さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

投稿日:2019年10月31日 更新日:

さつまいもの素揚げ

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。

さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。
油で揚げることで水分が蒸発するので、味がギュッと凝縮されて、さつまいもの美味しさがさらにアップします。

揚げたてをそのまま食べても十分満足できますし、シンプルに塩か砂糖をまぶすのもいいです。

おすすめディップ2種も紹介

ちょっとリッチな食べ方としては、「マヨはちみつ」や「クリームチーズはちみつ」を付けるのもおすすめ。

さつまいもの素揚げのおすすめソース これら2つのソースと一緒に食べることで、コクと風味が格段に跳ね上がります。
やみつきになる美味しさです。

このさつまいもの素揚げは、おかずとしても、おやつとしても大活躍。
手軽に作れるので、ぜひお試しください。

さつまいもの素揚げのレシピ

「さつまいもの素揚げ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
さつまいも 1本(200g)
サラダ油 適量
塩・砂糖・はちみつディップ※ 好みで適量

※「マヨはちみつ」と「クリームチーズはちみつ」が超おすすめ。作り方は下の文中参照。

カロリー
1人分223kcal

さつまいもの素揚げの作り方

さつまいもをスティック状に切る
【工程1】
まず、さつまいも(1本:200g)を皮ごと1センチ角のスティック状に切ります。


さつまいもを水にさらす
次に、さつまいもを水にさらします。

さらす時間は、5分くらいでOKです。

【調理のコツ】
さつまいもを水にさらすと、表面のでんぷんが取れるので、揚げた時の焦げ付きを防ぐことができます。

さつまいもの水気をキッチンペーパーで拭き取る
そして、さつまいもの水気をキッチンペーパーなどでしっかり拭き取ります。

【調理のコツ】
水気をしっかり拭き取ると、さつまいもを揚げた時に油はねしません。

サラダ油をフライパンで温める
【工程2】
続いて、フライパンにサラダ油を1センチくらい注ぎ、180度くらいまで温めます。

180度を見極めるコツは、菜箸の先端を油に浸けてみることです。
油に浸かった部分全体から細かい泡が出てきたら、180度くらいに温まっています。


さつまいもの素揚げのカロリーを抑える揚げ方
油が温まったら、さつまいもを入れ、3〜4分ほどかけてこんがりと揚げます。

油をよく切ったら完成です。


さつまいもの素揚げ
揚げたてのさつまいもは、そのまま食べても十分美味しいです。
ぜひアツアツをお召し上がりください。

お好みで塩を振ると、さつまいもの甘みが引き立ちますし、さつまいもの甘みが少ない場合は、砂糖を振ってもいいです。

2種類のはちみつディップ

上の食べ方でも十分美味しいですけど、一番おすすめの食べ方は、「マヨはちみつ」と「クリームチーズはちみつ」を付けることです。

さつまいもの素揚げのおすすめソース この2種類のディップは、さつまいもの素揚げととてもよく合います。

食べ始めると止まらなくなる美味しさなので、是非お試しください。

作り方はとても簡単です。

「マヨはちみつ」は、マヨネーズとはちみつを1:1で混ぜるだけ。
「クリームチーズはちみつ」は、クリームチーズとはちみつを3:1の割合で混ぜるだけです。

いずれも、重さではなく、ざっくりと見た目で測ればOKです。

マヨネーズやクリームチーズの爽やかな酸味にはちみつのコクのある甘みが加わって、さつまいもの素揚げが超豪華なスイーツになりますよ。


ところで、さつまいもの素揚げは出来たてをいただくのが一番美味しいですけど、冷蔵や冷凍もいちおう可能です。

どちらの場合も、小分けにしてラップで包み、保存袋に入れます。
冷蔵保存で4日、冷凍保存で1ヶ月ほど日持ちします。
解凍は、レンジで温めるのがおすすめです。

関連レシピ