やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもの茹で方!茹で時間は何分?時短なら丸ごとよりも切ってから

投稿日:2019年10月16日 更新日:

さつまいもの上手な茹で方をご紹介します。

さつまいもは、切ってから茹でる場合と、丸ごと茹でる場合とでは、茹で時間がかなり異なります。

1センチ輪切りは茹で時間5分

例えば、さつまいもを1センチ幅の輪切りにしてから茹でる場合。
この場合は、中まで火が通りやすいため、5分ほどで茹で上がります。

忙しい朝のお弁当作りなどには、この茹で方が便利です。

丸ごと茹でた方が甘い

一方で、さつまいもを丸ごと茹でる場合は、普通サイズで30分くらいかかります。

丸ごと茹でると、茹で時間が余計にかかるものの、さつまいもらしいホクホク食感がやや出やすく、また、甘みや栄養も比較的逃げにくいというメリットがあります。

これら2パターンの茹で方を、ケースバイケースで使い分けるのがおすすめです。

それぞれの茹で方について、詳しくお伝えします。

さつまいもの茹で方【切ってから】時短

最初にご紹介するのは、輪切りにしたさつまいもを鍋で茹でる方法です。

ここでは、例として1センチ幅に切っていますが、お好みでもう少し厚めに切ってもいいですし、あるいは、輪切りではなく違う切り方をしても構いません。

材料【調理時間7分】
さつまいも 好みの量
好みで適量※

※ 塩の量は水1リットルに対して10g(大さじ1/2)くらいがおすすめ。

作り方
  1. さつまいもを1センチ幅の輪切りにする。(好みの切り方でもOK。)
    好みで皮をむき、色良く仕上げたい場合は水にさらす。
  2. さつまいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え、好みで塩を足し、火にかける。
    沸騰したら火を弱め、竹串がすっと通るまで5分ほど茹でる。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、さつまいもを1センチの輪切りにします。

厚みがあると茹で時間が長くなる

さつまいもの使用用途によって、切り方を変えてももちろんOKです。
厚みがある方が、茹で時間が長くなります。

1センチの輪切りだったら、茹で時間は5分くらい。
1.5センチの輪切りだったら、8分くらいです。

さつまいもを色良く仕上げる

さつまいもを色良く茹で上げたい場合は、あらかじめ水にさらすといいです。

水にさらすと、変色の原因になるアクやでんぷんを取り除くことができるので、比較的きれいな黄色に茹で上がります。

水にさらす時間は5分くらいがおすすめですが、さっと洗う程度でも少し効果があります。
反対に、見た目を重視したい場合は、30分くらい浸してもいいです。

ただ、水にさらす時間が長くなるほど、さつまいもの旨味や栄養も一緒に流れてしまいます。

皮を厚めにむくとなめらかな食感に

また、さつまいもで「きんとん」などを作る場合には、皮を厚めにむくのがおすすめです。

皮の近くは繊維が多いため、そこを取り除くと、比較的なめらかな食感に仕上がります。



【工程2】
次に、さつまいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え、火にかけます。
さつまいもは水から茹でます。

この時、お好みで水の重量の1%くらいの塩を加えると、さつまいもの甘みが引き立ちます。

たとえば、水を1リットル使う場合の塩の量は、10g(大さじ1/2くらい)です。



そして、沸騰したら火を弱め、さつまいもが柔らかくなるまで茹でます。

弱火で時間をかけて茹でると甘くなる

さつまいもは、低温でじっくり時間をかけて加熱した方が甘みが出るので、時間がある場合は、火を弱くして茹でるのがおすすめです。



竹串がすっと通るまで茹でたら完成です。

1センチ幅の輪切りだったら、5分ほどで茹で上がります。

さつまいもを切ってから茹でると、しっとりとした食感が出やすいのが特徴です。


次に、さつまいもを丸ごと茹でる方法をご紹介します。

丸ごと茹でると時間がかかりますが、さつまいもの甘みや栄養が逃げにくいというメリットがあります。

さつまいもの茹で方【丸ごと】甘め


丸ごと茹でる場合は、まず、さつまいも(好みの量)をきれいに洗い、鍋に入れます。
そして、かぶるくらいの水を加え、火にかけます。

丸ごと茹でる場合も、お好みで塩を加えるといいです。
1リットルの水に対して、塩は大さじ1/2くらいです。



沸騰したら火を弱め、さつまいもを茹でます。

茹で時間は、普通サイズのさつまいも(250g)だったら30分くらい。
ただ、太さなどによって茹で時間は変わりますので、少し余裕を持って調理してください。



竹串がすっと通ったら、茹で上がりです。



さつまいもを切らずに丸ごと茹でると、ホクホクした食感がやや出やすく、また、旨味や栄養も比較的流れにくいです。

時間がある時には、丸ごと茹でるのもいいですよ。


さつまいもの電子レンジを使った茹で方

ところで、今回はさつまいもの茹で方を2通り紹介しましたが、さつまいもは、電子レンジを使って茹でることもできます。

レンジで茹でると、鍋で茹でるよりもやや甘みが出にくい反面、湯に浸けない分、栄養の流失が少ないです。

また、食感も変わります。
丸ごとのさつまいもを鍋で茹でるよりも、さらにホクホクした食感に仕上がります。

レンジでさつまいもを茹でる方法については、リンク先で詳しく紹介しています。
合わせて参考にしてください。

作り方を見る

関連記事

里芋の茹で方と茹で時間。皮付きと皮なしのそれぞれのメリットとやり方。

里芋(さといも)の上手な茹で方を動画で解説します。里芋は、沸騰した湯に入れるのではなく、水から茹でる方が甘みが出やすいです。茹で時間は、中く…

アスパラの下ごしらえと茹で方。アスパラガスの下処理と茹で時間を解説。

アスパラの下ごしらえの方法と、下処理したアスパラの美味しい茹で方をご紹介します。アスパラの根元部分は硬いので、茹でても柔らかくなりづらいです…

じゃがいもを茹でるならこの方法!茹で方&茹で時間を分かりやすく解説。

じゃがいものおすすめの茹で方をご紹介します。紹介するのは、鍋を使った茹で方を2つと、レンジを使った茹で方を1つです。また、記事の最後には、茹…

水菜の茹で方。茹で時間は10秒。シャキシャキおひたしも簡単に作れる!

水菜の茹で方と茹で時間を解説します。水菜は、葉が柔らかいうえに茎もとても細いので、ごく短時間で茹で上がります。茹で時間は、トータルで10秒ほ…

豆苗の茹で時間は30秒ほど。おひたしやサラダにも使える茹で方を解説!

豆苗の茹で方と茹で時間について解説します。豆苗を茹でるコツは、短時間でさっと湯がくことです。茹で時間は30秒ほど。茹でる際に塩を少し加えると…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…