やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

あさりの冷凍保存法。冷凍のプロのおすすめです。

投稿日:2016年3月2日 更新日:

冷凍のプロ、東京海洋大学教授の鈴木徹さんがすすめる、アサリの賢い冷凍保存の方法をご紹介します。

ごく一般的な方法は、アサリを保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫に入れます。

でも鈴木さんの方法は、アサリを水に浸して冷凍保存します。
そして解凍する時は、凍ったまま鍋に入れ、一気に加熱します。

アサリを水に漬けると、空気に触れないので酸化が止まり、3ヶ月ほど日持ちするそうです。(一般的な方法で冷凍すると、アサリは2〜3週間ほどしか持ちません。)

ちなみに鈴木さんは、冷凍庫学の専門家で、「かんたん 節約 すぐできる おいしい! 冷凍保存レシピ」をはじめとする冷凍技術をいかしたレシピ本を執筆しています。

(一部情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2016年3月1日放映、日本テレビ「ヒルナンデス」2018年1月24日放映)

あさりの冷凍・解凍法

鈴木さんがすすめる、アサリの賢い冷凍・解凍法です。

材料
あさり 適量
手順
  1. 【冷凍】アサリは保存容器に入れ、ひたひたの水に浸し、冷凍する。
  2. 【解凍】凍ったままのアサリを鍋に入れ、一気に加熱する。

以上の2点について、詳しく説明します。

アサリは水に浸して冷凍する

アサリは、砂抜きをした後に、ひたひたの水に浸して冷凍保存します。
砂抜きの方法はリンク先を参考にしてください。)

水に浸す理由は、アサリの乾燥を防ぐため。
アサリは、殻と身の間に隙間があるので、とても乾燥しやすいようです。

ちなみに水に漬けずに冷凍すると、身がカラカラになってしまので、要注意です。

凍ったままのアサリを一気に加熱して解凍

凍らせたアサリは、そのままの状態で鍋に入れ、一気に加熱して解凍します。

ちなみに、冷蔵庫に入れるなどしてジワジワ解凍するのはNG。
温度変化をゆるやかにすると、貝柱のところにある蝶番(ちょうつがい)のタンパク質が壊れるため、殻が開かなくなってしまいます。

凍ったまま鍋に入れ、一気に温度を上げると、殻がちゃんと開きます。

なおこの冷凍・解凍法は、他の2枚貝にもおすすめです。
ハマグリ・シジミ・ムール貝なども、同様の冷凍・解凍法で美味しくなります。

あさりを冷凍保存するのが良い理由

まずは、アサリを冷凍保存する理由を、鈴木さんのお話をもとに簡単に説明します。

アサリの細胞の中には、旨味エキスが閉じ込められています。
アサリが生の場合は、この旨味エキスが、細胞の中から出て来にくい状態になっています。

でも冷凍すると、エキスが出やすくなります。
アサリの身の中に氷ができ、細胞が壊れるからです。

話をまとめると、アサリを冷凍する理由は、保存出来るだけでなく、ダシが濃く出るようになるため、美味しい料理が作れるからです。

続いて、鈴木さんがすすめる、アサリの冷凍・解凍法をご紹介します。

冷凍あさりのおすすめ料理

最後に、鈴木さんがすすめる、アサリの調理法をご紹介します。

調理のポイントは、解凍して溶けた水も一緒に、料理に活かすこと。
水の中に、アサリの旨味が溶け出しているためです。

アサリの酒蒸しやアサリのパスタなどにすると、溶け出した旨味も一緒に、美味しくいただけるそうですよ。

料理の一例として鈴木さんがすすめる「アサリの酒蒸し」をご紹介します。

材料【調理時間5分】
冷凍アサリ(※) 適量
にんにく 適量
適量
適量
醤油 適量
ねぎ 適量

※冒頭で紹介した水に浸して冷凍したアサリを使用。

作り方
  1. 鍋ににんにく(みじん切り)と油を入れ、にんにくの香りを立たせる。
  2. アサリを凍ったまま加え、口が開いたら酒・醤油で味を付ける。
  3. 2を皿に盛り、ねぎ(小口切り)をのせたらできあがり。

調理のポイントは、冷凍庫から出したら、急速に熱をかけることです。
解凍に時間をかけると、貝のタンパク質が劣化して口が開かなくなってしまうので、その前に一気に加熱します。

関連記事

あさりの砂抜き2パターン。基本と50度の湯に浸す時短ワザ。

アサリの砂抜きの方法を2パターンをご紹介します。アサリの砂抜きをするには、海水と同じ3%の塩水にアサリを浸し、冷暗所に3時間から一晩ほど置き…

ご飯の保存方法。冷凍保存が一番おすすめです。

ご飯の上手な保存法をご紹介します。ご飯を美味しく保つには冷凍保存が一番おすすめです。冷蔵保存や常温保存は、食感や風味がどんどん落ちるので、な…

豆腐の保存!水は必要?容器はどうする?保存方法と保存期間を解説。

豆腐のおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。料理に使い切れなかった豆腐の美味しさをキープする方法です。豆腐の保存は、水に浸して冷蔵する…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・「冷凍」の3パターンの保存方法です。涼しい季節であれば、さつまいもは常…

ささみの冷凍保存方法。調理に使うのは自然解凍後がお薦め!冷蔵も解説。

ささみの上手な冷凍保存の方法と冷蔵保存の方法をご紹介します。鶏ささみを冷凍した場合の日持ちは1ヶ月ほど。冷蔵した場合の日持ちは3〜4日ほどな…

人参の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存の仕方。

人参の上手な保存方法をご紹介します。人参を冷凍する時は、適当な大きさに切って保存用袋に入れ、中の空気を抜きます。(上の写真)人参は生のままで…

開封後は冷凍がベスト!パン粉の保存方法。冷凍・冷蔵の賞味期限も解説。

パン粉を長持ちさせたいのなら、冷凍庫で保存するのが一番おすすめです。パン粉は、冷凍してもカチカチにならないので、冷凍庫から出してすぐに使うこ…

焼き芋を冷凍保存すると、クリーミーで美味しいアイスがいつでも楽しめます。

焼き芋は冷凍できるってご存知ですか。焼き芋を冷凍保存しておけば、1ヶ月ほど日持ちがするうえに、半解凍するだけでとても美味しいスイーツのできあ…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

梅干しの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。とうもろこしの甘みとバターのコクを活かした、人気の炊き込みごはんのレシピ…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使ったコーンスープで、濃厚な味わいが特徴。コンソメなどのだしを一切使わずに…

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

自家製梅酒のおすすめの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から梅酒を手作りしていますが、いろいろ試した中で「やっぱりこれが一番!」と思うレ…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とても簡単です。らっきょうをきれいに洗い、根元を切るなどして下ごしらえをし…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴ…

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

そら豆の美味しい茹で方を解説します。そら豆は、さやから取り出したあとに、薄皮に切れ目を入れ、ちょうど良い塩の量を加えて茹でると、旨みが引き立…

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

餃子の皮を使った美味しいピザのレシピをご紹介します。フライパン、ホットプレート、トースター、オーブン、グリル。これらを使った、5パターンの簡…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせることで、ニラ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

ピーマンとしめじを使った、手軽で美味しいおかずレシピをご紹介します。市販のだしの素を使った、ピーマンとしめじの炒めもの。ピーマンは表面がツル…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

最新記事

トースターで香ばしく!焼きとうもろこしのレシピ。バター醤油で風味UP

無限の美味しさ!キャロットラペのレシピ。日持ちが嬉しい作り置きおかず

簡単でおしゃれ!ピクニック弁当のレシピ。行楽にぴったりなお手軽おかず

旨みと酸味がクセになる!ハムと玉ねぎと人参のマリネ。作り置きにお勧め

丸ごと旨い!ピーマンの肉詰めレシピ。作り置きすると更に美味しさUP

トースターで香ばしく!焼きとうもろこしのレシピ。バター醤油で風味UP

オーブントースターを使った、焼きとうもろこしの簡単な焼き方をご紹介します。レシピのポイントは、とうもろこしをあらかじめ電子レンジで2分ほど加…

無限の美味しさ!キャロットラペのレシピ。日持ちが嬉しい作り置きおかず

人参を使った人気料理、キャロットラペのおすすめレシピをご紹介します。人参1本だけで作れるシンプルな人参ラペ。作り方は簡単で、千切りにした人参…

簡単でおしゃれ!ピクニック弁当のレシピ。行楽にぴったりなお手軽おかず

おしゃれで簡単なピクニック弁当のレシピと、お弁当箱への詰め方をご紹介します。定番のおかずを多く含んでおり、また、味付けも万人受けするように工…

旨みと酸味がクセになる!ハムと玉ねぎと人参のマリネ。作り置きにお勧め

作り置きにぴったりの、手軽で美味しいマリネのレシピをご紹介します。具材に使うのは、玉ねぎと人参とハムの3種類。酢やオリーブオイルなどで味付け…

丸ごと旨い!ピーマンの肉詰めレシピ。作り置きすると更に美味しさUP

ピーマンを丸ごと使った、肉詰めのおすすめレシピをご紹介します。ピーマンを焼くのではなく「煮る」レシピになっていて、煮汁につけながら加熱するこ…