やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

投稿日:2014年8月12日 更新日:

干し椎茸(ほししいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。

干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼンおすすめです。
戻すのにある程度時間はかかるものの、椎茸の旨味が残りやすく、そのうえ苦味やエグミが出にくくなります。

一方で、早く戻すことを優先するのであれば、お湯をかけたり、レンジで加熱したりといった手もあります。

ただ、これらの方法で戻すと、椎茸の味が損なわれやすいです。
そのため、時間に余裕がある場合は、できるだけ冷水を使った戻し方を試してみてください。

この記事では、前半部分で「冷水を使った戻し方」を解説し、後半部分で「時短の戻し方」をご紹介します。

冷水を使った戻し方

ホール戻す時間:一晩
スライス戻す時間:10分〜1時間

冷水を使って干し椎茸を戻す場合は、丸ごと(ホール)を使うかスライスを使うかで、戻し時間が変わってきます。

ホールなら一晩、スライスなら10分〜1時間くらいが目安です。

ホールの方が風味が良い

そう聞くと、戻し時間の短いスライスの方が優れているように思えるかも知れません。
でも、実際は違います。

味をくらべると、スライスよりもホールの方が上。
ホールの方が風味がしっかりしているので、これから買いに行くという場合は、ぜひ、ホールの干し椎茸を使ってみてください。



それでは、冷水を使って干し椎茸を戻す手順と、その際の注意事項についてお伝えします。

まず、干し椎茸(好みの量)をボールなどに入れ、完全に浸かるぐらいの量の冷水を注ぎます。

そして、ラップをふんわりとかぶせ、冷蔵庫に一晩(8時間くらい)〜半日ほど入れます。
スライスを戻す場合は、10分〜1時間です。

水の量

使う水の量は、たとえば、干し椎茸20g(4個程度)だったら、300〜400mlくらいがおすすめです。

あまり少ないと、干し椎茸が十分にふっくらと戻りませんし、逆に多すぎると、干し椎茸の旨味が無駄に薄まってしまいます。

冷水で戻すのがコツ

また、水に浸した干し椎茸は、常温に放置するのではなく、冷蔵庫に入れて戻すのも大事なポイントです。

というのは、水温が10度以上になると、旨味成分である「グアニル酸」が酵素によって分解されて、減少してしまうと言われているからです。
冷蔵庫に入れれば、水温を常に5度以下にすることができるので、旨味をキープすることができます。

ちなみに、水道水の温度に関しては、季節によって異なります。

冬場だったら5度くらいなので、だいたい10度未満になっています。
一方で、夏場は水温が高いので、あらかじめ冷やしておいた水を使うとより理想的です。

とは言え、それが面倒なら、冷蔵庫にすぐに入れるだけでも構いません。
すみやかに冷蔵することで、戻している時間の大半は適切な温度に抑えることができます。


戻しすぎに注意


干し椎茸は、どんなに肉厚なものでも、冷蔵庫に一晩〜半日入れれば、ふっくらと柔らかく戻ります。

逆に、あまり長く水に浸しっぱなしにすると、風味が損なわれやすくなります。
ですから、水に浸した干し椎茸は、最長でも1日ほど経ったら、戻し汁から引き上げてください。

なお、スライスを戻す場合は、長くても2〜3時間程度で引き上げると安心です。

1日経ったら椎茸と戻し汁を別々に保存

干し椎茸を戻した後に、すぐには使わないこともあると思います。
そういう場合は、柔らかくなった干し椎茸と戻し汁を、別々の容器に入れて密閉して冷蔵保存するといいです。

ただし、戻した干し椎茸は、時間の経過とともにどんどん風味が失われていくので、なるべく早めに使い切るのがおすすめです。

続いて、干し椎茸を短時間で戻す方法をご紹介します。

時短の戻し方

干し椎茸を早く戻す方法は、大きく3つあります。

  • 細かく砕く
  • 湯に浸す
  • レンジで加熱する

干し椎茸を砕いても良いのなら、話しは簡単です。
細かく砕けば砕くほど、早く戻ります。

極端なことを言えば、粉末の状態にすると、戻す必要すらなく、そのまま料理に使えます。
干し椎茸の食感が失われても構わないという場合は、こうした方法もアリです。

一方で、干し椎茸の食感や形をキープしたい場合は、水ではなく湯に浸すと、早く戻ります。
湯を使う方法としては、沸かした湯をかけるのがオーソドックスですが、それ以外にも、水に浸した状態で電子レンジで加熱するというやり方もあります。

レンジだと10分で柔らかくなる

レンジを使えば、湯を沸かす手間もかけずに、干し椎茸を10分ほどで柔らかくすることが可能です。

ただし、先ほどもお伝えしたとおり、干し椎茸は、10度以上の水温で戻すと旨味が減りやすくなります。
そのうえ、熱い湯を使って戻すと、苦みやえぐみが出やすくなることも。

けして食べられなくなるわけではありませんが、そうしたデメリットも踏まえたうえで、試してみてください。



干し椎茸を電子レンジで戻す際には、まず、干し椎茸(20g:4個程度)を耐熱ボールに入れて、水(300ml)を注ぎます。
そして、上の写真のように、干し椎茸にラップをぴったりと密着させます。

干し椎茸は何もしない状態だと水に浮きますが、このように「落としラップ」をすると、椎茸がしっかりと水に浸るので、短時間で戻りやすくなります。

続いて、600wで2分加熱します。
あとは、レンジから取り出して、ラップをしたままの状態で冷めるまで8分ほど置いたらお終いです。

たったこれだけの手間で、干し椎茸は、すぐに使えるくらい柔らかくなります。

なお、ここで示した干し椎茸の分量や加熱時間はあくまでも目安です。
手元にある分量を踏まえて、ケースバイケースで微調整するといいですよ。


以上、干し椎茸の美味しさを活かせる、上手な戻し方をお伝えしました。

「冷水」と「時短」、それぞれのやり方を解説しましたが、味が良いのは冷水でじっくり戻す方法です。
時間に余裕がある場合は、ぜひ、冷水&冷蔵庫で戻してみてください。

ところで、戻した干し椎茸の活用法をお探しなら、「干し椎茸の佃煮」と「干し椎茸の炊き込みご飯」の2つのレシピがおすすめです。
詳しい作り方をリンク先でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

風味豊かな甘辛煮!干し椎茸の佃煮。スライスもホールも使えるレシピ。

干し椎茸を甘辛く煮付けた、旨味たっぷりなおかずレシピをご紹介します。干し椎茸の佃煮レシピ。少量の生姜を加えて風味良く仕上げるのがコ…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

具沢山で豊かな旨味!干し椎茸の炊き込みご飯レシピ。鶏もも肉で更に旨い

干し椎茸の旨味をいかした、風味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。椎茸と鶏もも肉をたっぷりと使った炊き込みご飯。干し椎茸の戻…

干し椎茸だとこんなに旨い!椎茸アヒージョ。味わい深い洋風おかずレシピ

干し椎茸を使った洋風おかずのレシピをご紹介します。にんにくと赤唐辛子の風味を生かした、アヒージョのレシピです。干し椎茸のお料理とい…

ムダなく旨い!干し椎茸の戻し汁の味噌汁レシピ。だしの素をちょい足し。

干し椎茸の戻し汁を使って、美味しい味噌汁を作るコツを解説します。干し椎茸の戻し汁には椎茸の旨味がたっぷりと溶け出しているため、味噌…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

ムダなく活用!干し椎茸の軸を食べるレシピ。あったか雑炊の作り方。

干し椎茸の軸が残ったら、細かく刻んで卵雑炊を作るのがおすすめです。椎茸と溶き卵は相性が良く、卵のマイルドな味に包まれて、椎茸の風味…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…