おからパウダーコーヒーの作り方と効果。お手軽ダイエットレシピ!

投稿日:2019年5月22日 更新日:

おからパウダーコーヒー

人気のダイエット食材「おからパウダー」を使った、簡単ダイエットメニューをご紹介します。

コーヒーにおからパウダーを混ぜた「おからパウダーコーヒー」。
NHKの「あさイチ」で話題になりました。

このダイエットメニューは、いつもの一杯におからパウダーをふりかけるだけなので、とても簡単。
手間がかからないので、続けやすいです。
しかも、おからパウダーだけでなく、コーヒーにも痩せる効果が期待できるようです。

おからパウダーコーヒーを美味しく飲むコツ

とは言え、おからパウダーはコーヒーになかなか溶けないので、ボソッとした口当たりがイケてない、まずいという意見も聞かれます。
そうした点をカバーして、おからパウダーコーヒーを美味しく飲むには、次のことに気をつけるといいですよ。

おからパウダーには、粒子が粗いタイプ細かいタイプ(超微粉)があります。
コーヒーに混ぜるのなら、細かいタイプがおすすめ。
コーヒーとの馴染みが比較的良くなります。

また、飲む際に、よく混ぜることも大事です。
しっかり混ぜるだけでも、全然違いますよ。



(レシピ情報元:NHK「あさイチ」2019年5月22日放映、日本テレビ「得する人損する人」2018年9月6日放映)

おからパウダーコーヒー基本!

おからパウダーコーヒー

まずご紹介するのは、ダイエット外来医の工藤孝文さんが考案した「おからパウダーコーヒー」。

シンプルな基本レシピです。

材料【1人分:調理時間1分】
おからパウダー ティースプーン1〜2杯
インスタントコーヒー 1人分
作り方
  1. インスタントコーヒーを湯(適量)で溶かし、おからパウダーを加えて混ぜる。
  2. コーヒータイムなどに飲むと、満腹感を感じやすく、そのあとの食事の食べ過ぎ予防になる。

調理のポイントは、コーヒーに砂糖などの糖分を一切加えないことです。
ちなみにコーヒーは、インスタントではなく、レギュラーでももちろんOKです。

お味の方は、おからを使ったソイラテ風といった感じです。

コーヒーのキレのある香りや味が失われて丸くなり、また後味におからをうっすらと感じるので、コーヒー好きには少し物足りないと思います。
でも決して不味くはありません。
おからパウダーが手軽に摂れる良い方法だと思います。

初心者におすすめ

おからパウダーコーヒーを飲んでみたいという方は、まずこのレシピを試すことをおすすめします。

すでにお伝えした通り、おからパウダーはコーヒーに溶けないので、よく混ぜながら飲むのがポイント。

もし、飲みにくいと感じたら、次のちょい足しアレンジレシピを試してみてください。

おからパウダーコーヒー飲みやすい!

おからパウダーコーヒー

次にご紹介するのは、おから料理研究家の高橋典子さんが考案した「おからパウダーコーヒー」です。

材料【1人分:調理時間1分】
おからパウダー ティースプーン1杯
コーヒー 1人分
牛乳または豆乳 70ml
シナモンパウダー 5振り
作り方
  1. コーヒーを好みの濃さに入れ、カップに入れる。(※)
    温めた牛乳または豆乳を注ぐ。
  2. おからパウダー・シナモンパウダーを加え、よく混ぜたらできあがり。

※コーヒーの量は、牛乳と同量の70mlくらいがおすすめだそうです。

レシピ考案者の高橋さんによると、牛乳・シナモン・バニラなどの風味をコーヒーにプラスすると、おからパウダーのパサパサ感が気にならなくなるそうです。

当サイトでは、こちらのコーヒはまだ試していませんが、先に紹介した基本のレシピが飲みにくい方でも、これだったら続けられそうですよ。

おからパウダーコーヒーの効果

ところで、おからパウダーコーヒーの効果をまとめると次のようになります。

満腹感を得やすい

工藤さんによると、おからパウダーコーヒーを飲むと、満腹感が得られるので、その後のドカ食いを防ぐことができるそうです。

おからパウダーは、水を含むと3倍に膨張します。
それと同じことがお腹でも起こるので、満腹感が出やすくなります。

ちなみに、コーヒーを飲むタイミングは、いつものコーヒータイムで良いそうです。

やせホルモンの分泌が増える

また、おからパウダーを摂ると、やせホルモンと言われている「アディポネクチン」を増やすことができるそうです。
そうすると、運動と同様の脂肪燃焼効果が期待できるとのことです。

工藤さんによると、太る人と太らない人の違いは、体内で分泌される痩せホルモン「アディポネクチン」の量にあります。
太る人は痩せホルモンが少なく、太らない人は痩せホルモンが多い。
でも、おからパウダーを摂ると、無理なく、アディポネクチンを増やすことができるのだそうです。

ちなみにコーヒーにも、アディポネクチンの効果を高める働きがあるそうです。

食欲抑制効果がある

また、おからパウダーに含まれる大豆たんぱく質には、食欲抑制効果があると言われているとのこと。

おからパウダーの痩せホルモンを増やす効果と、大豆たんぱく質の食欲抑制効果が合わさると、無理なく痩せることができるそうなんです。


おからパウダーダイエット

ところで当サイトでは、工藤さんが考案した「おからパウダーダイエット」をリンク先で詳しく紹介しています。

ダイエット法が数多ある中で、おからパウダーダイエットはとても人気があります。
今回紹介した「おからパウダーコーヒー」で痩せないと感じた方は、こちらのダイエット法を是非試してみてください。

やり方は、おからパウダーを料理にふりかけるだけ。
おからパウダーは料理の味を邪魔しないので、ほぼいつも通りの食事ができます。

リンク先では、おからパウダーで作れるケーキやお好み焼きのレシピなども紹介していますので、合わせて参考にしてください。

ダイエット外来専門医の工藤孝文さんのレシピ

作り方を見る

緑茶コーヒーダイエット

また、当サイトでは、工藤さんが考案した「緑茶コーヒーダイエット」も紹介しています。

こちらは、コーヒーに緑茶を混ぜるだけです。
コーヒー好きだったら、こちらも試してみるといいですよ。

ダイエット外来専門医、工藤孝文さんのレシピ

1分
緑茶コーヒー

作り方を見る

関連レシピ