干し椎茸だとこんなに旨い!椎茸アヒージョ。味わい深い洋風おかずレシピ

投稿日:2019年1月16日 更新日:

干し椎茸アヒージョ(椎茸アヒージョ)

干し椎茸を使った洋風おかずのレシピをご紹介します。
にんにくと赤唐辛子の風味を生かした、アヒージョのレシピです。

干し椎茸のお料理といえば、醤油や味噌などをベースにした和風の味付けになりがちです。

もちろんそれらも美味しいのですが、もし洋食に合わせやすい料理をお探しなら、オリーブオイルとにんにくでさっと煮るのがおすすめです。
干し椎茸のしっかりとした旨味と、ペペロンチーノ風のパンチの効いた風味が、とてもよく合います。

干し椎茸なら旨味たっぷり!

ちなみに、椎茸でアヒージョを作るなら、生の椎茸ではなく、干し椎茸を使う方が美味しいです。
椎茸は乾燥させることで旨味成分が大幅に増加するため、干し椎茸を使うことで、より深みのある味に仕上がります。
乾物を使ったおつまみとしてもおすすめです。

レシピ動画

「味わい深い!干し椎茸のアヒージョ」のレシピです。

材料

調理時間6分:戻す時間除く
干し椎茸 20g※
赤唐辛子 1/4本
にんにく 7g
オリーブオイル 大さじ3
小さじ1/3

※戻した干し椎茸を使う場合は、軸なしで80gほど用意する。

作り方

干し椎茸の戻し方(冷水で戻す)
まず、干し椎茸(20g)をかぶるくらいの冷水に浸し、ラップをかぶせて、冷蔵庫に一晩入れて戻します。

干し椎茸は、レンジやお湯などを使って短時間で戻すこともできますが、冷水でじっくり時間をかけて戻す方が美味しいです。
より詳しく:干し椎茸の上手な戻し方

戻し済みの干し椎茸を使う場合

すでに戻してある干し椎茸を使う場合は、軸を取り除いた状態で80gほど用意してください。


干し椎茸とにんにくと赤唐辛子を切る
椎茸を戻したら、水気を軽く切って軸を取り除き、1個を6〜8等分に切ります。

そして、にんにく(7g)をみじん切りにして、赤唐辛子(1/4本)を小口切りにします。

水気は軽く切る

椎茸の水気は絞るのではなく、ザルに上げて切る程度でOKです。
絞ってしまうと、ふっくらとした仕上がりになりません。

また、やや小さめに切り分けると、味が染みやすくなります。


赤唐辛子とニンニクをオリーブオイルで加熱してアヒージョソースを作る
次に、小さいフライパン(小鍋)にオリーブオイル(大さじ3)・赤唐辛子・にんにくを入れ、弱火にかけて香りを立たせます。

なお、フライパン(もしくは鍋)はなるべく小さいものを使うと、椎茸がオイルに浸りやすくなります。
理想的な大きさは、直径15センチくらい。
大きくても20センチ以下がおすすめです。


アヒージョソースに塩を加える
にんにくの良い香りがしてきたら、塩(小さじ1/3)を加え、軽く混ぜます。


アヒージョオイルで干し椎茸を煮る
続いて、干し椎茸を加えて、たまに返しながら弱火で4分ほど加熱したら完成です。

あまり強い火で長時間加熱すると、椎茸がかたくなるので、弱火で4分を目安に火を止めてください。


椎茸アヒージョ
椎茸の旨味がギュッと詰まった一品。
にんにくの風味とオリーブオイルのまろやかなコクが中まで染み込んでいて、とても美味しくいただけます。

洋食の付け合わせから、ワインのおつまみまで、幅広い場面で活躍するお料理です。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で1週間

関連レシピ