やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

あさりの砂抜き2パターン。基本と50度の湯に浸す時短ワザ。

投稿日:2016年4月6日 更新日:

アサリの砂抜きの方法を2パターンをご紹介します。

アサリの砂抜きをするには、海水と同じ3%の塩水にアサリを浸し、冷暗所に3時間から一晩ほど置きます。

これは基本的な砂抜きの方法ですが、急ぎたい場合は、50度の湯に浸して擦るという裏技もあります。この裏技を使うと、たった15分で砂抜きが完了します。


あさりの基本の砂抜き

材料【調理時間1分:置く時間を除く】
アサリ 適量
3%の塩水 適量

※3%の食塩水の作り方は下の説明をご覧ください。

手順
  1. アサリをバットに広げ、ヒタヒタの塩水を注ぎ、冷暗所に3時間〜1晩置く。

アサリの砂抜きをする時は、まず最初に、海水と同じ3%の食塩水を作ります。

3%の塩水は、1カップの水に小さじ1の塩を加えると簡単に作れます。

アサリをバットに並べ、ヒタヒタくらいの塩水を注ぎ、冷暗所に3時間~1晩ほど置きます。
時間がある場合は、1晩置くとしっかり砂が抜けます。

バットに新聞紙を被せて暗くし、物音がしない静かなところに置くと、アサリの動きが活発になるのでおすすめです。(暑い季節には、冷蔵庫に入れるといいですよ。)


しばらくするとアサリが動き出し、砂を吐き出し始めます。

3時間~1晩くらい経ったら、アサリを流水でこすり洗いし、冷蔵庫に入れます。

砂抜きしたアサリの冷蔵・冷凍の仕方はこの記事の最後に説明しましたので、合わせてご覧ください。
冷蔵するとアサリは2〜3日持ちし、冷凍すると方法によっては3ヶ月くらい使えます。

あさりの砂抜きの時短ワザ

次にアサリの砂抜きの時短ワザをご紹介します。

これはテレビで話題になった方法で、アサリを50度の湯に浸して擦ります。

私はアサリを湯に入れることに抵抗があるので試していませんが、同番組によると、この方法を使うとたった15分で砂抜きが終わるそうです。

材料【調理時間15分】
アサリ 適量
50度の湯 適量
手順
  1. アサリをバットに広げ、ヒタヒタくらいの50度の湯を注ぎ、手でアサリ同士を15分ほど擦りつける。

50度の湯の中でアサリ同士を手で擦ると、熱とショックで、たった15分でアサリが砂を吐くそうです。

どうしてもはやく砂抜きを済ませたいという時に試してみてください。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」2018年1月25日放映)

続いて、砂抜きしたアサリを上手に保存する方法をご紹介します。

あさりの上手な保存方法

砂抜きをしたアサリは、上手に保存することも大切です。
最後にアサリの賢い保存法をご紹介します。

アサリの冷蔵

保存期間:2〜3日

砂抜きしたアサリを冷蔵する場合は、砂抜きした時のように再びアサリを3%の塩水に浸し、空気が入るようにあまり密閉しないようにして、冷蔵庫に入れます。そして毎日塩水を取り替え、常にきれいにしておきます。
このようにすると、アサリは2〜3日持ちします。

ちなみに3%の塩水は、すでにお伝えした通り、1カップの水に小さじ1の塩を加えると簡単に作れます。

アサリの冷凍

保存期間:3ヶ月

すでにお伝えした通り、アサリは冷蔵保存すると2〜3日しか持ちませんが、次の方法で冷凍すると、3ヶ月も日持ちします。
使い道に迷って冷蔵しておくのであれば、冷凍してしまった方が鮮度が保てていいですよ。

さてアサリの冷凍方法として最もよく知られているは、殻つきのまま保存袋に入れ、空気を抜いて密閉し、冷凍庫に入れるというものです。

でも私は、冷凍のプロ、東京海洋大学教授の鈴木徹さんがすすめる、水に浸して冷凍する方法をおすすめします。
水に浸すと、アサリの身を乾燥させずに、またあまり酸化させずに保存することができます。

ちなみに解凍する時は、凍ったまま水も一緒に調理すると、水に溶け出したアサリの栄養まで無駄なく摂れます。
解凍のポイントは、一気に加熱することです。
時間をかけて解凍していると、貝のタンパク質が劣化してアサリの口が開かなくなってしまうので、その前に一気に火を通します。

鈴木さんがすすめるアサリの冷凍・解凍の手順は、次の通りです。

材料
アサリ 適量
手順
  1. 【冷凍】アサリを保存容器に入れ、ヒタヒタの水を注ぐ。フタをして冷凍する。
  2. 【解凍】凍ったまま鍋に入れ、一気に加熱調理する。

ちなみに鈴木さんは、アサリは生のまま調理するのではなく、いったん冷凍してから料理に使った方が美味しいとおっしゃいます。
生のアサリの細胞には旨味エキスが閉じ込められていますが、冷凍することで細胞が壊れ、旨味が出てくるからだそうですよ。

当サイトでは、この鈴木さんがすすめるアサリの冷凍方法をリンク先でより詳しく解説しています。
冷凍したアサリのおすすめ料理も紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事

しその実(穂紫蘇)の塩漬けのレシピ!あく抜きの方法や食べ方も紹介。

しその実(穂紫蘇)の塩漬けのレシピをご紹介します。しその実は、塩漬けにすれば保存がききますし、風味も良いので、ご飯のお供として重宝します。生…

油あげの油抜き。レンジを使った30秒でできる裏ワザ。

電子レンジを使った、油あげの油抜きの方法をご紹介します。たったの30秒で完了します。ちなみに「油抜き」とは、油あげやさつまあげといった油で揚…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

ピーマンの保存方法と日持ち!長期なら冷凍・冷蔵。常温で1週間。

ピーマンの保存方法をご紹介します。お伝えするのは、常温・冷凍・冷蔵の3パターンの保存方法です。ピーマンの常温(冷暗所)での日持ちは、1週間ほ…

甘酒の保存方法と日持ち。冷凍と冷蔵の2パターン。

甘酒の保存方法と日持ちについてお伝えします。甘酒の保存は、冷凍が一番おすすめです。市販品にしても手作りにしても、出来たての質を一番保つことが…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…