「いちごショートケーキ」のレシピ。米粉を使ってさっぱりと仕上げました。

投稿日:2010年3月3日 更新日:

s-LLP3030038

今日は3月3日ひな祭り。

けさのテレビ番組によると、ひな祭りは、クリスマスの次にケーキが売れる日だそうです。

買い物に出かけたら、不二家のケーキが飛ぶように売れていました。イチゴのショートケーキが人気のようでした。

何だか私も、イチゴのケーキが食べたくなってきた!

というわけで、いつものスポンジ生地とカスタードクリームに米粉を加えて、イチゴのショートケーキを作りました。

イチゴショートケーキの作り方

s-LLP3030038

米粉を使った「いちごショートケーキ」のレシピです。

材料【直径10×高さ4センチの円形1台分】
スポンジ生地
1個
グラニュー糖 30g
米粉 33g
発酵バター※ 10g
生クリーム
生クリーム 100cc
グラニュー糖 大さじ1(12g)
カスタードクリーム
卵黄 1個分
牛乳 80cc
米粉 8g
グラニュー糖 20g
バニラオイル 2滴
ブランデー 小さじ1
シロップ(少し多めにできる)
イチゴ 5粒(60g)
グラニュー糖 大さじ1と1/2
ブランデー 大さじ1/2
飾り用のイチゴ 適量

※無塩バターでもOK。

作り方
  1. イチゴのヘタを取る。バターを湯煎して溶かす。
  2. 【スポンジ生地】卵をボールに割り入れ、60度の湯せんをしながらハンドミキサーの低速で泡立てる。途中3回に分けて、グラニュー糖30gを加える。卵が人肌くらいの温度になったら、湯せんから外す。
    ハンドミキサーを低速から徐々に速度を上げて高速にし、しっかり泡立てる。泡立て器で泡を持ち上げても落ちないようになったら、除々に低速に戻して、泡のキメを整える。
  3. ふるった薄力粉を2回に分けて2に加え、その都度泡を潰さないように混ぜる。粉っぽさが無くなり生地につやが出たら、溶かしたバターを加えてさっと混ぜる。
  4. 型に3を流し入れ、180度に温めたオーブンで15分焼く。焼きあがったら冷ましておく。
  5. 【シロップ】シロップの材料すべてをミルサーにかけてジュースにする。
  6. 【カスタードクリーム】牛乳とバニラオイルを鍋に入れ、人肌くらいに温める。
  7. ボールに卵黄・砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜる。さらに米粉を加え、粉っぽさが無くなるまでよく混ぜる。
    このボールに6を少しずつ加えながら、泡立て器で混ぜる。これを漉し器でこしながら鍋に戻す。
  8. 鍋に戻したら、泡立て器でかき混ぜながら中火でとろっとするまで加熱する。最後にブランデーを加える。
    温かいうちにボールに移し、上からぴったりラップを張って冷ます。
  9. 【生クリーム】生クリームとグラニュー糖をボールに入れ、ボールの底を氷水で冷やしながら、角が立つくらいまで泡立てる。
  10. 【デコレーション】スポンジを上下に2分割し、それぞれにシロップを染みこませる。
    下のスポンジの上面にカスタードクリームを塗り、縦半分に切った飾り用のイチゴをのせる。
    その上にカスタードクリームをかぶせる。さらにその上に、生クリームをのせる。
  11. 10の上にもう片方のスポンジをのせ、上面・側面に生クリームを塗る。上面に生クリームを絞り、イチゴを飾ったらできあがり。

小麦粉を米粉で代用したことで、いつもよりもさっぱりとした味わいのショートケーキになりました。

意外にクセがなく、食べやすいですよ。
是非お試しください。

関連レシピ