やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ごぼうの保存方法と保存期間。泥付き・洗いの違いと冷凍保存のコツ。

投稿日:

ごぼうの上手な保存の仕方をご紹介します。

スーパーで売られているごぼうには、「洗いごぼう」と「泥付きごぼう」の2種類があります。
「洗いごぼう」は手間なしなので便利ですが、ごぼうを長持ちさせたいのなら、「泥付きごぼう」を買うのがおすすめです。

「泥付きごぼう」は常温保存OK

泥付きごぼうは、鮮度を保ちやすく、比較的長く風味が楽しめます。

気温が高くない時期であれば、常温でも1ヶ月ほど持ちますし、冷蔵すれば2ヶ月ほど大丈夫です。

「洗いごぼう」は冷蔵がおすすめ

一方で、洗いごぼうは、水分が抜けやすく、痛みも早いのが特徴です。

洗いごぼうや切ってしまったごぼうを保存する際には、常温を避け、冷蔵保存します。
それでも、日持ちは、せいぜい2週間ほどです。

ごぼうは冷凍もできる

また、ごぼうは、冷凍することもできます。

ただし、生のままのごぼうを冷凍するのは、繊維質が際立って食感が悪くなるので、あまりおすすめしません。

ごぼうを冷凍するのなら、ささがきや千切りなど使いやすいように切り、あらかじめさっと茹でるなどして火を通した方がいいです。

詳しくお伝えします。

ごぼうの常温保存

ごぼう(泥付きのみ)の常温保存期間:1ヶ月

まず最初に、ごぼうの常温保存についてお伝えします。

ごぼうは、泥付きに限っては、常温保存が可能です。

冬季など気温が低い季節であれば、新聞紙に包んで冷暗所に置くだけで、1ヶ月くらい日持ちします。
ごぼうは乾燥するとかたくなるので、風などの当たらないところで保存するのがポイントです。

夏季だったら、新聞紙で包んだうえでビニール袋に入れ、冷蔵保存がおすすめ。
冷蔵だったら2ヶ月くらいは大丈夫です。

ごぼうを土に埋めて長期保存

また、自宅に庭がある場合は、泥付きごぼうを土に埋めて保存するという手もあります。
私は現在はマンション暮らしなのでこの保存方法はやっていませんが、軽く穴を掘り、ごぼうを土で覆っておくと、2ヶ月くらいは美味しく食べられます。

ごぼうの冷蔵保存

ごぼうの冷蔵保存期間:泥付き2ヶ月・洗い1週間

次に、ごぼうの冷蔵保存についてお伝えします。

洗いごぼうや一度洗ったり切ったりしたごぼうは、常温保存には向きません。
こうしたごぼうは、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。
日持ちは1週間ほどです。

また、すでにお伝えした通り、泥付きごぼうを季節に限らず長期保存したい場合にも、冷蔵保存はおすすめです。

泥ごぼうを冷蔵する場合は、湿気がこもらないように新聞紙などの紙類で包んだうえでビニール袋に入れ、口を閉じます。

たまに取り出して新聞紙を取り替えると、2ヶ月ほど日持ちします。

ごぼうの冷凍保存

ごぼうの冷凍保存期間:1ヶ月

続いては、ごぼうの冷凍保存についてです。

ごぼうを冷凍する場合は、あらかじめさっと火を通しておくのがおすすめです。

生のままのごぼうも冷凍できないことはありませんが、食感が筋っぽくなってしまうので、あまり美味しくありません。

そのうえ、冷凍した生のごぼうを自然解凍すると、あらかじめアク抜きしたとしても、写真右側のごぼうのように黒く変色してしまうことがあります。


ごぼうを冷凍保存する時の下処理

ごぼうを、美味しくて、なおかつ見た目もキレイに冷凍するには、下処理が必要です。
具体的には、次のような作業を行います。

【工程1】

まず、ごぼうをささがき千切りなどにスライスします。

お好みで大きめに切ってももちろんOKです。

ささがきと千切りの切り方は、それぞれのリンク先で動画で紹介しています。


【工程2】

次に、お好みでごぼうを水にさらしてアク抜きします。

ごぼうを水にさらすと、変色を防ぐことができますが、一方で栄養も抜けてしまうのでほどほどに。

切ってからすぐに加熱調理するのであれば、この工程は省いても構いません。


【工程3】

続いて、ごぼうをさっと下茹でます。

ささがきや千切りなど薄く細く切ったごぼうは、沸騰してから1分くらい茹でれば火が通ります。

詳しくは「ごぼうの茹で方(ごぼうサラダの作り方)」をご覧ください。

ちなみに、ごぼうは、茹でるのではなく、きんぴらごぼうなどに調理した後で冷凍してもOKです。

【工程4】

火を通したごぼうは、粗熱を取り、小分けにして保存袋に入れるなどして冷凍します。


冷凍ごぼうの解凍

冷凍ごぼうを加熱調理して使う場合は、解凍は不要です。
凍ったまま調理に使えます。

一方で、和え物やサラダなどに使う場合は、前日に冷蔵庫にうつして自然解凍するか、もしくはレンジで解凍してください。

なお、冷凍ごぼうを使ったレシピとしては、ごぼうの味噌汁ごぼうサラダなどがおすすめです。

それぞれのレシピについては、リンク先をご覧ください。

干しごぼう(乾燥ごぼう)

乾燥ごぼう(干しごぼう)

乾燥ごぼうの保存期間:1〜2ヶ月

最後に、ごぼうを乾燥させて保存する方法をご紹介します。

干し方はとても簡単です。

ごぼうをささがきにしてザルに広げ、1〜2日かけて天日干しするだけでOK。
日の当たるところだったら、室内でも簡単に作れます。

出来上がった干しごぼうは、料理に使うのではなく、「ごぼう茶」にするのがおすすめです。

ごぼう茶は、ごぼうの自然な甘みが感じられて、美味しいです。

そのうえ、体にとても良いのも嬉しいところ。
ごぼう茶には、ダイエット・動脈硬化の予防・便秘解消など様々な効果があると言われています。

作り方は簡単で、乾燥させたごぼうをフライパンやレンジなどで煎るだけで作れます。
ごぼう茶の詳しいレシピや飲み方などは、リンク先をご覧ください。

30分
ごぼう

作り方を見る

関連記事

ごぼうの下処理のやり方!洗い方・皮むきの方法・アク抜きの時間を解説。

ごぼうの下処理の方法をご紹介します。ごぼうの「洗い方」と「皮むき」、そして「切り方」と「アク抜き」の4つの工程についてです。ごぼう…

ごぼうのささがきのやり方。きんぴらごぼうやサラダに使う切り方。

ごぼうを「ささがき」にする方法をご紹介します。「ささがき」とは、鉛筆を削るように包丁の刃先で薄く削ぐ切り方のこと。切った形が笹の葉…

ごぼうサラダのレシピ。マヨネーズと好相性!茹で時間1分の簡単な作り方。

ごぼうを使ったシンプルなサラダのレシピをご紹介します。ごぼうにマヨネーズとすりごまを和えて、醤油や酢などで味をととのえたサラダのレ…

ごぼうの千切りの方法。きんぴらごぼうやサラダに使われる切り方。

ごぼうの千切りのやり方をご紹介します。ごぼうの千切りを包丁で簡単に作るコツは、最初に、2〜3ミリの斜め薄切りにすることです。薄切り…

風味良し!舞茸とごぼうの甘辛炒め。作り置きにも便利なきんぴらレシピ。

舞茸とごぼうで作る、風味豊かなきんぴらのレシピをご紹介します。すこし多めのごま油でごぼうを炒めて、舞茸を合わせ、醤油やみりんで甘辛…

里芋を長持ちさせるコツ!泥付きが日持ちする。保存方法と保存期間を解説

里芋は、涼しい季節だったら常温保存ができます。里芋を常温保存するのなら、新聞紙(もしくは紙など)で包むなどして、段ボールなどの通気…

冷凍はイマイチ!とうもろこしの保存。冷蔵で早めに食べ切るのがお勧め

とうもろこしを保存する方法をご紹介します。お伝えする保存方法は2パターン。冷凍と冷蔵、それぞれについて解説します。とうもろこしは、…

落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…