大豆パンのレシピ。味噌作りのあとのお楽しみ。

投稿日:2010年2月15日 更新日:

大豆パン

毎年私は、味噌を手作りしています。

味噌を仕込んだ後は、いつも大豆の茹で汁がたくさん残ります。
そのまま捨ててしまうのはモッタイナイので、私はその茹で汁を、様々な料理に活かしています。

大豆の旨みがたっぷり詰まっているので、スープにしたり、煮物のだし代わりにしたりと何にでも使えて便利ですが、そんなアイデアの中で私が一番気に入っているのが、パンを作ることです。

今日は、粉唐辛子とクミンを加えて、バターの風味が良く合うふかふかの大豆パンを作りました。

大豆の茹で汁をいかしたパン

材料【9×18×6センチのパウンド型2台分】
強力粉 400g
ドライイースト 小さじ1
小さじ1と1/4
クミンシード 小さじ1
コショウ 少々
唐辛子粉 少々
大豆の茹で汁 適量
作り方
  1. 大豆の茹で汁以外の材料すべてを合わせ、茹で汁を少しずつ加えながらまとめる。これを滑らかな生地になるまで5分程こねる。
  2. ラップをかけて、オーブンの発酵機能(40度)を使って、生地が2倍くらいに膨らむまで40分~1時間発酵させる。
  3. 生地を4等分し、1つの型に2つ並べる。ラップをかけて、再度2と同じ方法で20~30分発酵させる。
  4. 180度に温めたオーブンで25分焼いたらできあがり。

大豆の旨みで、味わい深いパンが出来ました。

丸みのある味が特徴のパン生地に、クミンと唐辛子が良い感じのアクセントになっています。

関連レシピ