やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

こんにゃくの味しみを良くする方法。3パターンまとめ。

投稿日:2017年10月3日 更新日:

こんにゃくに味を染み込ませる簡単な方法を3パターンご紹介します。

こんにゃくと言えば、おでんや温かい煮物がとても美味しいものですが、コトコト長時間煮てもなかなか味が染みないと思ったことはありませんか。
時間をかけて煮込めば何とかなるような気がしますが、実はこんにゃくは、火を入れれば入れるほど硬くなるので、味が染みにくくなってしまいます。

こんにゃくに味を染みさせるには、あらかじめ砂糖を揉み込むといいですよ。
このひと手間をかけるだけで、味がぐっと入りやすくなります。
薄切りのこんにゃくだったら、3分煮るだけで中まで味が染みます。
ちなみにこの方法は、煮物だけでなく炒め物や和え物などにも使えます。

また食感が少し変わりますが、こんにゃくを冷凍するという手もあります。

そして味を染み込ませるのではなく、味が絡みやすくなる工夫をするという方法もあります。
こんにゃくはツルンとしていて調味料が絡みにくいですけど、切り方や味付けなどを工夫すると美味しくいただけます。

以上の3パターンの方法を料理の一例と合わせてお伝えします。


砂糖を揉み込むと味が染みやすくなる

まず最初にご紹介するのは「砂糖を揉み込む」方法です。

こんにゃくにあらかじめ砂糖を揉み込むと、味が染みやすくなります。

材料
コンニャク 適量
砂糖 コンニャク100gにつき5g
手順
  1. コンニャクを適当な大きさに切る
  2. 1と砂糖をポリ袋に入れ、2〜3分よく揉む。
    コンニャクの水気を切ったらできあがり。

砂糖をしばらく揉み込むと、こんにゃくから水分が出てきます。
水分を切ったコンニャクは、くさみは殆どありませんが、コンニャクがもともと苦手な方は、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取るといいですよ。
コンニャクのにおいがより気にならなくなります。

【調理のポイント】
こんにゃくに砂糖を揉み込むと、浸透圧で中の水分が抜けるので、臭みが取れます。

また水分が抜けたところに隙間ができるので、味が染みやすくなります。

砂糖を揉み込んだ後は、コンニャクが脱水されて隙間が出来ている状態ですので、水洗いはしない方が良いと思います。
水洗いをすると、せっかく出来た隙間が、水で埋まってしまいます。
コンニャクは水洗いせずに、水気を切ったらそのまま何らかの味付けをするのがおすすめです。

ちなみに砂糖を塩に代えても同じ効果はありますが、ほのかな塩気がつくので、味付けの自由が効かないという欠点があります。

次にこの砂糖を揉み込む方法を使った料理の一例として「こんにゃくの醤油づけ」と「こんにゃくの煮物」と「こんにゃくコーヒーゼリー」のレシピをご紹介します。

こんにゃくの醤油漬け

こんにゃくの醤油漬け

こんにゃく専門店「丹野こんにゃく店」の丹野益夫さんのレシピ。

この醤油漬けを美味しく作るポイントは、あらかじめこんにゃくに砂糖を揉み込むことです。
このひと手間をかけるだけで、くさみがまったくない、中まで味がしっかりしみた味わい深いこんにゃくのおかずが出来ます。
ちなみにこのお料理は、加熱は一切しません。
詳しいレシピは、上のメニュー名のリンク先をご覧ください。

そのまま食べても美味しいですし、煮物や炒め物にも使い回せるので、作り置きすると便利です。

こんにゃくの煮物

こんにゃくの煮物は、冒頭でご紹介したの要領でこんにゃくに砂糖を揉み込めば、薄切りのこんにゃくだったら3分煮るだけで、味が中まで染みます。

また先にご紹介した「こんにゃくの醤油漬け」をそのまま煮物に使うという簡単な手もあります。
「こんにゃくの醤油漬け」を他の具材と合わせ、軽く温めたら完成です。
おでんのこんにゃくは、この方法で作るのがおすすめです。
こんにゃくを漬け込む醤油をだし醤油に代えても、もちろん美味しいですよ。

こんにゃくコーヒーゼリー

こんにゃくコーヒーゼリー

NHKのテレビ番組「ガッテン!」で話題になったレシピ。

このコーヒーゼリーも、こんにゃくに砂糖を揉み込んで、味を染みやすくします。
調理はとても簡単です。
生のこんにゃくに砂糖を揉み込み、コーヒーに浸すだけです。

このコーヒーゼリーは独特の弾力があるのでちょっと変わっていますが、意外とイケるという方もけっこういます。
ちなみにこんにゃくの臭みは、まったく残りません。

冷凍すると味が染みやすくなる

次にご紹介する方法は「冷凍する」です。
こんにゃくを冷凍すると、味が染みやすくなります。

手順は次の通りです。

材料
コンニャク 適量
手順
  1. こんにゃくを流水で洗い、5ミリくらいの厚さに切る。
    金属製のバットに重ならないように並べ、ラップをして冷凍庫に2時間入れる。
  2. 1を流水で解凍し、キッチンペーパーで水気を拭き取る。


【工程1】
まずコンニャクを流水で洗い、5ミリくらいの厚さに切ります。

ちなみにこれくらいの大きさに切るのが理想(冷凍時間2時間に合う)ですが、調理に向いた短冊切りや細切りといった切り方でもOKです。

こんにゃくを切ったら金属製バットに重ならないように並べ(上の写真)、ラップをして冷凍庫に2時間入れます。

金属製のバットを使う理由は、急速冷凍するためです。金属の上にのせると速く冷えます。

【調理のポイント】
こんにゃくを2時間かけて少し凍らせると、中の水分が抜けるので味が染みやすくなり、弾力が増します。

ちなみにこんにゃくを1日かけて完全に凍らせると「凍みこんにゃく」になります。
最近は「氷こんにゃく」と呼ばれることもあり、水分がさらに抜けて肉っぽい食感になるので人気があります。
上のレシピのように2時間だけ凍らせると、こんにゃくっぽい食感が少し残ります。



【工程2】
こんにゃくを2時間冷凍したら、流水で解凍し、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。(上の写真)

これで完成です。


次にこの冷凍する方法を使った料理の一例として「クラゲ風酢の物」と「氷こんにゃくの唐揚げ」のレシピをご紹介します。

クラゲ風酢の物

クラゲ風酢の物

こんにゃく専門店「丹野こんにゃく店」の丹野益夫さんのレシピ。

白い板こんにゃくをくらげに見立てた酢の物で、こんにゃくをあらかじめ冷凍して、味を染みやすくします。

出来上がりをしばらく置いて味を馴染ませる工程があるので、作り置きおかずに向いています。

お味の方は、ゴマ油の風味をいかした中華風で、箸休めにぴったりです。

氷こんにゃくの唐揚げ

コンから

こんにゃく研究家の橋爪佐和子さんのレシピ。

氷こんにゃくを使った唐揚げのレシピです。

氷こんにゃくは、こんにゃくを1日ほどかけて冷凍したものです。
こんにゃくを凍らせると、お肉のような食感になります。

鶏の唐揚げと比べると食感はややしっかりめですが、よく噛んで食べると味わい深く、食後の満足感もあります。

お味の方は唐揚げそのものなので、こんにゃく料理とは言え、けっこうウケます。

味が絡みやすくなる工夫をする

最後にこんにゃくに味を絡みやすくする方法をご紹介します。

「とろみをつける」ことと「切り方を工夫する」ことと「濃い味付けをする」ことです。

ツルンとした食感のこんにゃくは、もともと味が絡みくいのですが、ちょっとした工夫をすると、味が馴染んで美味しくなります。

こんにゃく青椒肉絲

こんにゃくロウスー

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんのレシピ。

このお料理は、こんにゃくに味を染み込ませる工夫は特にしていませんが、味を絡みやすくするために、切り方に気を遣っています。
このお料理のこんにゃくは、フォークで切ります。
具体的には、コンニャクにフォークを刺し、そのまま引いて薄切りにし、薄切りにしたものをさらに同じようにして細切りにします。
こんにゃくをフォークで切ると、包丁を使った時とくらべて切断面の形が複雑になるので、味が絡みやすくなります。

また味付けを少し濃いめにして少しとろみをつけて、食べ応えを出しています。
こんにゃくでかなりかさ増ししたお料理ですが、少し甘めのコッテリとした味付けなので、満足感があります。

爆弾コンニャク

イタリアン爆弾こんにゃく

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんのレシピ。

これはこんにゃくを使ったサラダで、こんにゃくを細かく切り、粘りのある納豆を合わせることで、他の具材や調味料と混ざりやすくしています。味付けも少し濃いめです。

よく混ぜると食材同士がうまく調和してとても美味しいです。

こんにゃくステーキ

こんにゃくステーキ

タレントのグッチ裕三さんのレシピ。

このこんにゃくステーキは、表面に格子状の切り込みを入れるので、バター醤油が絡みやすいです。

10分程度の調理時間で、コッテリとした食べ応えのあるステーキが出来ます。

以上、こんにゃくに味を染み込ませる方法3パターンでした。

ところでダイエットをしたい方には、次の記事もおすすめです。
こんにゃくの人気レシピ11品
糖質制限ダイエットの人気レシピ139品
柳澤英子さんの人気レシピ65品
最後にご紹介した記事では、ダイエット料理に定評がある料理研究家の柳澤英子さんのレシピを紹介しています。

関連記事

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パターンめは、…

しらたきの味しみを良くする方法。4パターンまとめ。

しらたきに味を染み込ませる簡単な方法を4パターンご紹介します。しらたきと言えば、温かい煮物にするのがとても美味しいものですが、長時間コトコト…

しらたきの下処理の方法。下茹で・砂糖で揉むなど4パターンまとめ。

しらたきの下処理の方法4パターンをご紹介します。しらたきは料理に使う前にあらかじめ下処理をすると、独特の臭みを取ることができ、味が染みやすく…

やるやらないはお好みで!厚揚げの油抜き(下ごしらえ)の必要性とやり方。

厚揚げ(生揚げ)は、「油抜き」という下処理をしてから使うと、料理がすっきり上品な味に仕上がります。厚揚げに付着している油っぽさや臭みが取れる…

かぼちゃの煮物レシピはこれでOK!基本の作り方から簡単レンジまで。

かぼちゃの煮物のレシピをたっぷりとご紹介します。かぼちゃの煮物の基本レシピはもちろん、電子レンジを使った簡単レシピや、残り物をつかったリメイ…

油揚げの油抜きの仕方。基本・簡単・しっかりめなど下処理4パターン。

油揚げの油抜きの方法(下処理)を4パターンご紹介します。「基本の油抜き」と「レンジを使った簡単な油抜き」、そして「ミシュランシェフの油抜き」…

こんにゃくのダイエットレシピ。人気料理11品まとめ。

ダイエットにぴったりのこんにゃく料理の中から、人気レシピ11品をご紹介します。こんにゃくは低カロリーで低糖質なので、ダイエットに向いた食材で…

しらたきの変わりレシピ。冷凍しらたきで作るビーフン。

一風変わったしらたきのレシピをご紹介します。冷凍しらたきで作る「しらたきビーフン」です。しらたきを2時間ほど冷凍すると、ビーフンのような芯の…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

梅干しの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

自家製梅酒のおすすめの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から梅酒を手作りしていますが、いろいろ試した中で「やっぱりこれが一番!」と思うレ…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とても簡単です。らっきょうをきれいに洗い、根元を切るなどして下ごしらえをし…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴ…

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

そら豆の美味しい茹で方を解説します。そら豆は、さやから取り出したあとに、薄皮に切れ目を入れ、ちょうど良い塩の量を加えて茹でると、旨みが引き立…

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

餃子の皮を使った美味しいピザのレシピをご紹介します。フライパン、ホットプレート、トースター、オーブン、グリル。これらを使った、5パターンの簡…

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかった、王道のバナナマフィンのレシピです。バナナの濃厚な甘みに、レモンの爽…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的な、人気のプレーン蒸しパンのレシピです。作り方は簡単で、小麦粉に卵・牛…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

最新記事

とろっとジューシー!なすチーズ焼きフライパンレシピ。塩胡椒だけで旨い

サクサクで風味良し!いちごクッキーの作り方。生の苺を使った簡単レシピ

梅干しでさっぱり!手羽元の梅煮レシピ。鶏肉&梅肉でクセになる美味しさ

オリーブオイルでとろ甘!ピーマンソテーのレシピ。切らずに加熱が旨い

甘夏の皮を美味しく!甘夏ピールの作り方。苦味抑えて食べやすい。

とろっとジューシー!なすチーズ焼きフライパンレシピ。塩胡椒だけで旨い

茄子とチーズだけを使った、簡単おかずのレシピをご紹介します。薄く切ったなすをフライパンで焼き、チーズをのせて、溶けるまで加熱したら完成です。…

サクサクで風味良し!いちごクッキーの作り方。生の苺を使った簡単レシピ

旬のいちごの風味を存分にいかした、いちごクッキーの作り方をご紹介します。ジャムやいちごパウダーなどは使わずに、生のいちごだけで作る簡単お菓子…

梅干しでさっぱり!手羽元の梅煮レシピ。鶏肉&梅肉でクセになる美味しさ

梅のさっぱりとした風味をいかした、鶏手羽元の煮物レシピをご紹介します。包丁で叩いた梅干しにみりんや醤油などの調味料を加え、手羽元をさっと煮た…

オリーブオイルでとろ甘!ピーマンソテーのレシピ。切らずに加熱が旨い

ピーマンの味と食感を堪能するのにぴったりな、ソテーのレシピをご紹介します。ピーマンを切らずにそのまま使い、オリーブオイルでじっくりと焼いた、…

甘夏の皮を美味しく!甘夏ピールの作り方。苦味抑えて食べやすい。

甘夏みかんを使ったピールのレシピをご紹介します。甘夏の皮を丸ごと活用するレシピになっていて、風味がとてもよいのが特徴です。甘夏の皮は、オレン…