バター醤油でこんがり旨い!舞茸のバターソテーのレシピ。

投稿日:2021年3月26日 更新日:

舞茸のバターソテー(バター炒め)

舞茸だけで作れる、和食にも洋食にも合わせやすいおかずレシピをご紹介します。

舞茸をバターでこんがりと焼き、醤油の香ばしい風味をプラス。
塩こしょうで味を整えたら完成です。

調理のポイントは、舞茸をなるべくほぐさずに使うこと。
根元部分の厚さが揃う程度に、横向きに切り分けると、見た目も豪華に仕上がります。

舞茸のバター醤油ソテー

レシピ動画

「舞茸のバター醤油ソテー」のレシピです。

材料

2人分:調理時間7分
舞茸 1パック(100g)
有塩バター 10g
醤油 小さじ1/2
塩こしょう 少々

作り方

舞茸の厚さを同じくらいに切り分ける

【工程1】
まず、舞茸(1パック:100g程度)の根元部分に厚みがある場合は、横から包丁を入れて、厚さをなるべく均等にします。

厚さをならしたら、それでOK。
舞茸は、仕上がりの見た目が豪華になるように、なるべくほぐさずに塊のまま焼きます。


舞茸をバターで炒める

【工程2】
次に、フライパンにバター(10g)を溶かし、舞茸を並べ、中火から弱めの中火で5分ほど焼きます。

舞茸の傘の部分には色が濃い面と薄い面がありますが、どちらの面から焼いても構いません。

ただ、個人的には、上の写真のように、色が薄い面を下にして焼き始めるのがおすすめです。
舞茸は、一度ひっくり返してから醤油を絡めますが、最後に色が濃い面がフライパンに密着していた方が、表面に醤油の色がきれいに付いて、盛り付けた時に美味しそうに見えるからです。


舞茸の裏面もバターで炒める

5分焼いている間に、一度ひっくり返して、もう片面にも美味しそうな焼き目を付けます。


ソテーした舞茸を醤油で味付けする

【工程3】
最後に、火を止めて、醤油(小さじ1/2)を回しかけ、舞茸を少し動かして、フライパンに接している方の面全体に馴染ませます。

醤油は少量で焦げやすいので、火を止めてから加えてください。


ソテーした舞茸に塩コショウをふる

塩こしょう(少々)で味を整えたら完成です。


舞茸バター醤油炒め(バター醤油ソテー)

キレイな焼き色が印象的な、舞茸のバターソテー。
バター醤油の香ばしい風味に包まれて、たっぷりの舞茸がとても美味しくいただけます。

いろいろなお料理と合わせやすいので、夕食の副菜として便利ですよ。

関連レシピ