優しい旨味が魅力!カニカマ卵焼きのレシピ。酢醤油で美味しさアップ。

投稿日:2020年12月1日 更新日:

カニカマ入り卵焼き

カニカマをたっぷり使った卵焼きのレシピをご紹介します。

ほぐしたカニカマを卵液に混ぜ、マヨネーズ・塩こしょうで味付けして焼き上げます。

完成した卵焼きは、そのまま食べるのも勿論いいですけど、お好みで酢醤油をつけて食べるのもおすすめです。
カニカマの風味が引き立って、さらに美味しくいただけます。

お弁当のおかずとしてもオススメですよ。

カニカマの卵焼き

レシピ動画

「優しい旨味が魅力!かにかま卵焼き」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間5分
3個
カニカマ 3本(30g程度)
マヨネーズ 大さじ1と1/2(18g)
塩こしょう 適量
サラダ油 適量
酢醤油 適量

作り方

カニカマを切ってほぐす
カニカマと卵と調味料を混ぜる

まず、カニカマ(3本:30g程度)を半分に切ってほぐします。

そして、卵(3個)をボールに割り入れ、カニカマ・マヨネーズ(大さじ1と1/2:18g)・塩こしょう(適量)を加え、よく混ぜます。


卵焼き器にサラダ油を塗る
カニカマ卵液を1/3流す

次に、卵焼き用フライパンを中火で温め、サラダ油をペーパータオルに染み込ませて全体に薄く引き、卵液を1/4〜1/3程度流し入れます。
卵液は、3〜4回に分けて加えます。

ここでは、卵焼き専用フライパンを使った焼き方を解説しますが、普通のフライパンで焼いてももちろんOKです。


固まったカニカマ卵をめくる
カニカマ卵を折りたたむ

そして、卵の表面が半熟状になり、底の方が固まったら、菜箸を使って、卵を奥から手前に巻きます。

菜箸で卵の奥側のフチを軽くめくり上げて、卵焼き器を手で振り、その反動を使って、手前に向かって卵を折りたたみます。


卵焼き器に油をひく
カニカマ卵を奥に移動する

続いて、卵焼き器の空いているところにペーパータオルで油を薄く引き、卵を奥に移動します。


卵焼き器に油をひく
カニカマ卵液を流す

卵を奥に移動したら、手前の空いたところにも油を引き、再び卵液を流し入れます。


カニカマ卵を箸で持ち上げて卵液を流す
カニカマ卵液を固める

そして、卵焼き器を斜めに傾けて、焼けた卵を菜箸で浮かせて、その下にも卵液を流し入れます。


カニカマ卵を巻く

卵の表面が半熟状になり、底の方が固まったら、卵を奥から手前に巻きます。


そして、卵液がなくなるまで、以下のようにこの工程を繰り返します。

卵焼き器に油をひく
(1) 奥に油を引く
カニカマ卵を奥に移動
(2) 卵を奥に移動
手前に油をひく
(3) 手前に油を引く
カニカマ卵液を流す
(4) 卵液を流す
カニカマ卵を持ち上げて卵液を流す
(5) 卵を持ち上げる
カニカマ卵を半熟に固める
(6) 表面を半熟に固める
カニカマ卵を巻く
(7) 卵を巻く

カニカマ卵焼き

食べやすい大きさに切ったら完成です。

カニカマの旨味がギュッと詰まった卵焼き。
酢醤油(酢と醤油を混ぜたもの)をつけて食べると、カニカマの風味が引き立ってより美味しいです。

お弁当おかずにする場合は、酢醤油を底面に少し塗って、お弁当箱に詰めるのがおすすめですよ。

関連レシピ