すだちとかぼすの違い。さんまに絞るならどっち?味や産地などを解説。

投稿日:2020年11月25日 更新日:

かぼすとすだちの違い

かぼすとすだちの違いについて解説します。

かぼす(香母酢)とすだち(酢橘)は、どちらも、さんまなどの焼き魚や鍋料理などに欠かせない調味料です。
これらは、見た目や味が似ていますが、実際は、次のような違いがあります。

かぼすとすだちの違い

大きさの違い

かぼすとすだち 大きさは、カボスの方がひと回り上です。

味の違い

味については、一般的には、すだちの方が酸味が強いです。

かぼすとすだちの味の違い かぼすは、穏やかで上品な酸味なので、料理の味を損ないにくいという特徴があります。

さんまにはカボスがおすすめ

ですから、さんまなどの焼き魚に添えるのなら、どちらかと言えば、かぼすの方が、魚自体の味を堪能するのに向いています。

旬の時期と産地

また、旬の時期は、8〜10月あたりとほぼ被っていますが、産地が全く異なります。

かぼす(香母酢) すだち(酢橘)
名産地 大分県 徳島県
8〜10月 8〜10月
出回る時期 通年 通年
大きさ ひとまわり大きい ひとまわり小さい
穏やかな酸味 酸味が強い

ちなみに、ゆず(柚子)やライムも、すだちやかぼすと混同されやすい柑橘類です。
ゆずやライムも同じように果汁を絞って風味付けに使われますが、違いはもっとはっきりしています。

ゆず

ゆずは、すだちやかぼすよりもサイズが大きく、表面はゴツゴツしています。
黄色く熟したものが広く使われており、酸味は、すだちやかぼすよりも少し控えめです。

特徴的なのは、やはり、その独特の香り。
少量のゆずの皮を加えるだけで、料理が風味よく仕上がります。

ライム

ライムについては、国産品はさほど多くなく、そのサイズは、品種によって幅があります。
メキシカンライムはすだちと同程度の大きさで、タヒチライムはかぼすくらいの大きさ。

爽やかな香りと、酸味と苦味が特徴です。
酸味については個体差がありますが、レモンほど酸っぱくないものが多いです。

かぼすとすだちの共通点

続いて、すだちとかぼすの共通点についてお伝えします。

すだちとかぼす すだちとかぼすには、似通っている部分もたくさんあります。

どちらも、硬くて青い、小さな果実を使うのが一般的です。
完熟すると黄色くなりますが、特有の香りが飛んでしまうので、未熟な青い実が使われます。

また、酸味が強いため、どちらも生食には向きません。
果汁の酸味や果皮の香りを楽しむのが基本です。

使い方も似ている

すだちとかぼすは、食べ方もよく似ています。

さんまなどの焼き魚や豚しゃぶなどの肉料理、鍋料理の風味づけなどによく使われます。
また、薄く輪切りにしてうどんやそばに乗せ、「すだちうどん」や「かぼす蕎麦」にするのもポピュラーな食べ方です。

さらには、青い皮を削って吸い口(汁物料理のトッピング)にしたり、すりおろして薬味などに使う点も共通してます。

保存食にすることも可能で、どちらも、薄くスライスして砂糖漬けやはちみつ漬けにしてもいいですし、ジャムなどに加工しても美味しいです。


すだちでもかぼすでも美味しいレシピ

最後に、すだちとかぼす、どちらを使っても美味しく作れる料理のレシピをご紹介します。

すだちうどん

こちらは、うどんのレシピです。

すだちかかぼすを薄切りにして、うどんの上に乗せたらできあがり。
ほんのりとした酸味が加わって、うどんがさっぱりと美味しくいただけます。

リンク先では、すだちを使ってレシピを解説しています。
火を一切使わずに、レンジだけで簡単に作れます。

4分
ゆでうどんすだちめんつゆねぎ

作り方を見る

関連レシピ