やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

舞茸ダイエットのレシピ。舞茸茶の作り方とダイエット効果!

投稿日:2018年7月27日 更新日:

舞茸茶を使った、舞茸ダイエットのやり方をご紹介します。
舞茸ダイエットは、多くのテレビ番組で取り上げられる人気のダイエット法です。

舞茸ダイエットの第一人者、神戸薬科大学名誉教授の難波宏彰さんによると、舞茸は脂肪分解効果があるので、ダイエットにとても良いそうです。

煮出すとダイエット効果がアップ

でも普通に調理するだけでは、その効果は数分の一しか得られないとのこと。
舞茸はそのまま食べるのではなく、煮出してお茶にして飲むと、ダイエット効果が数倍に跳ね上がるそうです。

そこで今回は、難波さんがすすめる舞茸ダイエットの方法をお伝えします。
やり方はとてもシンプルです。
舞茸茶を1日500mlずつ飲むだけでOK。
舞茸茶の作り方も簡単で、舞茸を30分間煮出すだけで完成します。

舞茸茶のアレンジレシピ

ただ、舞茸茶には難点もあります。
それは、味が飲みづらいこと。
中には、舞茸茶はまずいと感じる方もいるかもしれません。
そういう場合は、少しアレンジをして、舞茸茶にトマトジュースを混ぜたり、スープにして飲むのもおすすめです。
それらのレシピも合わせてお伝えします。

ちなみに、フジテレビの「梅ズバ」によると、舞茸茶には、中性脂肪を抑制する効果もあるとのことです。


(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」2018年9月6日放映・2018年7月26日放映、フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!(梅ズバ)」まいたけ茶 2019年3月13日放映)

舞茸茶の作り方

舞茸ダイエットには、食事制限は一切ありません。
舞茸茶を1日500mlずつ飲むだけです。

難波さんが考案した「まいたけ茶」のレシピをご紹介します。

材料【400ml分:調理時間30分】
舞茸 1パック
600ml
作り方
  1. 600mlの湯を沸かし、舞茸を入れる。
    フタをして30分煮出したらできあがり。
    好みでレモン汁(少々)を加えると、飲みやすくなる。
  2. 1を朝昼晩の毎食前に少しずつ飲み、1日で500ml飲み干すと、ダイエット効果がある。

写真をもとにレシピを説明します。


材料は舞茸だけです。



【工程1】
まず鍋に600mlの湯を沸かし、舞茸(1パック)を入れます。

舞茸が湯に完全に浸かるのであれば、ほぐさずに丸ごと入れてしまっても良いようです。



そしてフタをして、30分煮出したら完成です。



30分後は、湯の色が濃い茶色に変わり、舞茸は色素が抜けて白っぽくなります。

レシピ通りに作ると、出来上がりの量は、400〜450mlくらい。
これは1日分にも満たない量なので、本格的にダイエットをしたいと考えている方は、ある程度まとめて作るといいですよ。



このお茶は、毎食前に少しずつ飲み、1日で500ml分を飲み干すと、ダイエット効果が期待できるそうです。
食事の前に飲むと栄養の吸収が良いので、効果が高くなるのだそうです。

夏は冷やして飲むのがおすすめだそうです。

舞茸茶の保存期間

舞茸茶の日持ちの目安は、冷蔵で2〜3日くらいです。
わりと足が早い方なので、時間が経過した舞茸茶は様子を見ながら飲むといいですよ。



お味の方は、独特の苦味とエグミがあるので、そのままでは飲みにくいです。
レモンを絞るとさっぱりしてやや飲みやすくなりますが、それでも好みは分かれると思います。

正直申しまして、私は、一口飲んだだけでこれでダイエットを続けるのは無理だと思いました。
ただ私の友人は意外とイケると言っていたので、人によると思います。
ご興味のある方はお試しください。

舞茸ダイエットには舞茸スープがおすすめ

舞茸ダイエットをしたい方には、舞茸茶よりも、「舞茸スープ」の方が飲みやすいのでおすすめです。

考案者は、この舞茸茶と同じ、難波宏彰さん。
作り方は、舞茸茶と同じく、舞茸を30分煮出します。
違いは、舞茸を細かく切って、最後に塩こしょうで軽く味付けするところ。
これだけで、グッと飲みやすくなります。
健康効果も変わりませんので、リンク先も合わせて是非ご覧ください。


舞茸茶がダイエットに効果的な理由

ところで、なぜ舞茸は、普通に食べるのではなく、煮出して飲む方がダイエット効果が高いのでしょうか?

難波さんによると、舞茸には「MXフラクション」という脂肪分解を促進する成分が含まれています。
でも「MXフラクション」は、菌糸の硬い殻の中にあるので、普通に食べても摂取できません。この成分は、100度以上の湯の中で時間をかけて煮出さないと、溶け出て来ないそうです。
ですから舞茸のダイエット効果をいかすには、煮出すというひと手間が必要なのだそうです。

とは言え、30分火にかけておくだけですから、ちょっとした片手間で作れると思います。


最後に、情報元のテレビ番組で話題になった「まいたけ茶」が美味しく飲めるレシピを3品ご紹介します。
そのままでは飲みにくい場合は、次のレシピを試すのがおすすめだそうです。

舞茸茶のアレンジレシピ

「まいたけ茶」のアレンジレシピを3品ご紹介します。

まいたけトマト茶

まずご紹介するのは、おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎さんがすすめる、「まいたけトマト茶」のダイエットレシピです。

材料【1人1日分:調理時間1分】
まいたけ茶 ※1 500ml
トマトジュース ※2 500ml

※1 冒頭のレシピで作ったもの。
※2 トマトピューレ(200g)で代用すると、ダイエット効果がさらに期待できる。

作り方
  1. まいたけ茶とトマトジュースを1:1の割合で混ぜ、朝昼晩の食前に1日合計1リットル飲む。

大竹さんによると、この「まいたけトマト茶」は、「まいたけ茶」の脂肪燃焼効果に加え、便秘解消の効果をプラスしたレシピになっています。

「まいたけ茶」にトマトジュースを加えると、トマトの水溶性食物繊維が摂れるため、お通じが良くなり、また空腹を抑える効果が期待できるそうです。
それがさらに高いダイエット効果に繋がるとのことです。

ちなみにトマトジュースをトマトピューレで代用すると、ダイエット効果がもうワンランクアップするようです。
トマトピューレには、普通のトマトのおよそ1.5倍の食物繊維が含まれているので、便秘解消効果や空腹を抑える効果がさらに高まるということです。


気になるお味の方ですが、普通のまいたけ茶とくらべるとずっとマシです。
かなり飲みやすくなります。
でも、美味しいわけではありません。
舞茸の苦味によってトマトジュースの風味が感じられなくなりますし、トマトジュースを薄めることでなんだかぼやけた味になります。
ただ、そういう「美味しさ」を求めるレシピではないので、これはこれでありだと思います。

代謝が落ちやすく便秘になりやすい40代以上の女性に是非飲んで欲しい、最強のドリンクだそうですよ。

舞茸コーヒー&舞茸ラーメン

次にご紹介するのは、人気ビストロ「フレンチオー・ギャマン・ド・トキオ」の木下威征シェフが考案した「まいたけコーヒー」です。

作り方はとても簡単。
「まいたけ茶」に、挽いていないコーヒー豆(適量)を入れ、冷蔵庫に1日入れるだけです。
味がすっきりして、とても飲みやすくなるそうです。

コーヒーに限らず、何らかの風味で「まいたけ茶」の苦味を覆い隠すのは有効だと思います。
木下シェフによると、「まいたけ茶」にアップルティーのティーバックを入れるのも良いとのこと。

ただこれも、「まいたけ茶」のトマトジュース割りと同じく、あくまで飲みやすくするためのレシピと考えた方が良さそうです。


最後にご紹介するのは、完全予約制の人気ラーメン店「ゲンエイワガン」の入江瑛起シェフが考案した「まいたけ茶ラーメン」のレシピです。

まず「まいたけ茶」にだし醤油(適量)を混ぜ、ラーメンのスープを作ります。
そして出がらしの舞茸をオリーブオイルでカリッと炒め、具材にしたら完成です。
麺や他の具材はお好みです。

「まいたけ茶」をだし汁と考えると、料理のバリエーションはいくらでも増やせそうです。

味の方は、試していないですし、ちょっと想像できないので、何とも言えません。
ご興味のある方は、お試しください。

ちなみに難波さんによると、ダイエット効果のある舞茸の「MXフラクション」は、再加熱しても壊れないので、安心して料理に使えるそうですよ。

ところで当サイトでは「糖質制限ダイエットの人気レシピ」や「やせるおかずで有名な柳澤英子さんの人気レシピ」も紹介しています。
どちらもダイエットに役立ちますので、合わせて是非ご覧ください。

関連記事

煮出し舞茸スープのレシピ。血糖値と中性脂肪の抑制、ダイエットに効果。

健康に良い舞茸スープのレシピをご紹介します。舞茸ダイエットの第一人者、神戸薬科大学名誉教授の難波宏彰さんが考案した「煮出し舞茸スープ」です。…

舞茸の糖質制限レシピ。血糖値スパイクの予防に効く料理。

舞茸を使った血糖値をおさえる料理のレシピをご紹介します。内科医の泰江慎太郎さんによると、舞茸は「血糖値スパイク」を予防する効果があるそうです…

舞茸とごぼうのきんぴらレシピ。甘辛な醤油味がクセになる作り置き。

舞茸とごぼうで作る、きんぴらの簡単レシピをご紹介します。料理研究家の木田マリさんが考案した「マイタケとゴボウの簡単きんぴら」。TBSの「この…

緑茶コーヒーダイエットのやり方&効果。作り方は混ぜるだけ!

テレビで話題の人気のダイエット法、「緑茶コーヒーダイエット」。この記事では、「緑茶コーヒーダイエット」の方法と、その効果をご紹介します。ダイ…

ローストビーフ丼のレシピ。みきママのフライパン料理。

おうち料理研究家のみきママが考案した、「ローストビーフ丼」のレシピをご紹介します。ローストビーフは、フライパンで作ります。しっとり柔らかく焼…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ87選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ87品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ。

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

ささみの冷凍保存方法。調理に使うのは自然解凍後がお薦め!冷蔵も解説。

ささみの上手な冷凍保存の方法と冷蔵保存の方法をご紹介します。鶏ささみを…

ささみ大葉チーズのレシピ。フライパンで簡単!ささみのしそチーズ焼き。

鶏ささみと大葉(しそ)とチーズを使った、食べごたえのある人気おかずのレ…

長ネギと豆腐の味噌汁レシピ。シンプルが一番!具は豆腐と長ネギだけ。

長ネギと豆腐を使った味噌汁のレシピをご紹介します。さいの目に切った豆腐…

かぼちゃの味噌汁レシピ。具は豆腐&ネギ!甘みを引き出す作り方。

かぼちゃの甘みを生かした味噌汁のレシピをご紹介します。組み合わせる具は…