やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

投稿日:2017年4月10日 更新日:

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。

セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥させたトマトのことで、水分が少し残っていて柔らかく、そのまま食べることもできます。

一方のドライトマトは、セミドライトマトを更にカラカラに乾燥させた、干しトマトを指します。

セミドライトマトはオーブンで

セミドライトマトを手作りする際には、オーブンを使って、低温でじっくり焼くのがおすすめです。

トースターやグリルを使って焼くこともできますが、焦げやすいのがデメリット。
その点、オーブンであれば、加熱温度を抑えつつ、トマトの水分を効率よく蒸発させることができます。

ドライトマトはオーブン&天日干し

ドライトマトを作る場合は、オーブンを使って一旦セミドライトマトにしたうえで、さらにそれを天日干しすると、スムーズに作業が進みます。

生のトマトをはじめから天日干しするという手もありますが、その方法だと完全に乾燥させるまでに1週間近くかかるため、カビないように管理するのが大変です。

ある程度オーブンで乾燥させてから天日干しする方法だったら、2〜3日もすればカラカラになります。

ミニトマトを使う方が美味しい

なお、使用するトマトについては、ミニトマトの方が美味しくできます。

ミニトマトは元々、普通の大玉トマトとくらべて甘みや酸味がしっかりしているため、乾燥トマトに加工しても、味が濃く感じられます。

さらに言えば、ミニトマトは普通のトマトよりも水分が少ないので、早く干せるというメリットもあります。

ただ、ミニトマトでも普通のトマトでも、水分を飛ばすことで旨味が凝縮して、生のままよりも美味しくなることには違いはありません。

そのため、普通のトマトがたくさんあって使い切れないという場合には、普通のトマトを使うのも十分アリです。

完成したドライ&セミドライトマトは、そのまますぐに料理に使うこともできますが、冷凍したりオイル漬けにしたりすれば日持ちがアップするので便利です。
ストックしておくと、料理の風味付けとして大活躍しますよ。

この記事では、ミニトマトを使った作り方と合わせて、普通のトマトを使った作り方も解説します。

ドライトマトとセミドライトマトの作り方

「ドライトマトとセミドライトマト」のレシピです。

トマトは、ミニトマトか普通のトマトのいずれかを使いますが、両方混ぜて使うこともできます。
その場合は、オーブンの天板に広げられるくらいの量(それぞれを半量くらいずつ)を使ってみてください。

材料
ミニトマトの場合 20個くらい
普通のトマトの場合 中2個くらい

ミニトマトで作る方法


最初に、ミニトマトを使う場合のやり方をお伝えします。

まず、ミニトマト(20個くらい)のヘタを取り除き、横半分に切ります。

縦半分ではなく、横半分に切る理由は、乾燥させやすくするためです。
横に切った方が、内部のゼリー状の部分がきれいに露出しやすいので、その分、水分が蒸発しやすくなります。

横半分に切る際には、トマトのヘタが付いていた部分を真横にして、上から包丁を入れると簡単です。

塩などの味付けをしない

なお、巷のドライトマトのレシピの中には、塩や砂糖やハーブなどを加えるものもあります。

また、スーパーなどでよく見かける市販品のドライトマトは、すごく塩辛かったり、また逆に甘かったりと、味付けがされているものがわりと多いです。

そうしたドライトマトだと使い方が限定されてしまうので、せっかく手作りするのなら、トマトそのものの味を凝縮した、味付けなしのシンプルで使い勝手が良いものを作るのがおすすめです。



続いて、クッキングシートを敷いた天板の上に、それぞれのトマトを少しずつ離して、断面を上に向けて並べます。

お尻部分の水気を拭き取る

この時、トマトのお尻(皮の方)に付いた水気をキッチンペーパーで軽く拭き取っておきます。

トマトのお尻は、天板と接触する部分なので、その部分に付着した水気を取っておくと、オーブンで焼いた時に焦げにくくなります。



オーブンを130°に温めて、1時間ほど焼いたら、セミドライトマトの完成です。

焼いている途中で、焦げそうなトマトがあったら先に取り出してください。



ここからさらにドライトマトを作る場合は、できあがったセミドライトマトを盆ざるの上に少しずつ離して並べて、日光が十分に当たる場所に置きます。

2〜3日ほど昼夜問わず干しっぱなしにして、カラカラになるまで乾燥させたらできあがりです。

日が陰ったら冷蔵庫に入れる

干す場所は、太陽の光が存分に当たる場所であれば、屋内の窓際でもOKです。

途中で天気が曇ってしまった場合は、ラップなどで覆わずに、むき出しのまま冷蔵庫に入れておくと安心です。
冷蔵庫に入れるだけでも少し乾燥しますし、温度が低いのでカビる心配もありません。


大玉トマトで作る方法

続いて、普通のトマトを使う場合のやり方を解説します。


まず、普通のトマト(中2個くらい)を横半分に切り、それぞれを放射状に4等分して、ヘタを取り除きます。

輪切りにしない

普通のトマトは、ある程度小さいサイズに切り分けてから焼きますが、輪切りにはしない方がいいです。

輪切りにすると、皮に覆われていない部分が天板と接することになるので、その部分が焦げやすくなってしまいます。
ですから、上の写真のように、どれも、皮を下にして置けるように切り分けるのがおすすめです。



次に、トマトの中のゼリー状の部分をスプーンできれいにかき出します。

ゼリー状の部分を取り除く

水分を多く含んだゼリー状の部分が残っていると、乾燥しにくいうえに焦げやすいので、あらかじめきれいに取り除きます。



そして、天板の上にクッキングシートを敷いて、皮の部分を下に向けて、少しずつ離して並べます。

皮の部分を下にして並べる

この時、先に紹介したミニトマトを用いた作り方と同様に、皮の水気をキッチンペーパーで軽く拭き取ったうえで、皮の部分を下にして置くと、焦げにくくなります。



オーブンを130°に温めて、1時間ほど焼いたら、セミドライトマトの完成です。

焼いている途中で、焦げそうなトマトがあったら先に取り出してみてください。



ドライトマトを作る場合は、できあがったセミドライトマトを盆ざるの上に少しずつ離して並べ、日光が十分に当たる場所で、カラカラになるまで2〜3日ほど干します。



こちらが、完成したドライトマトとセミドライトマトです。

上半分が、普通のトマトで作ったもので、下半分がミニトマトで作ったもの。
左側がドライトマトで、右側がセミドライトマトです。

ドライトマトの保存方法

できあがったセミドライトマトを保存する際には、オリーブオイル漬けにするのが一番おすすめです。
ドライトマトはオリーブオイルと一緒に使うことが多いですし、味の面からも相性がとても良いです。

セミドライトマトは、水分が少し残っているので常温では日持ちしませんが、オリーブオイルに漬け込めば、冷蔵保存で2ヶ月くらいは大丈夫です。

なお、カチカチに乾燥したドライトマトに関しては、そのままオイル漬けにするのは意味がありません。
単純にオイルに漬けるだけでは柔らかくならないからです。

ドライトマトは、一度お湯で戻してからオイルに漬けると、料理に使いやすくなりますし、常温で半年ほど日持ちします。

より詳しく:ドライトマトオイル漬けの作り方

オイル漬け以外の保存方法

オイルに漬けずに保存する場合は、保存期間が短くなります。

セミドライトマトの場合だったら、冷蔵で5日、冷凍すれば1ヶ月です。

ドライトマトだったら、常温で1ヶ月。
ただ、安心して長期保存したい場合は、冷蔵もしくは冷凍するのがおすすめです。
冷凍すれば半年くらいは余裕で使えます。

ドライトマトの食べ方・使い方

ドライトマトの食べ方としては、まず一番におすすめしたいのは、そのまま食べてみることです。
生のままのトマトと比べると、甘みや旨味が凝縮されているので、格段に美味しくなっています。

料理に使うのなら、最も人気があるのは、やはりパスタです。
ニンニクや唐辛子と合わせてペペロンチーノ風にすると、ドライトマト自体のおいしさがそのまま楽しめます。

ドライトマトを使ったパスタと、セミドライトマトを使ったパスタ、それぞれのレシピを別記事で紹介していますので、リンク先も参考にしてください。

パスタ以外の活用法だったら、スープの風味づけにしてもいいですし、サラダの具材に使ってもおいしいです。
パン生地などに練り込んで使うのもいいですよ。

ドライトマトの戻し方

料理に使うにあたっては、セミドライトマトであれば、戻さずにそのまま使えます。

一方で、カチカチに乾燥したドライトマトの場合は、そのままだと食感がかたいので、細かく刻むか、あるいは、柔らかく戻してから使うのがおすすめです。

ドライトマトの戻し方は、熱湯に10分ほど浸す方法に加え、熱湯に酢を加える方法もあります。
戻し方の違いについては、別記事「ドライトマトの戻し方」で解説しています。

手間いらずで料理に使えるので、ぜひ活用してください。

人気レシピ集食材

トマトのレシピ(16品)

関連記事

風味凝縮!セミドライトマトのパスタレシピ。半乾燥トマトで濃厚仕上げ。

セミドライトマトを使ったパスタのレシピをご紹介します。セミドライトマトとは、半乾燥させたトマトのこと。乾物と言えるほどには乾いてお…

水にひたすとプルンと長持ち!ミニトマト(プチトマト)の保存・冷凍方法

ミニトマト(プチトマト)の上手な保存方法をご紹介します。ミニトマトは、基本的には普通サイズのトマトと同じように保存できますが、冷蔵…

極上のおつまみ!ドライトマトのオイル漬け。オリーブ油で保存性UP。

ドライトマトのオリーブオイル漬けのレシピをご紹介します。ドライトマトには、完全に乾燥したドライトマトと、半乾燥状態の柔らかいセミド…

冷凍すると旨味アップ!トマトの保存方法と保存期間。これが長持ちのコツ。

トマトの保存方法をご紹介します。冷凍・冷蔵・常温の3パターンの保存法。それぞれに長所がありますが、トマトの旨味をしっかりと引き出し…

旨味を丸ごと!ドライトマトの濃厚パスタ。ペペロンチーノ風レシピ。

ドライトマトが主役の、シンプルなパスタの作り方をご紹介します。ドライトマトの濃厚な存在感がクセになる、ペペロンチーノ風パスタのレシ…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

こんがり甘い!焼きトマトのレシピ。フライパンで簡単トマトソテー。

トマトの甘みが堪能できる、焼きトマトの作り方をご紹介します。フライパンを使ったシンプルなトマトソテーのレシピ。トマトをこんがりと焼…

ドライ大葉(乾燥大葉)の作り方。風味をキープして保存期間アップ!

「ドライ大葉」の作り方をご紹介します。ドライ大葉とは、大葉を乾燥させたもののこと。水分が抜けてパリパリになっているので、手でこすり…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

この焼き方が一番旨い!グリルで焼きしいたけ。イチオシ丸焼きレシピ。

味良し、見た目良し!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋レシピ。鰹だしが好相性

クセがなくてメチャ旨!甘酒プリンのレシピ。蜂蜜とレモンが味の決め手。

人気の韓国風おかず!小松菜ナムルのレシピ。ごま油&鶏ガラで旨い。

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

この焼き方が一番旨い!グリルで焼きしいたけ。イチオシ丸焼きレシピ。

焼きしいたけのおすすめレシピをご紹介します。生しいたけの焼き方についてです。しいたけの丸焼きを作るのなら、魚焼きグリルを使うのが一…

味良し、見た目良し!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋レシピ。鰹だしが好相性

白菜と豚肉を具材にした、ミルフィーユ鍋のレシピをご紹介します。白菜と豚バラ肉を交互に鍋に詰めて、何層にも折り重なるパイ生地のような…

クセがなくてメチャ旨!甘酒プリンのレシピ。蜂蜜とレモンが味の決め手。

フルフルの食感と深い甘みがクセになる、甘酒プリンのおすすめレシピをご紹介します。米麹を使った甘酒で作る、極上スイーツのレシピです。…

人気の韓国風おかず!小松菜ナムルのレシピ。ごま油&鶏ガラで旨い。

小松菜を使った、韓国風ナムルのレシピをご紹介します。鶏ガラスープの素とごま油で味付けをして、コクと旨みをアップさせた一品。にんにく…

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

刻み昆布をたっぷりと使った、旨味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。乾燥タイプの刻み昆布(切り昆布)を使うレシピになっていて…