ねぎの卵焼きレシピ。長ネギ入りが旨い!ジューシー卵焼きの作り方。

投稿日:2020年10月14日 更新日:

ねぎ卵焼き

ねぎを具材にした卵焼きの作り方をご紹介します。

みじん切りにした長ネギをたっぷりと使った、風味豊かな玉子焼きのレシピ。
長ネギの水分が生地に加わって、しっとりジューシーな食感に仕上がります。

砂糖と顆粒だしの素で味を少し補うことで、満足度がさらにアップ。
ほんのりとした甘みと旨味が口のなかに広がって、とても美味しくいただけます。

お弁当の卵焼きにおすすめですよ。


ねぎ入り卵焼き

レシピ動画

「ねぎで風味豊か!卵焼き」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間5分
3個
長ネギ 25g(1/4本程度)
砂糖 小さじ3/4
顆粒だしの素 小さじ1/3
醤油 小さじ1/2
少々
サラダ油 適量

作り方

ネギをみじん切りにする

まず、長ネギ(25g:1/4本程度)をみじん切りにします。

長ネギのみじん切りのやり方


卵にネギと調味料を加える
卵とネギと調味料をよく混ぜる

そして、卵(3個)をボールに割り入れ、長ネギ・砂糖(小さじ3/4)・顆粒だしの素(小さじ1/3)・醤油(小さじ1/2)・塩(少々)を加え、よく混ぜます。

卵の黄身と白身がなるべく均一になるように混ぜてください。
そうすると、焼きやすいです。


卵焼き用のフライパンにキッチンペーパーでサラダ油を引く
卵液を流し入れる

次に、卵焼き器を中火で温め、サラダ油をペーパータオルに染み込ませて全体に薄く引き、卵液を1/4〜1/3程度流し入れます。

卵液は、3〜4回に分けて加えます。


卵を箸でめくる
卵を折りたたむ

そして、卵の表面が半熟状になり、底の方が固まったら、菜箸を使って、卵を奥から手前に巻きます。

菜箸で卵の奥側のフチを軽くめくり上げて、卵焼き器を手で振り、その反動を使って、手前に向かって卵を折りたたみます。


卵焼き器にサラダ油を塗る
ネギの卵焼きを奥に移動する

続いて、卵焼き器の空いているところにペーパータオルで油を薄く引き、卵を奥に移動します。


サラダ油を卵焼き器の手前に塗る
卵液を流し入れる

卵を奥に移動したら、手前の空いたところにも油を引き、再び卵液を流し入れます。


焼けたねぎ卵焼きの下に卵液を入れる
卵液を広げる

そして、卵焼き器を斜めに傾けて、焼けた卵を菜箸で浮かせて、その下にも卵液を流し入れます。


卵を巻く
卵の表面が半熟状になり、底の方が固まったら、卵を奥から手前に巻きます。


そして、卵液がなくなるまで、以下のようにこの工程を繰り返します。

フライパンの奥に油をひく
(1) 奥に油を引く
ネギ卵焼きを奥に移動する
(2) 卵を奥に移動
フライパンの手前に油をひく
(3) 手前に油を引く
卵液を流し入れる
(4) 卵液を流す
焼けたネギ卵焼きを持ち上げて下に卵液を入れる
(5) 卵を持ち上げる
卵を半熟に固める
(6) 表面を半熟に固める
ネギ卵焼きを巻く
(7) 卵を巻く

ねぎの卵焼き
最後に、卵焼きを食べやすい大きさに切り分けたら完成です。

長ネギの風味と顆粒だしの旨味が加わることで、味にメリハリがついて、食べ飽きない味に仕上がります。

甘さはわりと控えめなので、幅広いお料理と合わせやすいのも特徴の一つ。
お弁当から夕食のおかずまで、活躍の場は広いですよ。

関連レシピ