おせちの祝い肴!味付け数の子の作り方。定番の出汁醤油漬けのレシピ。

投稿日:2021年10月11日 更新日:

数の子味付け(味付け数の子)

お正月のおせち料理としてお馴染みの、味付け数の子の簡単レシピをご紹介します。

濃いめの出汁に漬けるのがコツ

数の子を味付けする際のポイントは、塩気がほんのりと残る程度に塩抜きをしたうえで、普段よりも濃いめの出汁に浸すことです。
かつおの風味をしっかり効かせた出汁醤油に浸すと、とても美味しく仕上がります。

食べ方としては、そのまま囓ってもいいですし、かつお節をかけても良く合います。
少しアレンジするのであれば、パスタやサラダの具材にするのもおすすめです。

数の子を正月に食べる意味

なお、数の子は、田作りや黒豆とともに、正月の祝いの席で食べられる酒の肴の一つです。
これら三種類の料理を総称して、「祝い肴三種」とも呼ばれています。

数の子はニシンの卵であり、また、魚卵がたくさん付いています。
ニシンに「二親」という漢字をあてると、2人の親からたくさんの子供が生まれるイメージに繋がるため、子孫繁栄のゲン担ぎの意味を込めて、お正月に食べられるようになったと言われています。

レシピ動画

「おせちの祝い肴!味付け数の子」のレシピです。

材料

調理時間15分/置く時間除く
塩数の子 200g
かつおだし※ 200ml
大さじ1
みりん 大さじ2
醤油 小さじ1

※濃いかつおだしがおすすめ。詳しくは下の文中参照。

作り方

塩抜きをする

塩数の子を水に浸す
【工程1】
まず、塩数の子(200g)の塩抜きをします。
手順は、次の通りです。

塩抜きの手順
  1. 水(1リットル)をボールに入れ、塩(小さじ1)を溶かして塩水を作り、数の子を浸す。ラップをかぶせて冷蔵庫に3時間入れる。
  2. 冷蔵庫から取り出して、同じ分量でもう1度塩水を作り、数の子を浸す。ラップをかぶせて再び冷蔵庫に3時間入れる。
  3. 少し味見をしてみて、ほんのりと塩気が感じられるくらいになったら塩抜き完了。
    塩気がまだ強い場合は、再度新しい塩水を作って数の子を浸す。30分おきくらいに味見をして、ちょうど良い塩加減にする。

数の子の塩抜きをするうえで一番大事なのは、味見をすることです。

初めての方は戸惑うかもしれませんが、塩抜きの加減はモノによって若干変わってきます。
そのため、舌で確認するのが一番正確です。

塩を抜き過ぎると水っぽくなってしまうので、ほんのりと塩気が感じられるくらいまで抜けたら、塩抜き完了。

塩抜きした数の子は、このあとの工程で、だし醤油に浸すことで醤油の優しい塩気が加わります。
ですから、味を少し加えてちょうど良くなるくらいの塩気が適切です。

より詳しく:数の子の塩抜き


薄皮を取る

塩抜きした数の子の薄皮をとる
【工程2】
数の子の塩抜きが完了したら、水気を切り、キッチンペーパーを使って、表面に付いている薄皮をきれいに取り除きます。

数の子の薄皮は、裏面と表面の両方に付いています。

数の子の薄皮 キッチンペーパーを使って、矢印の方向に少しずつ擦るようにして寄せていくと、きれいに取れます。

より詳しく:数の子の薄皮の取り方



濃いかつおだしを作る
【工程3】
次に、かつおだしを作ります。

かつおだしは、普段よりもしっかり濃い目に作ることをおすすめします。
味付け数の子はシンプルなお料理なので、出汁をしっかり効かせることで、美味しさが格段にアップします。

なお、かつおだしを手軽に作るのなら、市販のだしパックを使うといいです。
だしパックだったら、通常の半分の水でだしを取ると丁度良い濃さに仕上がります。

たとえば、1パックにつき400mlの水を使ってだしを取る商品なら、水の量を200mlに減らしてみてください。
そして、指定された時間(だいたい2〜3分)煮出したあとに、完全に冷めるまでパックをだし汁に浸したまま置きます。
そうすると、濃いだしが取れます。


濃いかつおだしに酒とみりんと醤油を加えてひと煮立ちさせる
続いて、かつおだし(200ml)を小鍋に入れ、酒(大さじ1)とみりん(大さじ2)と醤油(小さじ1)を加えます。
軽く沸騰させてアルコール分を飛ばし、しっかり冷まします。


数の子を保存袋に入れて冷ました出汁醤油を注ぐ
そして、数の子を保存袋に入れ、冷ましただし醤油を注ぎます。


数の子を出汁醤油に浸して冷蔵庫に入れる
最後に、袋の中の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に一晩〜1日置いたら完成です。

最短で一晩から食べ始めることができますが、だし醤油に長く浸せば浸すほど風味がよくなるので、時間がある場合は数日置くことをおすすめします。

味付け数の子の賞味期限

なお、この味付け数の子は、写真のように袋に入れた状態で、冷蔵保存で2週間ほど日持ちします。


味付け数の子(数の子の出汁醤油漬け)
数の子にかつおだしの風味がしっかりと染み込んでいて、コリコリとした食感とともに、とても美味しくいただけます。

「祝い肴」と呼ばれていますが、お酒だけでなく、ご飯との相性も抜群。
普段使いのおかずとしても重宝しますよ。

関連レシピ