やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

投稿日:2018年9月21日 更新日:

さつまいもの保存方法をご紹介します。

紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・「冷凍」の3パターンの保存方法です。

涼しい季節であれば、さつまいもは常温保存がおすすめです。
暑い季節には、冷蔵庫の野菜室。
調理済みのさつまいもの場合は、冷凍保存もありです。

この記事では、保存方法のほかに、さつまいもの保存期間や理想的な温度などもお伝えします。

また、記事の最後にさつまいもの品種ごとの特徴も記載しましたので、あわせてご覧ください。

さつまいもの保存方法(常温)

常温での保存期間:1ヶ月

まず最初にご紹介するのは、さつまいもを常温で保存する方法です。

材料
さつまいも 適量
手順
  1. さつまいもを新聞紙で1本ずつ包み、カゴやダンボールに入れ、冷暗所に置く。

さつまいもの保存は、じゃがいもと同じように常温保存が基本です。
新聞紙にくるんで冷暗所に置きます。

さつまいもがたくさんあって困るという時にも、比較的涼しい時期であれば、この方法で常温に置くのがおすすめです。

ちなみに冷暗所とは、涼しくて風通しが良くて、なおかつ日の当たらない場所のこと。
でも、マンションで暮らしていたりすると、そういったスペースってなかなかないですよね。

気温の低い季節なら、廊下や食器棚の隅などいくつか選択肢があるとは思いますが、夏場はきびしいです。

家の中に冷暗所がないという場合には、次に紹介する、冷蔵庫の野菜室で保存する方法がベターです。

さつまいもの保存方法(冷蔵庫)

冷蔵での保存期間:1ヶ月

さつまいもを冷蔵庫の野菜室で保存する方法です。

手順
  1. さつまいもを新聞紙で1本ずつ包み、ビニール袋に入れて口を軽くとじる。
  2. 1を冷蔵庫の野菜室で保存する。

おなじ冷蔵庫でも野菜室(5〜7度)以外は寒すぎるためNGです。

また、野菜室で保存する場合には、冷気対策のために新聞紙でくるみ、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れます。

夏の保存は冷蔵がおすすめ

さつまいもを夏場に保存する場合は、冷蔵がおすすめです。

さつまいもは20度を超えると発芽してしまうようなので、気温が上がってきたら、野菜室で保存してください。

切った使いかけのさつまいも

切ってしまったさつまいもは、ラップでぴったりと包んで、野菜室に入れるといいですよ。

さつまいもの保存方法(冷凍)

さつまいもは冷凍して保存することもできます。

ここでは、代表的な冷凍方法を3パターンご紹介します。
「生のまま冷凍」と「加熱して冷凍」と「焼き芋にして冷凍」の3つです。

生のまま冷凍

冷凍での保存期間:1ヶ月

さつまいもは、生のまま冷凍保存することが可能です。
冷凍すると食感が変わってしまう野菜が多いなか、さつまいもは、冷凍してもほとんど変わらないので便利です。

解凍後に調理する必要がありますが、冷凍時の手間をほとんどかけずに長期保存することができます。

手順
【保存】

  1. さつまいもを調理しやすい大きさに切り、5分ほど水にさらす。
  2. キッチンペーパーで水気を拭き取り、保存袋に入れて冷凍する。

【解凍】

  1. 解凍は不要。凍ったまま調理に使える。

さつまいもを生のまま冷凍する場合は、変色しやすいので、あらかじめ水に5分ほどさらしてアク抜きしておくのがおすすめです。
アク抜きしたら、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取って、保存袋に詰めて冷凍庫に入れます。

食べる際には、解凍せずに凍ったまま調理することができます。


加熱して冷凍

冷凍での保存期間:1ヶ月

さつまいもの最も一般的な冷凍方法は、加熱してから冷凍庫に入れる方法だと思います。
火を入れておけば、解凍するだけですぐに料理に使えます。

手順
【保存】

  1. さつまいもを加熱する。(茹でる、蒸す、レンジで加熱するなど)
  2. 1をそのまま冷ますか、好みでマッシュ(潰す)などして冷ます。
  3. 保存袋に入れて冷凍する。

【解凍】

  1. 冷蔵庫に移して自然解凍するか、レンジで解凍する。

さつまいもを加熱するにあたっては、どんな方法でも構いません。
もしレンジでさつまいもを加熱する場合は、別記事で詳しいやりかたを解説しているので、参考にしてください。

また、加熱したさつまいもについては、そのまま冷凍してもいいですし、マッシュしてから冷凍してもいいです。
さつまいもをマッシュして冷凍しておくと、サラダやコロッケやポタージュスープなどにすぐに使えて便利です。


焼き芋にして冷凍

焼き芋の冷凍での保存期間:1ヶ月

さつまいもは焼き芋にして冷凍すると、保存もできるうえに、半解凍するだけで美味しいアイスが作れます。
甘い物好きの方におすすめの、一石二鳥の保存方法です。

手順
【保存】

  1. 焼き芋をラップでぴったり包み、冷凍庫に入れる。

【解凍】

  1. 常温に移して半解凍するとアイスになる。
    完全に解凍して焼き芋として食べたり、料理に使ってもOK。


ちなみに焼き芋は、最近では生のさつまいもと同じくらいの低価格で販売されているので、自宅で手作りするのではなく、買うのもありです。

大手ディスカウントショップの「ドン・キホーテ」では、焼き芋の季節になると、大1本が百円ちょっとで売られています。
ファミマでも2018年秋から販売がスタートしましたし、スーパーでもよく見かけるようになりました。

冷凍した焼き芋をアイスにして食べると、とろっとしていてクリーミーでとても美味しいですよ。

さつまいもの品種ごとの特徴

最後にさつまいもの品種による特性を簡単にご紹介します。

ちなみに上の写真は、右から鳴門金時・紅あずま・紅はるか・シルクスイートです。

さつまいもは、加熱した時の食感によって、次のような3つのタイプに分類できます。
(情報元:NHK「ガッテン!」2018年9月12日放映)

ねっとりタイプ(粘質系)

ねっとりとした舌触りで、冷めても硬くなりにくいのが特徴。
焼き芋や冷凍焼き芋(焼き芋アイス)におすすめ。

  • 紅はるか
    ねっとり&強い甘み。
    収穫してから熟成がどんどん進むため、春〜夏頃にはさらに柔らかくなる。
  • 安納芋
    ねっとり&強い甘み。
    果肉が鮮やかな黄色〜橙色をしており、焼き芋に適した品種。
  • シルクスイート
    なめらかな触感とすっきりとした甘さ。
    焼き芋としてよく使われる。
  • 紅まさり
    しっとりとしていて甘い。
    熟成によってさらにねっとり甘くなる。

ホクホクタイプ(粉質系)

芋らしいホクホクした食感で、冷めると硬くなりやすいのが特徴。
天ぷらや大学芋にするのが合う。

  • 紅あずま
    ホクホクした食感で、熟成が進む年明け頃には甘みとしっとり感がアップする。
    焼き芋として使われることもある。
  • 紅赤
    強いホクホク感と栗のような風味。
    120年前から生産されている伝統品種。

中間

ねっとりとホクホクがどちらも程よく楽しめるのが特徴。

  • 鳴門金時や鳴門金時や宮崎紅といった高系14号
    ホクホク&しっとりを合わせ持っている。
    種類が多く、地域によって名称が異なる。
人気レシピ集食材

さつまいものレシピ(12品)

関連記事

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。保存食も紹介。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。それぞれ…

じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。涼しい…

冷凍はイマイチ!とうもろこしの保存。冷蔵で早めに食べ切るのがお勧め

とうもろこしを保存する方法をご紹介します。お伝えする保存方法は2パターン。冷凍と冷蔵、それぞれについて解説します。とうもろこしは、…

にんにくの保存方法。チルド室で冷蔵が長持ち!保存期間も解説。

にんにくの保存方法をご紹介します。にんにくは、常温でも保存ができます。常温での保存期間は、1ヶ月くらいが目安です。ただし、より長持…

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

パプリカの保存方法と日持ち!冷凍・冷蔵・常温の賢い使い分け。

パプリカの保存方法をご紹介します。お伝えするのは、常温・冷凍・冷蔵の3パターンの保存方法です。パプリカは、常温での保存もOK。1個…

落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、…

冷凍すると旨味アップ!トマトの保存方法と保存期間。これが長持ちのコツ。

トマトの保存方法をご紹介します。冷凍・冷蔵・常温の3パターンの保存法。それぞれに長所がありますが、トマトの旨味をしっかりと引き出し…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…