トーストの達人がすすめる、食パンの美味しい食べ方 ベスト3。

2016/10/17

トースト 食パン レシピ 作り方 食パンの美味しい食べ方

バタートースト評論家の梶田香織さんがすすめる、「食パンを10倍美味しく食べる方法 ベスト3」をご紹介します。

梶田さんは、これまで1000種類のトーストを食べたことがあるそうです。

トーストを知り尽くした梶田さんが選んだ、トーストの美味しい食べ方ベスト3は、次の通りです。

食パンを10倍美味しく食べる方法ベスト3
  1. フライパンで焼いたトースト
  2. 紅ショウガトースト
  3. プリントースト

1位から順に、トーストの作り方をご紹介します。

(情報元:TV「バイキング」ひるたつ 2015年6月16日放映)

スポンサーリンク

1位 フライパンで焼いたトースト

トースト 食パン レシピ 作り方 食パンの美味しい食べ方

梶田さんがすすめる最も美味しいトーストの食べ方は、オーブントースターではなく、フライパンを使って焼くというもの。

フライパンで焼くと、外はサクッと中はふんわり焼けます。

調理のポイントは、パンの水分をなるべく飛ばさないこと。フライパンを事前にアツアツにして、短時間で焼き上げます。

材料
食パン(6枚切り)1枚
バター15g程度
作り方
  1. 温めたフライパンにバターを入れ、焦がさないように手早く溶かす。
  2. 1のフライパンに食パンを入れ、真ん中の白い部分をフライ返しなどで上から軽く押さえながら、片面につき30秒ずつ焼いたらできあがり。

食パンの真ん中は焼きにくいので、上から軽く押しながら、フライパンの表面に密着させます。

食パンをフライパンで焼くと、トースターで焼いた場合とはまったく違う食感に仕上がります。
外はカリッと仕上がり、中はふんわりとしつつも、しっとり感も楽しめます。

バターの香ばしさが楽しめる、リッチな味わいのバタートーストが出来ますよ。

2位 紅ショウガトースト

トースト 食パン レシピ 作り方 食パンの美味しい食べ方

食パンを美味しく食べる方法の2位は、「紅ショウガトースト」です。

食パンにマヨネーズを塗り、その上に紅ショウガをのせてトーストします。

材料
食パン1枚
マヨネーズ適量
紅ショウガ適量
作り方
  1. マヨネーズをパンに塗る。
  2. 1の上に紅ショウガをのせる。
  3. オーブントースター(800W)で3分30秒加熱したらできあがり。

ちなみに上の写真は、紅ショウガを少しのせ過ぎています。
もう少し控えめにした方が美味しいですよ。

紅ショウガの爽やかな風味と塩気が、食パンとよく合います。さっぱりとしたトーストです。

青のりや鰹節を追加し、お好み焼き風にしても美味しいそうです。

っていると思いました。とても美味しいです。

3位 プリントースト

トースト 食パン レシピ 作り方 食パンの美味しい食べ方

食パンの美味しい食べ方の3位は、「プリントースト」です。

食パンにプリンをのせてトーストすると、新食感のフレンチトーストが作れます。

材料
食パン(6枚切り)1枚
焼きプリン1/2個程度
作り方
  1. 食パンの上にプリンをのせる。
  2. オーブントースター(800W)で3分30秒加熱したらできあがり。

ちなみに使用するプリンは、焼きプリンです。
普通のプリンを使うと、熱で溶けてしまいます。

このフレンチトーストの食感は、とても面白いです。
プリンのなめらかな舌触りと、トーストのサクサク感が同時に楽しめます。

ちなみにプリンを冷凍して、トーストで挟んで食べるのも美味しいそうですよ。

スポンサーリンク

冷凍したパンを復活させる方法

トースト 食パン レシピ 作り方 食パンの美味しい食べ方

最後に、梶田さんがすすめる、「冷凍したパンを美味しく蘇らせる方法」をご紹介します。

冷凍した食パンは、ビールを塗るだけで美味しくなるそうです。

冷凍したパンを美味しく蘇らせる方法
食パンにビールを塗る。

ちなみに梶田さんは、6枚切りの食パンの片面と耳に、大さじ1程度のビールを塗っていました。

ビールを塗ると、冷凍されて抜けてしまった水分と麦の風味を戻すことができるとのこと。
ビールは大麦から、パンは小麦から作られています。どちらも同じ麦から作られている発酵食品。だからぴったり合うのだそうです。

なおアルコールが飲めないという方は、ビールを麦茶で代用しても、同じような効果が得られるようですよ。

※梶田さんがすすめる「食パンを10倍美味しくする4つの方法」も紹介しました。リンク先も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク