エアインチョコの簡単な作り方。重曹と水を加えます。

公開: 更新:2016/08/26

チョコレート

エアインチョコは、気泡が入ったチョコレート。軽い食感が特徴です。グリコの「ジャイアントカプリコ」や、ネスレの「エアロ」、ロッテの「霧の浮舟」などが有名ですね。

私はエアインチョコは買って食べるものだとずっと思っていました。でも実は、自宅でも簡単に手作りできるそうです。

今日放映されたテレビ番組では、学研がすすめる夏休みの自由研究として、「エアインチョコの作り方」が紹介されていました。子供向けの実験として楽しそうですし、毎日のおやつ作りにも役立ちそうですよ。
作り方をまとめました。

(情報元:「ヒルナンデス!」2014年8月18日放映)

スポンサーリンク

エアインチョコの作り方

「エアインチョコ」の作り方は次の通りです。

材料
板チョコ50g
小さじ1/3
重曹(食品用)小さじ1/3
つくり方
  1. 板チョコ50gを電子レンジ600wで30秒ずつ2回あたためる。
  2. 水と重曹をチョコにかけて、スプーンで素早くかき混ぜる。
  3. 電子レンジ600wで30~40秒温める。
  4. 熱を冷ましてから、冷蔵庫で冷やす。

できあがったエアインチョコは、サクサクとした食感が楽しめるそうです。冷やす際に手早く形成すれば、市販のチョコと大差ない出来栄えになるということです。

ところで、上のような手順でつくるとなぜチョコレートに空気の穴ができるのでしょうか?
重曹を温めると、重曹に含まれていた二酸化炭素が噴き出して気泡となり、チョコの中に閉じ込められるからだそうです。

エアインチョコって簡単に作れるんですね。この技を使えば、自宅でつくるチョコレート菓子に食感のバリエーションが出せそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Mmm…chocolate! by Korona Lacasse

もみじの天ぷらのレシピ。紅葉の楽しみ方。

紅葉の季節がやってきました。2014年の関東の紅葉は、まさにこれから(11月上旬)、ピークを迎えようとしています。ところで紅葉と言えば、一般...

アンナトゥモールの化粧水、「ナチュラルローションしっとり」を使ってみました。

アンナトゥモールの「ナチュラルローション しっとり」を使ってみました。私がこの化粧水を購入したきっかけは、「真実のナチュラルコスメ読本」」と...

ベーキングパウダーと重曹の違い。「黒糖まんじゅう」のレシピも合わせてご紹介。

今日は「黒糖ソーダーまんじゅう」をつくりました。重曹を使った、黒糖まんじゅうです。中には小豆餡が入っています。レシピをご紹介するとともに、ま...

フリーカの簡単レシピ。フリーカご飯&フリーカサラダ。

スーパーフード「フリーカ」の食べ方をご紹介します。「フリーカ」とは、小麦を新芽の状態で収穫し、乾燥させ、ローストした食べ物。東地中海沿岸の国...

カルピスのレシピ。美味しい飲み方と簡単デザートの作り方。

カルピスの製造メーカー「アサヒ飲料」がすすめる、カルピスの美味しい飲み方と、カルピスを使ったシャーベットのレシピをご紹介します。カルピスは、...