石垣まんじゅうのレシピ。朝食におすすめです。

投稿日:2010年3月14日 更新日:

石垣だんご,石垣まんじゅう,さつまいも,蒸しパン,レシピ

今日は、重曹を使ったまんじゅうのレシピをご紹介します。

上の写真は、私がつくった朝ごはんです。
見た目は蒸しパンっぽいですけど、これは「石垣まんじゅう(石垣だんご)」と呼ばれています。
さつまいもが、生地から石垣のように突き出ているように見えるので、石垣まんじゅう。面白い名前です。

ところで「石垣まんじゅう」は、九州特有の郷土料理だと私はずっと思ってました。
でもよく調べてみたら、どうやら違うようです。

ふるさとの家庭料理」という本によると、九州地方だけでなく、香川県大川郡や神奈川県相模原市でも、古くから親しまれてきたそうです。
むかしは、米や麦などの貴重な穀物を節約するために、さつまいもをこんな風にしてせっせと食べていたんですね。

「石垣まんじゅう」はとても簡単なので、忙しい朝にもおすすめです。
今朝は、おひたしや煮物など和風のおかずと一緒に、蒸したてのホカホカをいただきました。

石垣饅頭の作り方

石垣だんご,石垣まんじゅう,さつまいも,蒸しパン,レシピ

「石垣まんじゅう」のレシピです。

材料【直径5センチ 4個分】
サツマイモ 60g
A
中力粉(※) 100g
ブラウンシュガー 大さじ1
小さじ1/4
重曹 小さじ1/5
小さじ1
50cc

※薄力粉でもOK。ただしその場合は、水の量を加減する。

作り方
  1. サツマイモは、1センチのさいの目に切る。塩少々を加えた水(分量外)に、サツマイモをさっとくぐらせる。ザルにあげて水気を切る。
    蒸し器を火にかける。
  2. Aの材料すべてをボールに入れ、なめらかな生地になるまでこねる。
  3. さつまいもの水気をキッチンペーパーなどで拭き取り、2に加えて混ぜる。
  4. 3を4等分し、さつまいもを内側に包み込むようにして丸める。(さつまいもが生地の外側についたままだと、生地が膨らんだ時にポロッと取れてしまうことがあります。)
    5センチ角に切ったアルミホイルの上にこの生地を1つずつのせ、蒸気が上がった蒸し器に入れて、強火で15分蒸したらできあがり。

とても簡単です。是非お試しください。

関連レシピ