具沢山で豊かな旨味!干し椎茸の炊き込みご飯レシピ。鶏もも肉で更に旨い

投稿日:2021年11月4日 更新日:

干し椎茸の炊き込みご飯(干し椎茸ご飯)

干し椎茸の旨味をいかした、風味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

椎茸と鶏もも肉をたっぷりと使った炊き込みご飯。
干し椎茸の戻し汁をくわえて旨味をアップさせ、生姜と小ねぎをプラスして深みのある味に仕上げます。

具だくさんなレシピになっているので、茶碗一杯でしっかりとした満足感を得られます。
食卓の主役にぴったりなお料理です。

干し椎茸はホールがおすすめ

なお、干し椎茸は、あらかじめスライスされているものでも、ホールのまま売られているものでも、どちらでも使えます。

とはいえ、おすすめなのは、やはり、ホールの干し椎茸。
ホールの干し椎茸を水で戻し、その後に薄く切った方が、風味が格段に良くなります。

レシピ動画

「豊かな旨味!干し椎茸の炊き込みご飯」のレシピです。

材料

調理時間7分/炊飯時間など除く
干し椎茸 20g
鶏もも肉 200g
生姜 15g
2合
みりん 大さじ2
大さじ2
醤油 小さじ2
小さじ1
小ねぎ 少々

※干し椎茸はホールでもスライスでもOK。戻し汁も使うので取っておく。
戻した干し椎茸を使う場合は100g程度用意する。

作り方

干し椎茸(ホール)
干し椎茸(ホール)
干し椎茸(スライス)
干し椎茸(スライス)

【工程1】
まず、干し椎茸(20g:4個程度)をボールに入れ、かぶるくらいの冷水(300ml程度)を注ぎます。
そして、ラップをかぶせて冷蔵庫に一晩入れて戻します。

スライスを使う場合

干し椎茸はホールを使うのがおすすめですが、あらかじめ切って売られている「スライス」を使うこともできます。

スライスを使うメリットは、時短。
戻すのに必要な時間は、10分〜1時間ほどです。

ただ、ホールを使った方が、風味はずっと良くなります。

レンジで戻す場合

また、干し椎茸は、レンジで加熱して10分ほどで戻すことも一応可能です。
とはいえ、冷水でじっくり時間をかけて戻す方が美味しいです。

より詳しく:干し椎茸の戻し方(冷水vsレンジ)

戻してある干し椎茸を使う場合

なお、乾燥した状態の干し椎茸を使うのではなく、すでに戻してある干し椎茸を使いたい場合もあると思います。
そういう場合は、「戻した干し椎茸(100g)」と「戻し汁」を用意してください。


干し椎茸を薄切りにする

干ししいたけを柔らかく戻したら、水気を切って石づきを取り除きます。
そして、軸を切り離して薄切りにして、傘を4〜5ミリ幅の薄切りにします。

残った戻し汁は、あとで使うので、捨てずに取り置きます。


米を研いでザルに上げる

【工程2】
次に、米(2合)を研いで、ザルに上げます。

米の研ぎ方(洗い方)はリンク先を参考にしてください。


鶏もも肉と生姜を切る

鶏もも肉(200g)は、3センチ角くらいの大きさに切り、皮をむいた生姜(15g)は千切りにします。

鶏肉は、味が染みにくいので、少し小さめに切ります。


炊飯器に入れた米に調味料を加える

【工程3】
続いて、米を炊飯器の内釜に入れます。
みりん(大さじ2)・酒(大さじ2)・醤油(小さじ2)・塩(小さじ1)を加え、干し椎茸の戻し汁を2合の目盛りまで注ぎます。

戻し汁が足りない場合は水を補う
炊飯器に水分を足す
干し椎茸の戻し汁が足りない場合は、水を注いで、2合の目盛りまで水分を加えてください。

炊飯器に干し椎茸と鶏肉を加える

そして、干し椎茸・鶏肉・生姜を上にのせ、白米モードで普通に炊きます。


炊き上がった干し椎茸の炊き込みご飯

炊き上がりはこんな感じ。


干し椎茸の炊き込みご飯を混ぜる

炊飯器の底にはおこげもできているので、しゃもじで軽く混ぜます。


干し椎茸の炊き込みご飯

茶碗に盛り、小口切りにした小ねぎを添えたら完成です。

炊き込みご飯というのは便利なお料理で、具材を切ってお米と一緒に炊くだけで作れるので、調理がとても簡単です。
そのうえ、複数種類の具材が入っているので、普通のご飯よりも、満足度はかなり高めです。

とりわけ、今回ご紹介した炊き込みご飯は、干し椎茸と鶏肉をふんだんに使っているので、しっかりとしたコクと旨味があり、とても美味しいです。
ぱくぱくと箸が進みますよ。

関連レシピ