やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

投稿日:

さつまいもの栄養についてお伝えします。
さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

さつまいもの栄養と効果効能


さつまいもの主成分はでんぷんで、ビタミン類やミネラルの含有量も多いです。
また、食物繊維も豊富で、他には、さつまいもの独自成分であるヤラピンや、紫色の色素成分アントシアニンなども含んでいます。

でんぷん

さつまいもには多くのでんぷんが含まれていますが、このでんぷん(糖質)は、人間が生きていくのに必要なエネルギーを生み出す成分です。
不足すると、疲労感に襲われたり、集中力が落ちたりするので、適度に摂取する必要があります。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、免疫力の向上に役立つほか、老化の抑制やガン予防などの効果も期待でます。
さつまいものビタミンCはでんぷんに包まれているので、熱にさらされても壊れにくいという特徴があります。

カリウム

カリウムは、細胞の浸透圧を調整してくれる成分です。
塩分を体外に排出するのに役立ちます。

食物繊維

食物繊維には便秘を予防する働きがあるため、ダイエットや美容にも役立ちます。

ヤラピン

ヤラピンは、さつまいもを切ったときに滲み出てくる白い液体のことで、さつまいもにしか含まれていない成分です。
皮の部分に多く含まれていて、腸の働きを助ける働きがあり、こちらも便秘予防の効果が期待できます。

アントシアニン

アントシアニンは、さつまいもの皮に含まれるポリフェノールの一種です。
活性酸素を抑える働きがあるため、老化の抑制や生活習慣病の予防などに効果が期待できます。

さつまいもの調理法と食べ方


続いて、栄養面からもおすすめな、さつまいもの調理法と食べ方についてお伝えします。

低温でじっくり加熱する

さつまいもを加熱すると、でんぷんが麦芽糖(マルトース)という糖分に変化して、甘みが格段にアップします。
これはβアミラーゼという酵素の働きによるもので、このβアミラーゼには、温度が60〜70度のときに最も活発になるという特徴があります。
90度以上になると働かなくなるので、さつまいもを高温で加熱するのはNGです。

ちなみに、麦芽糖には発酵作用があり、腸の働きを活発にする効果も期待できると言われています。

さつまいもの加熱法としては、「蒸す」・「茹でる」・「焼く」などがありますが、いずれの場合もポイントは同じです。
比較的低めの温度でじっくりと加熱することが大切。

当サイトでは、それぞれの加熱法について別記事で詳しく解説しているので、リンク先もぜひ参考にしてください。


また、さつまいもは電子レンジを使って甘みを引き出すこともできます。
低温もしくは解凍モードにセットして、時間をかけて加熱することで、レンチンでも甘く仕上がります。


皮ごと食べる


さつまいもの皮には、ヤラピンやアントシアニンが多く含まれるほか、食物繊維やカルシウムも豊富です。
ですから、栄養面を重視するのなら、さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめです。

皮を強く洗いすぎない

皮を食べる際には泥などの汚れが気になるところですが、店頭に並んでいるものは比較的汚れが少ないので、スポンジなどで優しく洗う程度で問題なく食べられます。

逆に、タワシでゴシゴシ洗ってしまうと、皮が破損してせっかくの栄養が流れ出てしまうことも。

さつまいもの皮は、あまり強く洗いすぎない方が栄養をムダなく摂ることができます。


冷やして食べる

加熱したさつまいもを冷やすことによって、でんぷんの一部がレジスタントスターチという成分に変化します。

このレジスタントスターチには消化されにくいという特徴があり、消化されずに大腸まで届いて善玉菌のエサとなるので、食物繊維と同じように腸内環境を整える働きがあります。
便秘解消に役立つほか、血糖値を抑える効果も期待できると言われています。

せっかく加熱したさつまいもを冷まして食べるのは少し寂しい感じもしますが、ダイエット中の方は、試してみるのもいいと思います。


さつまいものおすすめレシピ

さつまいもは加熱してそのまま食べるのも美味しいですけど、ひと手間かけて、料理の具材にするのもおすすめです。

ここからは、さつまいもを使ったレシピをご紹介します。

さつまいもを皮ごと使うレシピ

まずは、さつまいもを皮ごと使うレシピです。

詳しい作り方は、それぞれのリンク先をご覧ください。

なお、さつまいもの素揚げは、油で揚げるので、でんぷんが麦芽糖に変化する温度よりも高温になります。
ただ、はちみつを使ったディップソースを付けることでしっかりとした甘みが加わって、とても美味しいですよ。


さつまいものサラダ

続いては、さつまいもを使ったサラダのレシピです。

3つともさつまいもの皮をむいて使うレシピになっていますが、皮の栄養をムダにしたくない場合は、むかずに使ってもOKです。

また、さつまいもの加熱方法もお好みのもので構いません。
茹でたり蒸したりしてもいいですし、手軽に済ませたい場合はレンチンでも大丈夫です。


以上、さつまいもの栄養と、おすすめの食べ方についてお伝えしました。
さつまいもは、主食の代わりになるほど炭水化物が豊富なうえに、ビタミンやミネラルも多く含まれています。

栄養面でとても優秀な食べ物なので、旬の時期には、積極的に食事に取り入れるのがおすすめです。

関連記事

いよかんの栄養。薄皮も栄養豊富!おすすめの食べ方と調理法も紹介。

いよかんの栄養についてお伝えします。いよかんに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

じゃがいもの栄養。皮付き調理でビタミンCをキープ!レシピも紹介。

じゃがいもの栄養についてお伝えします。じゃがいもに含まれる栄養の健康効果と、じゃがいもの上手な調理法についてです。

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

ブロッコリーの栄養成分と健康効果を解説。栄養を逃さない食べ方も!

ブロッコリーに含まれる栄養と、栄養を逃さない食べ方についてお伝えします。

ゴーヤの栄養。苦みにも栄養あり!ゴーヤの栄養成分を逃さない食べ方。

ゴーヤに含まれる栄養とその効果、また、栄養を効率よく摂る方法をご紹介します。ゴーヤの主要な栄養成分はビタミンCです。他にも、カロテンやビタミ…

おすすめ記事

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

皮ごと使って風味良く!みかんジャムの作り方。マーマレード手作りレシピ

みかんジャムのレシピをご紹介します。外皮や薄皮も一緒に使った、風味豊か…

旬の風味を堪能!いよかんマーマレードの作り方。苦味を抑えた簡単ジャム

いよかんジャムのおすすめの作り方をご紹介します。苦味をすこし抑えめにし…

牛肉とエリンギ炒めのレシピ。にんにくでコク旨!かんたん甘辛おかず。

牛肉とエリンギの甘辛炒めのレシピです。ニンニクとごま油で風味付けするこ…

かぼちゃとひき肉の煮物レシピ。豆板醤とにんにくでピリ辛あんかけ風。

ひき肉とかぼちゃを使った、ご飯によく合う煮物のレシピをご紹介します。甘…

さつまいも蒸しパン。バターのコクが好相性!小麦粉を使った簡単レシピ。

シンプルで美味しい、さつまいも蒸しパンのレシピをご紹介します。バターを…