やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

投稿日:

さつまいもの栄養についてお伝えします。
さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

さつまいもの栄養と効果効能


さつまいもの主成分はでんぷんで、ビタミン類やミネラルの含有量も多いです。
また、食物繊維も豊富で、他には、さつまいもの独自成分であるヤラピンや、紫色の色素成分アントシアニンなども含んでいます。

でんぷん

さつまいもには多くのでんぷんが含まれていますが、このでんぷん(糖質)は、人間が生きていくのに必要なエネルギーを生み出す成分です。
不足すると、疲労感に襲われたり、集中力が落ちたりするので、適度に摂取する必要があります。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、免疫力の向上に役立つほか、老化の抑制やガン予防などの効果も期待でます。
さつまいものビタミンCはでんぷんに包まれているので、熱にさらされても壊れにくいという特徴があります。

カリウム

カリウムは、細胞の浸透圧を調整してくれる成分です。
塩分を体外に排出するのに役立ちます。

食物繊維

食物繊維には便秘を予防する働きがあるため、ダイエットや美容にも役立ちます。

ヤラピン

ヤラピンは、さつまいもを切ったときに滲み出てくる白い液体のことで、さつまいもにしか含まれていない成分です。
皮の部分に多く含まれていて、腸の働きを助ける働きがあり、こちらも便秘予防の効果が期待できます。

アントシアニン

アントシアニンは、さつまいもの皮に含まれるポリフェノールの一種です。
活性酸素を抑える働きがあるため、老化の抑制や生活習慣病の予防などに効果が期待できます。

さつまいもの調理法と食べ方


続いて、栄養面からもおすすめな、さつまいもの調理法と食べ方についてお伝えします。

低温でじっくり加熱する

さつまいもを加熱すると、でんぷんが麦芽糖(マルトース)という糖分に変化して、甘みが格段にアップします。
これはβアミラーゼという酵素の働きによるもので、このβアミラーゼには、温度が60〜70度のときに最も活発になるという特徴があります。
90度以上になると働かなくなるので、さつまいもを高温で加熱するのはNGです。

ちなみに、麦芽糖には発酵作用があり、腸の働きを活発にする効果も期待できると言われています。

さつまいもの加熱法としては、「蒸す」・「茹でる」・「焼く」などがありますが、いずれの場合もポイントは同じです。
比較的低めの温度でじっくりと加熱することが大切。

当サイトでは、それぞれの加熱法について別記事で詳しく解説しているので、リンク先もぜひ参考にしてください。


また、さつまいもは電子レンジを使って甘みを引き出すこともできます。
低温もしくは解凍モードにセットして、時間をかけて加熱することで、レンチンでも甘く仕上がります。


皮ごと食べる


さつまいもの皮には、ヤラピンやアントシアニンが多く含まれるほか、食物繊維やカルシウムも豊富です。
ですから、栄養面を重視するのなら、さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめです。

皮を強く洗いすぎない

皮を食べる際には泥などの汚れが気になるところですが、店頭に並んでいるものは比較的汚れが少ないので、スポンジなどで優しく洗う程度で問題なく食べられます。

逆に、タワシでゴシゴシ洗ってしまうと、皮が破損してせっかくの栄養が流れ出てしまうことも。

さつまいもの皮は、あまり強く洗いすぎない方が栄養をムダなく摂ることができます。


冷やして食べる

加熱したさつまいもを冷やすことによって、でんぷんの一部がレジスタントスターチという成分に変化します。

このレジスタントスターチには消化されにくいという特徴があり、消化されずに大腸まで届いて善玉菌のエサとなるので、食物繊維と同じように腸内環境を整える働きがあります。
便秘解消に役立つほか、血糖値を抑える効果も期待できると言われています。

せっかく加熱したさつまいもを冷まして食べるのは少し寂しい感じもしますが、ダイエット中の方は、試してみるのもいいと思います。


さつまいものおすすめレシピ

さつまいもは加熱してそのまま食べるのも美味しいですけど、ひと手間かけて、料理の具材にするのもおすすめです。

ここからは、さつまいもを使ったレシピをご紹介します。

さつまいもを皮ごと使うレシピ

まずは、さつまいもを皮ごと使うレシピです。

詳しい作り方は、それぞれのリンク先をご覧ください。

なお、さつまいもの素揚げは、油で揚げるので、でんぷんが麦芽糖に変化する温度よりも高温になります。
ただ、はちみつを使ったディップソースを付けることでしっかりとした甘みが加わって、とても美味しいですよ。


さつまいものサラダ

続いては、さつまいもを使ったサラダのレシピです。

3つともさつまいもの皮をむいて使うレシピになっていますが、皮の栄養をムダにしたくない場合は、むかずに使ってもOKです。

また、さつまいもの加熱方法もお好みのもので構いません。
茹でたり蒸したりしてもいいですし、手軽に済ませたい場合はレンチンでも大丈夫です。


以上、さつまいもの栄養と、おすすめの食べ方についてお伝えしました。
さつまいもは、主食の代わりになるほど炭水化物が豊富なうえに、ビタミンやミネラルも多く含まれています。

栄養面でとても優秀な食べ物なので、旬の時期には、積極的に食事に取り入れるのがおすすめです。

関連記事

いよかんの栄養。薄皮も栄養豊富!おすすめの食べ方と調理法も紹介。

いよかんの栄養についてお伝えします。いよかんに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

ダブルの抗酸化力!甘夏(夏みかん)の栄養を解説。皮も食べると効能UP

甘夏(夏みかん)に含まれる栄養成分と、その効果効能について解説します。甘夏は、夏みかんの一種です。甘夏を含めた夏みかん全般は、果物…

じゃがいもの栄養。皮付き調理でビタミンCをキープ!レシピも紹介。

じゃがいもの栄養についてお伝えします。じゃがいもに含まれる栄養の健康効果と、じゃがいもの上手な調理法についてです。

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分に…

ブロッコリーの栄養成分と健康効果を解説。栄養を逃さない食べ方も!

ブロッコリーに含まれる栄養と、栄養を逃さない食べ方についてお伝えします。

ゴーヤの栄養。苦みにも栄養あり!ゴーヤの栄養成分を逃さない食べ方。

ゴーヤに含まれる栄養とその効果、また、栄養を効率よく摂る方法をご紹介します。ゴーヤの主要な栄養成分はビタミンCです。他にも、カロテ…

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キ…

人参の栄養と健康効果。加熱・すりおろし・皮ごと調理で栄養アップ!

人参には、カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に注目すべき栄養素は、βカロテン。人参…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

斜めにカット!しいたけのそぎ切りのやり方。火の通り易さ&味染みがUP

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

斜めにカット!しいたけのそぎ切りのやり方。火の通り易さ&味染みがUP

しいたけの「そぎ切り」の切り方を解説します。そぎ切りとは、包丁を斜めに寝かせて、食材をそぐように切り分ける方法です。しいたけをそぎ…

最新記事

風味豊かな甘辛煮!干し椎茸の佃煮。スライスもホールも使えるレシピ。

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

風味豊かな甘辛煮!干し椎茸の佃煮。スライスもホールも使えるレシピ。

干し椎茸を甘辛く煮付けた、旨味たっぷりなおかずレシピをご紹介します。干し椎茸の佃煮レシピ。少量の生姜を加えて風味良く仕上げるのがコ…

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

電子レンジで簡単に作れる、トマトと卵の洋風おかずのレシピをご紹介します。トマトを角切りにして卵と混ぜて、マヨネーズやコンソメで味付…

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

切り干し大根を使った台湾風の卵焼きレシピをご紹介します。台湾では菜脯蛋(ツァイプータン)と呼ばれていて、現地の屋台でもお馴染みのお…

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…