かぼすのはちみつ漬けレシピ。皮まで残さず活用!爽やかな甘みで食べやすい

投稿日:2020年12月7日 更新日:

かぼすはちみつ

かぼすのはちみつ漬けのレシピをご紹介します。

かぼすを丸ごと漬けるので、皮まで残さず活用することができます。

かぼすの皮は、内側の身の部分と同じく、ビタミンなどの栄養がとても豊富。
蜂蜜漬けにすることで、皮の苦味が抑えられ、かぼすを丸ごと美味しく食べられます。

冷蔵で1ヶ月ほど日持ちするので、ストックしておくと、箸休めとして重宝しますよ。


かぼすの蜂蜜漬け

レシピ動画

「皮まで美味しく!かぼすのはちみつ漬け」のレシピです。

材料

調理時間10分
かぼす 3個(230g程度)
はちみつ 大さじ12(252g)

※はちみつの量は、かぼす1個に対して大さじ4。

作り方

カボスを薄い輪切りにする
まず、かぼす(3個:230g程度)を薄い輪切りにします。


カボスの種を取る
次に、種をきれいに取り除きます。

輪切りにしてから種を取るのではなく、輪切りにしながら、出てきた種をその都度楊枝などで取り除いてもいいです。
いずれにしろ、あらかじめ種を取り除いておいた方が食べやすいです。


カボスにハチミツを加える
次に、かぼすを保存袋に入れ、はちみつ(大さじ12:252g)を加えます。

はちみつの量はあまり少ないとかぼすの苦味が残るので、分量を目安に、ある程度使った方がいいです。


カボスと蜂蜜を保存袋に入れる
最後に、袋の中の空気をしっかり抜いて、冷蔵庫に1晩入れたら完成です。

できれば、一晩ではなく数日置いた方が、味が馴染んで美味しくなります。
賞味期限は、冷蔵保存で1ヶ月ほどです。


カボスの蜂蜜漬け
生のかぼすには強い酸味がありますが、はちみつ漬けにすると、濃厚な甘みで中和されて食べやすさが大幅にアップします。

かぼすの爽やかな風味を残しつつも、コクのある味わい。
ほど良い甘みが口の中に広がりますよ。

関連レシピ