風味良し!舞茸とごぼうの甘辛炒め。作り置きにも便利なきんぴらレシピ。

投稿日:2019年1月16日 更新日:

舞茸ごぼう

舞茸とごぼうで作る、風味豊かなきんぴらのレシピをご紹介します。

すこし多めのごま油でごぼうを炒めて、舞茸を合わせ、醤油やみりんで甘辛く味付けしたらできあがり。
しっかりとしたコクのある味に包まれて、ごぼうと舞茸の味が引き立ちます。

ご飯との相性がバツグンですよ。


舞茸とごぼうのきんぴら

「風味良し!舞茸とごぼうの甘辛炒め」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間10分
舞茸 1パック(100g)
ごぼう 1本(150g)
ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
みりん 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1と1/3

作り方

ごぼうを皮ごと斜め薄切りにし、舞茸を手で裂く
まず、ごぼう(1本:150g)を皮ごと斜め薄切りにし、舞茸(1パック:100g)を手で裂いて、食べやすい大きさにします。

ごぼうは皮ごと使うのがおすすめです。
その方が、風味が良いですし、栄養も無駄なく取れます。


ごぼうを水にさらしてアク抜きをする
そして、ごぼうをたっぷりの水に5分ほどさらし、アク抜きをします。
5分経ったら、ザルに上げて水気を切ります。

水の量は、ごぼうが余裕で浸るくらい使ってください。
あまりアクを抜き過ぎると、ごぼうの風味が乏しくなるので、水を替えたり洗ったりせずに、そのまま5分ほどさらすのがおすすめです。


ごま油でごぼうを炒める
次に、フライパンにごま油(大さじ1)を入れ、ごぼうを加え、中火で3分ほどじっくり炒めます。


炒めたごぼうに舞茸を加える
3分ほど経ったら、舞茸を加え、1分ほど炒めます。


ごぼうと舞茸に調味料を加えて味付けをする
続いて、砂糖(小さじ1/2)・みりん(大さじ1と1/2)・醤油(大さじ1と1/3)を加えます。


ごぼうと舞茸を汁気がなくなるまで炒める
汁気が無くなるまで炒めたら完成です。


舞茸とごぼうの甘辛炒め
ごぼうは、すこし多めの油を使ってじっくりと炒めているので、適度に柔らかくなり、シャキシャキとした食べやすい食感に仕上がります。

お味の方は、甘辛でややしっかりめの味付け。
ご飯にとてもよく合います。

舞茸とごぼう炒めの食べ方

舞茸とごぼうの甘辛炒めの食べ方
ところで、この炒めものは、おかずとして普通にいただく以外にも、いろいろな使い道があります。

  • 生卵やネギと合わせて丼にする。
  • パスタやうどんの具にする。
  • 卵とじやオムレツの具にする。
  • お弁当おかずにする。

とても便利に使えるので、作り置きしておくと重宝します。

舞茸とごぼうの甘辛炒めの保存方法 日持ちについては、冷蔵保存で5日程度と考えてください。

関連レシピ