やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

ピーマンの肉詰めの基本レシピ。人気シェフの失敗しない絶品おかず。

投稿日:2019年2月19日 更新日:

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めのおすすめ基本レシピをご紹介します。

中華の人気店「美虎」のオーナーシェフ、五十嵐美幸さんが考案した「ピーマンの肉詰め」。
日本テレビの「ヒルナンデス」で話題になりました。

このレシピの特徴は次の3つです。

肉だねがピーマンからはがれない

ピーマンの肉詰めのレシピと聞いて、お肉とピーマンが剥がれやすいので苦手と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、このレシピだったら大丈夫。
肉の詰め方や焼き方など、随所に工夫が凝らされていて、ピーマンから肉だねがはがれ落ちにくくなっています。

お肉がふんわり柔らか

また、肉だねは、ふわっとした食感に仕上がります。
刻んだ大豆の水煮を肉だねに練りこむのがポイント。
パン粉なしで作るレシピになっています。

ピーマンの食感がほど良い

さらに、ピーマンのほど良い食感も魅力の一つです。

ピーマンの肉詰めを加熱する場合、ひっくり返しながら両面に火を通すレシピも多いと思いますが、こちらはピーマン側に直接は火を通しません。
ですから、ピーマンの食感がちょうど良い具合に残り、それがまた美味しいんです。


このピーマンの肉詰めは味付けが濃厚なので、ご飯のおかずにもぴったり。
夕食の献立にもおすすめです。

また、冷めても柔らかいので、お弁当にもいいですよ。

(一部情報元:日本テレビ「ヒルナンデス!」2019年2月18日放映)

ピーマンの肉詰めのレシピ

ピーマンの肉詰めのレシピ

「ピーマンの肉詰め」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2〜3人分:調理時間20分】
ピーマン 3〜4個
豚ひき肉 200g
大豆水煮 60g
玉ねぎ 1/4個
サラダ油 大さじ1
片栗粉 大さじ1+少々
A
こしょう 少々
醤油 大さじ1/2
タレ
鶏ガラスープ(有塩) 150cc
おろしにんにく 小さじ1
醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
砂糖 大さじ1
作り方
  1. ピーマンを縦半分に切り、ヘタとタネを取り除く。内側に片栗粉(少々)を振る。
  2. 玉ねぎをみじん切りにし、片栗粉(大さじ1)を混ぜる。大豆を粗く刻む。
  3. 豚ひき肉とAをボールに入れ、よく混ぜる。さらに2を加え、よく混ぜる。
    1のピーマンにしっかり詰め、肉の表面に片栗粉(少々)をまぶす。
  4. タレの材料を混ぜる。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、3の肉の方を下にして焼く。
    焼き目が付いたらBを加え、フタをして2分加熱する。
    フタを外し、汁気を飛ばしながら軽く煮詰めたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ピーマンの肉詰めの作り方

ピーマンの肉詰めの作り方
【工程1】
まず、ピーマン(3〜4個)を縦半分に切り、ヘタとタネを取り除きます。

【調理のポイント】
ピーマンのヘタを取り除くときは、付け根の果肉部分をちゃんと残します。

そうすることで、ピーマンがカップ状になり、形状が安定するので、詰めた肉が取れにくくなります。


ピーマンの肉詰めの作り方
次に、ピーマンの内側に片栗粉(少々)を振ります。

片栗粉は、指で塗るように内側に万遍なくたっぷり付けます。
そしてその後に、ピーマンをひっくり返して、余分な片栗粉を落とします。

【調理のポイント】
ピーマンの内側に片栗粉を付けると、詰めた肉がはがれにくくなります。

ピーマンの肉詰めの作り方
【工程2】
続いて、玉ねぎ(1/4個)をみじん切りにし、片栗粉(大さじ1)を混ぜます。

そして、大豆水煮(60g)を粗めに刻みます。

【調理のポイント】
玉ねぎに片栗粉をまぶすと、玉ねぎの水分を閉じ込めることができるので、ジューシーに仕上がります。

ピーマンの肉詰めの作り方
【工程3】
次に、豚ひき肉(200g)とA(こしょう:少々、醤油:大さじ1/2)をボールに入れ、よく混ぜます。


ピーマンの肉詰めの作り方
続いて、大豆と玉ねぎ(片栗粉を混ぜたもの)を加え、よく混ぜます。

これで、ピーマンに詰める肉だねができました。

【調理のポイント】
肉だねに大豆を混ぜると、肉がふっくらと仕上がります。

五十嵐さんによると、肉だねに大豆を混ぜると、お肉のふっくら感が増すそうです。


ピーマンの肉詰めの作り方
次に、肉だねをピーマンにしっかりと詰めます。

肉だねは、少し盛り上がるくらいまでたっぷり詰め込みます。

【調理のポイント】
肉だねをピーマンの奥までしっかり詰めると、肉が剥がれにくくなります。

ピーマンの肉詰めの作り方
肉だねを詰めたら、肉の表面に片栗粉(少々)を手でまぶします。(写真右)


ピーマンの肉詰めのタレの作り方
【工程4】
次に、タレの材料を混ぜておきます。

タレの材料は、鶏ガラスープ(有塩:150cc)・おろしにんにく(小さじ1)・醤油(大さじ1)・オイスターソース(大さじ1)・砂糖(大さじ1)です。

鶏ガラスープは、鶏ガラスープの素を水に溶かして使っても美味しいです。


ピーマンの肉詰めの焼き方

ピーマンの肉詰めの焼き方
【工程5】
続いて、フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、ピーマンの肉詰めの肉の方を下にして並べます。

【調理のポイント】
このピーマンの肉詰めは、肉の方を下にして、一切ひっくり返さずに焼きます。

そうすると、肉がピーマンからはがれにくくなります。

このピーマンの肉詰めは、肉の方を下にしたまま、最後までひっくり返しません。
ちなみにひっくり返して焼くと、ピーマンから水分が出るので、肉が剥がれやすくなります。


ピーマンの肉詰めの作り方
肉の面に焼き目が付いたら、あらかじめ混ぜておいたタレを加えます。


ピーマンの肉詰めの作り方
そしてフタをして、2分ほど加熱し、中まで火を通します。


ピーマンの肉詰めの作り方
2分経ったらフタを外し、汁気を飛ばしながら軽く煮詰めます。

これで完成です。


ピーマンの肉詰め
出来上がったピーマンの肉詰めは、タレをしっかりと吸い込んでいます。
お味の方は、オイスターソースの旨味を活かした中華風。
濃厚で本格的な味がお家で楽しめます。

また、肉だねはふんわり柔らか。
それを程良い歯応えのピーマンが包み込んでいて、食感のコントラストがとてもいいです。
肉だねがギュウギュウに詰まっているので、食べ応えも十分です。

そのまま食べても勿論いいですし、熱々のご飯にのせて食べるのも美味しいです。
調理も簡単なので、ぜひ試していただきたいレシピです。

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

ピーマンの肉詰めの冷凍 ところで、ピーマンの肉詰めは、冷凍保存できます。
保存期間は1ヶ月ほど。

冷凍する際には、1個ずつラップでぴったり包み、保存袋に入れてください。
詳しくは「ピーマンの肉詰めの冷凍保存」をご覧ください。

ピーマンの肉詰めのレシピあと1品

最後に、ピーマンの肉詰めのおすすめレシピをあともう2品ご紹介します。

ピーマンの肉詰め和風煮込み

ピーマンの肉詰め煮込み

ピーマンの肉詰め

1品めは、作り置きにぴったりなピーマンの肉詰め。

このピーマンの肉詰めは、焼くのではなく、軽く煮込むのが特徴です。
しばらく置くと、和風だしの味が染みて、ぐっと美味しくなります。

ケチャップを隠し味に使うので、旨味がしっかりしていて、日持ちもします。

保存期間は、冷蔵で5日ほど、冷凍で1ヶ月です。

作り置き 調理科学の専門家、佐藤秀美さんのレシピ

20分
ピーマン豚ひき肉玉ネギ片栗粉コショウトマトケチャップだし汁醤油みりん

作り方を見る

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰め

このレシピの最大の特徴は、ピーマンにタネを詰める工程を省いていること。
フライパンに敷き詰めたタネの中に、ピーマンをギュッと入れ込んで焼き上げます。
ピーマンの肉詰めを大量に作る際に、このやり方を知っておくと便利です。

また、みじん切りにしたナスと玉ねぎをたっぷり加えてかさ増しするので、材料費も節約できます。

野菜をふんだんに使っている分、味はさっぱりめ。
ボリューム満点ですが、食べやすいので、ペロッとたいらげてしまいます。

おうち料理研究家のみきママのレシピ
30分
ピーマン片栗粉サラダ油豚ひき肉ナス玉ネギコショウパン粉中濃ソースケチャップ

作り方を見る

以上、ピーマンの肉詰めのおすすめレシピを3品ご紹介しました。
どれもとても美味しいですよ。

関連記事

ピーマンの肉詰めのレシピ。作り置きすると美味しくなります。

ピーマンを丸ごと使った、「ピーマンの肉詰め」のおすすめレシピをご紹介します。調理科学の専門家 佐藤秀美さんが考案した「ピーマンの肉詰め」です…

ピーマンの肉詰めは冷凍保存しても美味しい!冷凍方法は超簡単。

ピーマンの肉詰めは、実は、冷凍しても美味しいんです。冷凍前とくらべると、ピーマンの食感はやや柔らかくなりますが、味はほとんど変わりません。レ…

ピーマンのへたの取り方。コツをおさえれば超簡単!ヘタ取りを動画で解説

ピーマンのへたの簡単な取り方を動画でご紹介します。お伝えするヘタ取りの方法は3種類。1つめは、もっとも基本的かつ簡単な方法です。ピーマンを縦…

ピーマンの生レシピ。ガッテンで話題のパリパリピーマン。

NHKのガッテンで話題になった、福岡でとても人気があるという、生ピーマンのレシピをご紹介します。「福岡で大人気!パリパリピーマン」です。この…

ピーマンの保存方法と日持ち!長期なら冷凍・冷蔵。常温で1週間。

ピーマンの保存方法をご紹介します。お伝えするのは、常温・冷凍・冷蔵の3パターンの保存方法です。ピーマンの常温(冷暗所)での日持ちは、1週間ほ…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー195品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ195品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理220品。

作り置きにおすすめの人気レシピを220品ご紹介します。当サイトでは、テ…

最新記事

大葉(紫蘇)おにぎりのレシピ。青じそ&ごま油!風味豊かな簡単おむすび

大葉(紫蘇)を使ったおにぎりのレシピをご紹介します。おにぎりの具は、た…

みょうがの卵とじのレシピ。めんつゆで甘辛!ミョウガの人気おかず。

みょうがの卵とじのレシピをご紹介します。ミョウガを薄切りにして、めんつ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

ちくわ大葉チーズのレシピ。人気のしそチーズ巻き!おつまみやお弁当に。

ちくわと大葉(しそ)とチーズを使った、超簡単おかずレシピをご紹介します…

キウイヨーグルトのレシピ。はちみつと食べ合わせると栄養効果アップ!

キウイとヨーグルトを使ったデザートのレシピをご紹介します。キウイを食べ…