風味凝縮!セミドライトマトのパスタレシピ。半乾燥トマトで濃厚仕上げ。

投稿日:2021年8月26日 更新日:

セミドライトマトのパスタ

セミドライトマトを使ったパスタのレシピをご紹介します。

セミドライトマトとは、半乾燥させたトマトのこと。
乾物と言えるほどには乾いておらず、水分がある程度残っているため、トマトのフレッシュな風味と凝縮された濃厚な旨みが、ダブルで味わえるのが特徴です。

パスタとの相性が抜群で、セミドライトマトを加えるだけで、パスタの味が格段にアップ。
生のトマトを使った場合とくらべると、水気が少ない分、しっかりとした骨太の味に仕上がります。

なお、セミドライトマトは、市販品が手に入りづらいので、手作りする方法も合わせて解説します。

レシピ動画

「濃厚シンプル!セミドライトマトのパスタ」のレシピです。

材料

1人分:調理時間13分
パスタ 90g
セミドライトマト※ 30g
にんにく 1かけ(6g)
赤唐辛子 1/2本
オリーブオイル 大さじ2
塩こしょう 好みで適量

※塩味が付いていないものを使う。手作りする場合は下の文中参照。

作り方

セミドライトマトを手作りする方法

セミドライトマトは、市販品を使ってもいいですし、手作りしてもいいです。
いずれにしても、塩味が付いていないものを用意してください。

ちなみに、市販品は、スーパーなどではあまり見かけません。
ネットでは入手できますが、セミドライトマトは、買い物に行くくらいの短い時間で簡単に作れるので、手作りしても全く苦になりません。
オーブンを使えば、隙間時間で作れます。


ミニトマトを半分に切る
ミニトマトの水分を拭き取る

セミドライトマトを作るには、まず、ミニトマトのヘタを取って横半分に切り、お尻(皮の方)に付いた水気をキッチンペーパーで軽く拭き取ります。


ミニトマトを天板の上に並べる
次に、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。

手作りのセミドライトマト

そして、130°に温めたオーブンで、1時間ほど焼いたら完成です。

なお、セミドライトマトは、普通のトマトでも作れますが、ミニトマトで作る方が美味しいです。

より詳しく:セミドライトマト・ドライトマトの作り方


セミドライトマトパスタの作り方

続いて、セミドライトマトを使ったパスタの作り方をお伝えします。

セミドライトマトパスタの具材を切る

【工程1】
まず、セミドライトマト(30g)を少し小さめに切り、にんにく(6g)を薄切りにして、赤唐辛子(1/2本)を小口切りにします。


パスタを茹でる

【工程2】
次に、鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯1リットルにつき大さじ1/2)を加えて、パスタ(90g)を茹ではじめます。

茹で時間は、袋に記載された指定時間よりも1分ほど短くすると、食感がほど良く残った仕上がりになって美味しいです。


ニンニクと赤唐辛子とオリーブオイルをフライパンに入れて香りを立たせる

【工程3】
続いて、にんにく・赤唐辛子・オリーブオイル(大さじ2)をフライパンに入れ、火にかけて香りを立たせます。


セミドライトマトとパスタの茹で汁を加える

にんにくの良い香りがしてきたら、火を弱め、セミドライトマトとパスタの茹で汁(100ml)を加えます。


セミドライトマトを煮て柔らかくする

そして、トマトをヘラで軽くつぶしながら、汁気が少なくなるまで中火〜弱めの中火で2〜3分煮ます。


セミドライトマトのソースにパスタを加える

パスタが茹で上がったら、ザルに上げて水気を切り、フライパンに加えます。


パスタにセミドライとトマトのソースを絡める

そして、軽く混ぜて、セミドライトマトのソースを絡めます。
ここで味見してみて、塩気が足りない場合は少し補ってみてください。


セミドライトマトパスタ

お好みで、こしょう(適量)を振ったら完成です。

トマトの風味がギュッと凝縮された、濃厚な味のスパゲティ。
爽やかな酸味と深い旨みが口のなかに広がります。

セミドライトマトをパスタの具材にすると、トマトの味が濃く感じられて、美味しさが格段にアップしますよ。

関連レシピ