントにもなりますよ。

(レシピ情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2017年4月18日放映)

ミルクかぼちゃの作り方

最後にご紹介するのは「ミルクかぼちゃ」のレシピです。

このお料理は、前日の夜に作っておけば、当日の朝はお弁当箱に詰めるだけです。
たったの8分で完成するので、当日作ってももちろんOKです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間8分】
かぼちゃ 200g
コンデンスミルク(加糖練乳) 大さじ2
ひとつまみ
作り方
  1. かぼちゃのタネとワタを取り、ラップをして電子レンジ(600w)で4分加熱する。
  2. 1をフォークで潰し、コンデンスミルクと塩を混ぜる。
    小分けにしてラップで包み、ラップの口をねじって形を整える。
    ラップをそっと外したらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

前日の夜の仕込み


【工程1】
まずかぼちゃ(200g)のタネとワタを取り、ラップをして電子レンジ(600w)で4分加熱します。



【工程2】
次にかぼちゃをフォークで潰します。



続いてかぼちゃにコンデンスミルク(大さじ2)と塩(ひとつまみ)を混ぜます。(写真左奥)

そして小分けにしてラップにのせ(写真右)、ラップの口をねじって包みます。(写真左)
ラップをそっと外したら完成です。

形を整えたら、形が崩れないように少し深めの容器に入れるなどして、フタをして冷蔵庫に入れておきます。
冷蔵庫に入れると、かぼちゃがほど良く固まって、形がしっかりします。

そして当日の朝は、これをお弁当箱に詰めるだけです。



練乳の優しいミルク味がしっとり馴染んだ、ほんのり甘いスイーツが出来ます。

食後のちょっとしたデザートにいいですし、子供にもウケそうです。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月28日放映)


今日のピクニック弁当は、以上7品(グリルチキン・キャロットラペ・青豆ピラフおむすび・ゆで卵のウスターソース漬け・海苔チーズ巻き・ミルクかぼちゃ)をお弁当箱に詰め、ブロッコリーとトマトとレタスを添えたら完成です。

ちなみにブロッコリーは、レンジでチンするとラクです。
加熱時間は100g(1/3株程度)につき、1分30秒〜2分が目安です。
まずブロッコリーを小房に分け、耐熱皿にのせます。そして大さじ1〜2くらいの水を回しかけ、ラップをして600wで1分30秒〜2分加熱したら完成です。
お好みでマヨネーズやドレッシングも添えると良いと思います。

忙しい朝でもラクに作れるピクニック弁当ですよ。

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

サンドイッチのお弁当。具のバリエーション70品まとめ。

お弁当におすすめのサンドイッチの具の種類を70パターンご紹介します。普段のお弁当だけでなく、運動会やお花見や行楽のお供にもぴったりですよ。テ…

手羽中のお弁当レシピ。子供も喜ぶカレー味のグリルチキン。

お弁当にぴったりの鶏手羽中のレシピをご紹介します。料理研究家の堀江ひろ子さんが考案した「グリルチキン」です。ほのかな甘みのあるカレー味のグリ…

お弁当の簡単おかずレシピ。和田明日香さんの、炊き込みご飯。

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。今日のメニューは、次の2品です。「あさリ豚ごはん」は、アサリの水煮缶を使った炊き込みご飯で、材料を炊…

お弁当の超簡単レシピ。ミートボールとうずらの卵のお弁当。

お弁当の超簡単レシピをご紹介します。メニューは次の4品です。このお弁当のおかずは、すべて作り置きできるので、前日の夜に調理できます。夜に作っ…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ご飯の炊き方にはいくつかの方法…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ87選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ87品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

小松菜ウインナー炒めのレシピ。だしの素で簡単!お弁当おかずにもお薦め

小松菜とウィンナーを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ウィンナーと…

小松菜のおひたし!めんつゆを使ったお浸しの簡単レンジレシピ。

小松菜のおひたしの簡単レシピをご紹介します。手軽さが人気の電子レンジレ…

セロリの葉とベーコン炒めのレシピ。セロリの葉っぱの美味しい食べ方!

セロリの葉っぱの簡単で美味しい食べ方をご紹介します。ベーコンをこんがり…

小松菜としらすのレシピ。優しい味わいが魅力!レンジでかんたん和え物。

小松菜としらすを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。電子レンジを活…

セロリの葉のレシピ。洋風スープが旨い!溶き卵を使った簡単な作り方。

セロリの葉を使った、簡単に作れるスープのレシピをご紹介します。セロリの…