いなり寿司のおすすめレシピ。レンジで超簡単!いなりロール。

投稿日:2017年6月1日 更新日:

いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の簡単レシピ

いなり寿司のおすすめレシピをご紹介します。

知的家事プロデューサーの本間朝子さんが考案した「いなりロール」です。

詰めずに作るいなり寿司で、ご飯をあげで巻くのが特徴です。

調理時間はわずか5分。
火は一切使わず、油揚げは電子レンジで味付けします。

ほど良い甘みのある、美味しいいなり寿司が出来ますよ。

(一部情報元:日本テレビ「ヒルナンデス!」スーパー主婦の時短テク 2017年6月1日放映)

お稲荷さんの簡単な作り方

いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)

「いなりロール」のレシピです。

このいなり寿司は、本間さんがお弁当のおかずとして考案したお料理です。

忙しい朝でも手間なしで作れていいですよ。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間5分】
あげ
油揚げ 2枚
◎砂糖 大さじ1
◎みりん 大さじ1
◎醤油 大さじ1
◎水 大さじ3と1/3
酢飯
ご飯 300g
すし酢 大さじ1と1/2
作り方
  1. 油揚げは長辺1辺と短辺2辺を少し切り落として開く。
    ◎の材料すべてを耐熱皿に入れ、よく混ぜる。油揚げを浸してラップをし、電子レンジ(600w)で2分加熱する。
  2. ご飯とすし酢を混ぜる。
  3. ラップの上に1の油揚げを広げ、その上に2を均等にのせる。ラップを使って油揚げでご飯を巻く。
  4. 3のラップを外し、食べやすい大きさに切ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

稲荷寿司の簡単な作り方

いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
【工程1】
最初にあげを作ります。

まず油揚げ(2枚)の長辺1辺と短辺2辺を、少し切り落とします。(写真左)

そして油揚げを開きます。(写真右)


いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
次に砂糖(大さじ1)・みりん(大さじ1)・醤油(大さじ1)・水(大さじ3と1/3)を耐熱皿に入れ、よく混ぜて、油揚げを浸します。

この状態でラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱します。


いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
レンジでチンして少し置くと、油揚げが調味料をすっかり吸って、味が中まで染みます。

【調理のポイント】
油揚げの味付けには、電子レンジを使います。

電子レンジを使うと、鍋で煮るよりも10分ほど時短になります。


いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
【工程2・3・4】
続いて酢飯を作り、あげで巻きます。

酢飯は、ご飯(300g)と市販のすし酢(大さじ1と1/2)を混ぜたら完成です。
ちなみにご飯300gは、米1合分くらいに相当します。

次にラップの上にあげを開いて縦長にして置き、2等分した酢飯を、2枚の油揚げの上にそれぞれ広げます。
この時に、奥の油揚げの端を1センチほど残して酢飯を広げると、巻終わりがきれいです。
ちなみに油揚げは、汁気を軽く絞って使った方がいいです。


いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
2枚の油揚げに酢飯をのせたら、ラップを使ってご飯を巻きます。

【調理のポイント】
いなり寿司は、詰めずに巻いて作ります。

巻きすの代わりにラップを使うと、洗い物が減ります。


稲荷寿司 レシピ 人気 作り方 お稲荷さん おいなりさん いなりずし あげ
これでいなりロールが2本できます。

これを食べやすい大きさに切ったら完成です。
水で濡らしてた包丁を使うと、切りやすいですよ。


いなり寿司(稲荷寿司 お稲荷さん おいなりさん いなりずし)の作り方
ほど良く甘みを効かせた、親しみやすい味のいなり寿司が出来ます。

このいなり寿司は、好みの大きさに切り分けられるので、普通のいなり寿司とくらべて食べやすいです。
また白いご飯が見えるので、盛り付けた時に見た目がきれいです。

いなりロールのお弁当
忙しい朝でも、このレシピだったら簡単にお弁当が作れますよ。
この「いなりロールのお弁当」のレシピはリンク先をご覧ください。

ところで当サイトでは、本間さんのお料理を他にもいくつか紹介しています。
その中でも特に人気があるのは、今回ご紹介した「いなりロール」と「レンチン麻婆豆腐」と「マグカップ オムライス」です。
「レンチン麻婆豆腐」は、その名の通りレンジで作る麻婆豆腐です。本格的な大人の味の麻婆豆腐が、わずか10分で作れます。
「マグカップ オムライス」は、たったの3分で作れるオムライスです。必要な調理道具はマグカップと箸だけ。包丁もフライパンもお皿も使いません。一人ご飯の時におすすめのレシピですよ。

関連レシピ