やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

投稿日:2018年9月21日 更新日:

さつまいもの保存方法をご紹介します。

紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・「冷凍」の3パターンの保存方法です。

涼しい季節であれば、さつまいもは常温保存がおすすめです。
暑い季節には、冷蔵庫の野菜室。
調理済みのさつまいもの場合は、冷凍保存もありです。

この記事では、保存方法のほかに、さつまいもの保存期間や理想的な温度などもお伝えします。

また、記事の最後にさつまいもの品種ごとの特徴も記載しましたので、あわせてご覧ください。

さつまいもの保存方法(常温)

常温での保存期間:1ヶ月

まず最初にご紹介するのは、さつまいもを常温で保存する方法です。

材料
さつまいも 適量
手順
  1. さつまいもを新聞紙で1本ずつ包み、カゴやダンボールに入れ、冷暗所に置く。

さつまいもの保存は、じゃがいもと同じように常温保存が基本です。
新聞紙にくるんで冷暗所に置きます。

さつまいもがたくさんあって困るという時にも、比較的涼しい時期であれば、この方法で常温に置くのがおすすめです。

ちなみに冷暗所とは、涼しくて風通しが良くて、なおかつ日の当たらない場所のこと。
でも、マンションで暮らしていたりすると、そういったスペースってなかなかないですよね。

気温の低い季節なら、廊下や食器棚の隅などいくつか選択肢があるとは思いますが、夏場はきびしいです。

家の中に冷暗所がないという場合には、次に紹介する、冷蔵庫の野菜室で保存する方法がベターです。

さつまいもの保存方法(冷蔵庫)

冷蔵での保存期間:1ヶ月

さつまいもを冷蔵庫の野菜室で保存する方法です。

手順
  1. さつまいもを新聞紙で1本ずつ包み、ビニール袋に入れて口を軽くとじる。
  2. 1を冷蔵庫の野菜室で保存する。

おなじ冷蔵庫でも野菜室(5〜7度)以外は寒すぎるためNGです。

また、野菜室で保存する場合には、冷気対策のために新聞紙でくるみ、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れます。

夏の保存は冷蔵がおすすめ

さつまいもを夏場に保存する場合は、冷蔵がおすすめです。

さつまいもは20度を超えると発芽してしまうようなので、気温が上がってきたら、野菜室で保存してください。

切った使いかけのさつまいも

切ってしまったさつまいもは、ラップでぴったりと包んで、野菜室に入れるといいですよ。

さつまいもの保存方法(冷凍)

さつまいもは冷凍して保存することもできます。

代表的な冷凍方法を2パターンご紹介します。

「マッシュして冷凍」と「焼き芋にして冷凍」の2つです。

マッシュして冷凍

冷凍での保存期間:1ヶ月

もっとも一般的な冷凍方法は次の通りです。

手順
【保存】

  1. さつまいもを加熱する。(茹でる、蒸す、チンするなど)
  2. 1をマッシュ(潰す)して、冷ます。
  3. 保存袋に入れて冷凍する。

【解凍】

  1. 冷蔵庫に移して自然解凍か、レンジで解凍する。

さつまいもをレンジで柔らかくする方法は、リンク先を参考にしてください。

さつまいもをマッシュして冷凍しておくと、サラダやコロッケやポタージュスープなどにすぐに使えて便利ですよ。


焼き芋にして冷凍

焼き芋の冷凍での保存期間:1ヶ月

さつまいもは焼き芋にして冷凍すると、保存もできるうえに、半解凍するだけで美味しいアイスが出来上がり。
甘い物好きの女子におすすめの一石二鳥の保存方法です。

手順
【保存】

  1. 焼き芋をラップでぴったり包み、冷凍庫に入れる。

【解凍】

  1. 常温に移して半解凍するとアイスになる。
    完全に解凍して焼き芋として食べたり、料理に使ってもOK。


ちなみに焼き芋は、最近では生のさつまいもと同じくらいの低価格で販売されているので、自宅で手作りするのではなく、買うのもありです。

大手ディスカウントショップの「ドン・キホーテ」では、焼き芋の季節になると、大1本が百円ちょっとで売られています。
ファミマでも最近(2018年秋)販売がスタートしましたし、スーパーでもよく見かけるようになりました。

冷凍焼き芋のアイスは、とろっとしていてクリーミーでとても美味しいですよ。

さつまいもの品種ごとの特徴

最後にさつまいもの品種による特性を簡単にご紹介します。

ちなみに上の写真は、右から鳴門金時・紅あずま・紅はるか・シルクスイートです。

さつまいもは、加熱した時の食感によって、次のような3つのタイプに分類できます。
(一部情報元:NHK「ガッテン!」2018年9月12日放映)

ねっとりタイプ(粘質系)

ねっとりとした舌触りで、冷めても硬くなりにくいのが特徴。
焼き芋や冷凍焼き芋(焼き芋アイス)におすすめ。

  • 紅はるか
    ねっとり&強い甘み。
    収穫してから熟成がどんどん進むため、春〜夏頃にはさらに柔らかくなる。
  • 安納芋
    ねっとり&強い甘み。
    果肉が鮮やかな黄色〜橙色をしており、焼き芋に適した品種。
  • シルクスイート
    なめらかな触感とすっきりとした甘さ。
    焼き芋としてよく使われる。
  • 紅まさり
    しっとりとしていて甘い。
    熟成によってさらにねっとり甘くなる。

ホクホクタイプ(粉質系)

芋らしいホクホクした食感で、冷めると硬くなりやすいのが特徴。
天ぷらや大学芋にするのが合う。

  • 紅あずま
    ホクホクした食感で、熟成が進む年明け頃には甘みとしっとり感がアップする。
    焼き芋として使われることもある。
  • 紅赤
    強いホクホク感と栗のような風味。
    120年前から生産されている伝統品種。

中間

ねっとりとホクホクがどちらも程よく楽しめるのが特徴。

  • 鳴門金時や鳴門金時や宮崎紅といった高系14号
    ホクホク&しっとりを合わせ持っている。
    種類が多く、地域によって名称が異なる。

関連記事

人参の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存の仕方。

人参の上手な保存方法をご紹介します。人参を冷凍する時は、適当な大きさに切って保存用袋に入れ、中の空気を抜きます。(上の写真)人参は生のままで…

ゆずの保存方法。大量保存もかんたん!果汁や皮を冷凍・冷蔵する方法。

柚子の上手な保存方法をご紹介します。柚子を大量に長期保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。特に手間がかからないのは、柚子を丸ごと冷凍する方…

にんにくの保存方法。チルド室で冷蔵が長持ち!保存期間も解説。

にんにくの保存方法をご紹介します。にんにくは、常温でも保存ができます。常温での保存期間は、1ヶ月くらいが目安です。ただし、より長持ちさせたい…

とうもろこしの保存。冷凍はイマイチ!冷蔵で早めに食べ切るのがお勧め

とうもろこしを保存する方法をご紹介します。お伝えする保存方法は2パターン。冷凍と冷蔵、それぞれについて解説します。とうもろこしは、わりと足が…

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…