オーブンで焼き芋!さつまいもをそのまま焼くのがコツ。温度と時間を解説

投稿日:2019年10月24日 更新日:

焼き芋をオーブンで

オーブンを使った焼き芋の作り方を解説します。
さつまいもをオーブン(オーブンレンジ)で加熱してつくる、焼き芋の人気レシピです。

じっくりと時間をかけてさつまいもに火を入れることで、甘みを最大限に引き出すレシピになっています。

オーブンの温度は、200度に設定。
加熱時間は40分かかりますが、その分、ねっとりとした食感の、甘みの強い焼き芋に仕上がります。

アルミホイルなしでそのまま焼く

なお、さつまいもを焼く際には、アルミホイルで包みません。
包むと蒸し焼きのような食感に仕上がってしまうため、剥き出しのままオーブンでこんがりと焼くのがおすすめです。

このさつまいものオーブン焼きは、家庭で手軽に作れるうえに、市販の石焼き芋にも引けを取らない美味しさです。
ぜひお試しください。

オーブンを使った焼き芋の作り方

オーブンを使った焼き芋の作り方です。

材料

調理時間40分
さつまいも 2本(500g程度)

作り方

洗ったさつまいもをアルミホイルの上に並べる

まず、さつまいも(2本:500gくらい)をきれいに洗い、水気を軽く拭き取ります。
そして、天板のうえにアルミホイルを敷き、その上にさつまいもを並べます。

アルミホイルなしの場合

アルミホイルが無い場合は、クッキングシートなど(オーブンで40分の使用に耐えるもの)で代用できます。

ねっとり仕上げるコツ

なお、焼き芋をねっとりとした食感に仕上げるには、温度や焼き方も大切ですが、それ以上に品種の方が大きく影響します。

ねっとりタイプの品種としては、安納芋・紅はるか・シルクスイート・紅まさりなどが人気があります。


さつまいもをオーブンで焼く

次に、200度に温めたオーブンに天板ごと入れます。

そして、200度で20分焼き、途中で一度ひっくり返し、再び200度で20分焼きます。
合計の焼き時間は40分ほど。
竹串を刺してみて、スッと通ったら完成です。

太いさつまいもの場合は火が入りにくいこともあるので、そういうときは追加で加熱してください。


オーブンで焼いた焼き芋

焼き上がりは、中まで十分に柔らかくなっています。
皮にしわが寄って、表面に少しこんがりとした焼き目が付きます。

そのまま焼いて香ばしく

さつまいもをむき出しのままオーブンで焼くと、皮にほど良い焼き目が付いて香ばしくなり、とても美味しく仕上がります。


さつまいもをオーブンで焼いて作った焼き芋

できあがった焼き芋は、食感がねっとりとしていて、また、しっかりとした甘みもあります。

この甘さだったら、デザートとして食べても大満足。
オーブンを使った、焼き芋の超おすすめレシピですよ。


ところで、焼き芋は、トースターでも作れます。

作り方は、オーブンと全く一緒。
お味の方も同じくらい甘く仕上がるので、お好みでオーブントースターを使うのもありです。

オーブントースターで作る焼き芋
詳しくは、別記事「オーブントースターを使った焼き芋の作り方」をご覧ください。

関連レシピ