さつまいもを電子レンジでチンする方法。浜内千波さんの、焼き芋の作り方。

2016/09/27

さつまいも レンジ 焼き芋

料理研究家の浜内千波さんがすすめる、電子レンジで、サツマイモをチンする方法をご紹介します。

「手間がかかって面倒くさい」とか「ホクホクにならない」などの理由で、自宅で焼き芋をする方は少ないようです。
でも浜内さんによると、電子レンジを使うと、簡単に美味しい焼き芋が作れます。

(情報元:TV「グッド!モーニング」イマ知るラボ 2014年10月7日放映)

スポンサーリンク

さつまいもをレンジでチンする方法

さつまいも レンジ 焼き芋

自宅で焼き芋を作る場合、オーブンを使う方は多いと思います。

でも浜内さんによると、電子レンジを上手に使うと、オーブンで焼くのと同じくらい、甘くて美味しい焼き芋が作れます。

調理のポイントは、2つあります。

1つは、電子レンジを弱にすること。
低温で時間をかけて加熱すると、サツマイモは甘くなります。
通常500~600Wの設定になっている電子レンジを、あえて100Wに下げて使います。

ちなみに、わが家の電子レンジの弱は200Wですが、それでも十分美味しくできましたよ。

もう1つは、キッチンペーパーとラップで、サツマイモをしっかり包むことです。

さつまいもをレンジでチンする方法
  1. 洗ったさつまいもをキッチンペーパーで包み、さらにその上からラップを巻く。
  2. 電子レンジ(100w)で15分加熱する。
    (200Wの場合は7分30秒。芋の大きさによっても、時間が前後します。)
  3. 好みで、フライパンで表面に焦げ目をつけたらできあがり。

さつまいも レンジ 焼き芋
まずさつまいもを、キチンペーパーで包みます。

さつまいも レンジ 焼き芋
さらにその上から、ラップで包みます。

この状態で電子レンジに入れます。
100wで15分、200wで7分30秒です。

ちなみに私は、260gくらいのサツマイモを使いましたが、200w・7分30秒でちゃんと火が通りました。

さつまいも レンジ 焼き芋
加熱し終えたサツマイモのラップを外すと、キッチンペーパーが少し湿っています。

さつまいも レンジ 焼き芋
フライパンで焼かずに、私はそのまま食べました。

ホクホクとした甘い焼き芋が出来ましたよ。

ちなみにサツマイモに何も巻かずに、そのまま電子レンジで加熱すると、パサパサしてしまいます。
またラップで包むだけでキッチンペーパーを使わないと、芋の水分で、ヘニャへニャっとした仕上がりになります。

ラップには、芋の水分を逃がさない働きがあります。
またキッチンペーパーは、過剰に出たサツマイモの水分を吸い取ってくれます。

ラップとキッチンペーパーは、必ず両方使いましょう。

【追記】
後日、この浜内さんの方法よりも、さらに甘くしっとり仕上がる、レンジを使ったサツマイモの加熱法を知りました。

サツマイモを水で濡らしたキッチンペーパーで包み、レンジの「解凍モード」で20分加熱します。
詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

浜内流さつまいものレシピ

さつまいも レシピ 浜内千波

最後に、浜内さんが考案した、焼き芋を使ったレシピもご紹介します。

「焼き芋サラダ」です。

材料
皮をむいた焼き芋300g
牛乳大さじ2
マヨネーズ大さじ2
塩・コショウ各少々
スライスアーモンド5g
作り方
  1. 焼き芋(50g)はフォークでつぶし、牛乳とマヨネーズを混ぜる。塩・コショウで味を整える。
  2. 残りの焼き芋(250g)は、厚さ1センチの半月切りにする。
  3. 1と2を和える。皿に盛って、仕上げにスライスアーモンドを散らしたらできあがり。

さつまいも レシピ 浜内千波

サツマイモの甘みが効いた、クリーミーなサラダです。

スポンサーリンク

画像引用元:焼きいも by Mayuki SawatariSweet Potato “Naruto Kintoki” (Tokushima, Japan) by t-mizo

スポンサーリンク