すだちの切り方と絞り方を動画で解説。定番の食べ方や使い道も紹介。

投稿日:2020年11月23日 更新日:

すだちの切り方と絞り方

レシピ動画

すだち(酢橘)の切り方と絞り方、食べ方を解説します。
切り方と絞り方については、上の動画も参考にしてください。

すだちの切り方・絞り方

すだちは、まだ青い未熟な果実を使うのが一般的です。
完熟すると黄色くなるのですが、その状態になると、特有の香りが飛んでしまいます。

軽くレンチンすると絞りやすい

ただ、すだちが未熟なうちは、かたくて絞りにくいこともあります。

すだちを切る前にレンジでチンして絞りやすくする すだちが硬すぎる場合には、切る前に、レンジ(500〜600w)で20〜30秒ほど軽く温めると絞りやすくなります。

レンジで加熱することで、細胞壁が壊れて柔らかくなるためです。


すだちの切り方

すだちの切り方
すだちを切るにあたっては、まず、ヘタの部分を横にして置きます。
そして、上から包丁を入れて、半分に切ります。


切ったすだち
このように半分に切ると、それぞれの房が剥き出しになるので、絞りやすくなって、すだちの果汁が無駄なく取れます。

これはNG

ちなみに、ヘタの部分を上もしくは下にして縦に切ると、逆に絞りにくくなってしまうので、注意してください。

すだちのヘタを上もしくは下にして切る
縦に切るのはNG
絞りにくいすだち
絞りにくい

そのようにして切ると、すだちの果肉に付いている薄皮が邪魔をして、果汁が出にくくなります。


すだちの絞り方

すだちの絞り方

皮を下に向けて絞る

切ったすだちを絞る時は、すだちの皮を下にするのがコツです。

すだちの皮を下にして絞ると、果汁が皮を伝って下に落ちるため、絞った際に出た皮の風味や栄養も一緒に摂ることができます。

また、すだちを半分に切ると、くし切りにするよりもタネが落ちにくいというメリットもあります。

すだちの使い道

すだちの食べ方と使い道

続いて、すだちの食べ方についてお伝えします。

果汁を絞るのが基本

すだちは酸味が強いので、そのまま食べるのには向きません。
基本的には、果汁を絞って使います。

すだちの食べ方で最も人気があるのは、さんまなどの焼き魚やお刺身、湯豆腐や鍋料理などの上に絞って、いただく方法です。

すだちうどん また、さっぱりとした酸味がうどんやそばとよく合うので、薄い輪切りにしてこれらにのせて、すだちの風味を楽しむ食べ方もとてもポピュラーです。

さらに、松茸ととても相性が良いので、松茸料理にもよく使われます。
スーパーなどでは、松茸と一緒に箱詰めされて売られていることもよくあります。

皮や果肉も使われる

果汁だけでなく、すだちの皮や果肉も料理に使えます。

すだちの皮は風味が良いので、削って吸い口(汁物料理のトッピング)にしたり、すりおろして薬味などに使われることも多いです。
また、食感が柔らかいため、皮ごとスライスして料理のアクセントにすることもあります。

果肉については、ジャムやスイーツとして使われるのが定番です。
すだちの爽やかな風味が、濃厚な甘みとよく合いますよ。

関連レシピ