パプリカピクルスのレシピ。お弁当の彩りに便利!茹でない簡単な作り方。

投稿日:2020年8月26日 更新日:

パプリカピクルス

パプリカを使ったピクルスのレシピをご紹介します。

パプリカと玉ねぎを包丁で切って、温めた酢・砂糖・塩を注ぐだけでできあがり。

パプリカにピクルス液を注ぐ 茹でずに生のまま漬けるので、とても簡単に作れます。

パプリカは、パリッとした食感を適度に残しつつも、ピクルス液がしっかりと染み込んでいて、味わい深い仕上がり。
玉ねぎを加えることで風味もアップして、ほど良い酸味とともに、パクパク美味しくいただけます。

お弁当や作り置きおかずにも

酢を使っているので傷みにくいですし、また、彩りもキレイなので、お弁当の脇にちょこんと添えるのもおすすめです。

また、3週間ほど日持ちするので、作り置きおかずにするのもいいですよ。

パプリカのピクルスのレシピ

パプリカのピクルス

「パプリカのピクルス」のレシピです。

材料【調理時間】
パプリカ 1個(150g程度)※
玉ねぎ 1/4個(50g程度)
赤唐辛子 好みで1本
ピクルス液
100ml
100ml
砂糖 大さじ2と1/2
小さじ1/3

※赤と黄を1/2個ずつ使うと色がきれいです。

作り方
  1. パプリカを半分に切り、ヘタとワタを取り除く。さらに半分に切り、1センチくらいの細切りにする。
    玉ねぎを薄切りにする。
  2. ピクルス液の材料を小鍋に入れ、沸騰させる。
  3. パプリカ・玉ねぎ・赤唐辛子を保存ビンに詰め、アツアツのピクルス液を注ぐ。
    冷めたらフタをして、冷蔵庫に一晩入れる。冷蔵保存で3週間日持ちする。

写真をもとにレシピを説明します。


ピクルスのパプリカの切り方
【工程1】
まず、パプリカ(1個:150g程度)を縦半分に切り、ヘタとワタを取ります。


ピクルスのパプリカの切り方
次に、半分に切ったパプリカをさらに横半分に切り、端から1センチ幅くらいの細切りにします。

パプリカを茹でずにピクルスにする場合は、味が染みやすいように、少し小さめに切るのがおすすめです。


ピクルスの玉ねぎの切り方
玉ねぎ(1/4個:50g程度)は、写真のように、繊維に沿って縦に薄切りにします。


ピクルスの調味料を沸騰させる
【工程2】
続いて、ピクルス液の材料を小鍋に入れ、沸騰さます。

ピクルス液を沸騰させると、砂糖が溶けますし、アツアツのままパプリカにかけると味が染みやすくなります。


パプリカにピクルス液を注ぐ
【工程3】
最後に、パプリカ・玉ねぎ・赤唐辛子を保存ビンに詰め、アツアツのピクルス液を注ぎます。

具材は、なるべくビンにぎゅうぎゅうに詰めてください。
そうすると、ピクルス液に全体が浸りやすくなります。

パプリカピクルスの常備菜 粗熱が取れたらフタをして、冷蔵庫に一晩入れます。
これで完成です。
日持ちは3週間

冷蔵庫に一晩置くと、パプリカと玉ねぎがしんなりして、ピクルス液に十分に浸かった状態になります。

作り置きする場合の日持ちは、このピクルス液にしっかり浸かった状態で3週間くらいです。


パプリカピクルス
甘酸っぱさが食欲をそそる、パプリカのピクルス。
口の中がさっぱりするのでカレーや肉料理などの副菜にぴったりですし、また、レタスなどと一緒にサラダにしても美味しいです。

冷蔵庫にストックしておくと、重宝しますよ。

関連レシピ