テレビで話題の洋服ブラシ、高倉工芸の「南部箒(ほうき)」。スーツやコートのホコリ取りにおすすめです。

公開: 更新:2016/05/23

高倉工芸

今日のテレビ番組によると、1本100万円もする高価なホウキがあるそうです。
この高級ほうきをつくっているのは、岩手県にある「高倉工芸」。

「南部箒」というホウキで、穂先に縮れがあるのが特徴です。
この縮れがあることで、このホウキはとても高性能。
番組によると、掃除機で吸ったあとの絨毯であっても、この南部箒を使うとホコリが取れるということです。
ホコリを掻きだす力が掃除機よりも上なんて、驚きです。そんなホウキがあったんですね。

ただいくら高性能でも、いきなり100万円のホウキを買うのはあまりに敷居が高いですよね。
今日は、お手頃価格で購入できる南部箒を1点ご紹介します。
ホウキと言ってもハンディータイプで、洋服のホコリを取るために使います。
「和洋服ハケ」をご紹介します。

(情報元:「たけしのニッポンのミカタ!2014年11月7日放映)

スポンサーリンク

和洋服ハケ


上の商品が、高倉工芸の南部箒「和洋服ハケ」です。
長さは約25センチ、幅は約10センチ。洋服のホコリを払うためのものです。

番組ではこの「和洋服ハケ」の威力を試すために、ネコの毛がついた服をブラッシングしていました。
驚きました。面白いほど簡単にネコの毛が取れるではありませんか。ほんのひと撫でするだけで、ネコの毛はバッチリ落ちていました。
ちなみにこの商品にも、穂先の縮れがいかされています。

「和洋服ハケ」の価格は2万円ほど。洋服ブラシにしては高いですが、手が届かない価格ではありません。これだったら試してみたいですね。

「和洋服ハケ」の詳細については、高倉工芸のホームページをごらんください。使い方なども記されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ルンバも掃除機も、便利さを求めるなら不要。ホウキ1本で、ストレスフリーな床掃除

お掃除ロボットの「ルンバ」。売れているみたいですね。部屋中の床を自動で掃除してくれるこの優れモノは、忙しくて、掃除の時間を満足に確保できない...

努力しなくても部屋をキレイに保ち続ける方法。掃除機の通り道を確保しよう。

「部屋を活かせば人生が変わる」という本を読みました。片づけと掃除術について、ちょっと変わった視点から書かれており、なかなか面白い本です。この...

東芝の掃除機「トルネオVコードレス (VC-CL100)」。軽い本体&伸縮ホースで、高いところの掃除もラク。

テレビ番組(「ヒルナンデス!」2014年6月4日放映)で紹介されていた、「コードレスのスティック型の掃除機」がとても便利そうです。東芝の「ト...

音の静かな掃除機、エレクトロラックスの「エルゴスリーオート(EET530)」。夜でも使えます。

昨日(2014年6月4日)に放映されたテレビ番組(ヒルナンデス!)で、驚くほど音が静かな掃除機が紹介されていました。エレクトロラックス社の「...

ドラム式洗濯乾燥機 「アクア(AQW-DJ7000)」。お湯洗いで高い洗浄力を実現。

「韓国では、洗濯機からごく普通にお湯が出る」。私は以前、友人からそんな話を聞いたことがあります。韓国に限ったことではないのかもしれませんが、...